81件中 71 - 80件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07 決勝から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    試合前半は、リヴァプールが今大会で絶好調のカカをマスチェラーノのマークで抑え、また1トップにクラウチではなくカイトを起用して前線からプレスをかけたためミランは攻撃の形を作れなかった。またリヴァプールも小さなミス以外にはこれといったチャンスを作らせず膠着状態。しかし前半終了間際に右サイドからピルロが蹴ったFKにインザーギが肩で合わせてミランが先制し、そのままハーフタイムへ。後半も試合を膠着させて逃げ切りを図るミランに対してリヴァプールはチャンスを作れず、イエローカードを受けていたマスチェラーノを下げてクラウチを投入したがこれによりスペースを得たカカからインザーギへパスが通り、GKと1対1だがほとんど角度のないシュートをインザーギが決めて追加点。リヴァプールはクラウチをターゲットにロングボールを入れて89分にカイトが1点返したがそこまでで、ミランが2-1で勝利した。UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    06-07シーズンは17ゴール14アシストと共に自己最多を記録し、チームの優勝に貢献。自身も1977年のアンディ・グレイ以来30年ぶり史上2人目となるPFA年間最優秀選手賞とFWA年間最優秀選手賞をダブル受賞した。ファンの投票による年間最優秀選手賞にも選ばれ、史上初の三冠達成を果たした。また、2006年11、12月にプレミアリーグ月間MVPを2ヶ月連続で受賞。ロビー・ファウラーとデニス・ベルカンプに続くプレミア史上10年ぶり3人目の快挙となった。バロンドールの投票ではカカに次ぐ2位となった。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • 金城武

    金城武から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2008年6月20日、サッカー選手のカカやデビッド・ベッカムに続いて、アジア人としては初のエンポリオ・アルマーニの広告塔に起用された。同ブランドは起用理由について、「彼はアジアの著名スターとしてアジアだけでなく欧米でも名が通っており人気がある。軽やかな印象は非常に近代的で洗練されていると同時に、天性の魅力を持っている。彼の人柄と美貌は完璧にエンポリオ・アルマーニに調和するため、彼はエンポリオ・アルマーニコレクションには最高の男であり、また理想的な広告塔だ」とコメントし、金城を絶賛している。契約料は約1億1000万円と言われており、中華圏市場に注力している同ブランドでは、中国だけで2008年中に13店舗の出店を計画している。金城武 フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥル・カデル・ケイタ

    アブドゥル・カデル・ケイタから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2010年には2010 FIFAワールドカップに出場した。グループリーグのブラジル戦ではカカと接触し、2枚目のイエローカードを提示されたカカは退場処分を受けた。アブドゥル・カデル・ケイタ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ガゴ

    フェルナンド・ガゴから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2008年9月17日に行われたチャンピオンズリーグのBATEボリソフ戦で負傷して1ヶ月間離脱したが、10月27日のビルバオ戦(3-2)で復帰し、勝利を決定づける活躍を見せて称賛された。12月のセビージャ戦(3-4)でグティが蹴ったフリーキックに頭で合わせ、移籍後初得点となる同点弾を決めたが、最終的にはレナトに決勝点を決められた。2009年1月にラッサナ・ディアッラが加入すると、L・ディアッラとコンビを組むことが多くなり、二人は連携の取れたプレーを見せた。2008-09シーズンはリーグ戦26試合・UEFAチャンピオンズリーグ6試合に出場し、リーグ戦では6アシストを記録した。2009年夏にはファビオ・カンナヴァーロがユヴェントスに移籍したため、カンナヴァーロが着けていた背番号5が空いた。ガゴは2008-09シーズンに着けていた背番号8を新加入のカカに快く譲り、アルゼンチン代表で着けているのと同じ背番号5に代わった。フェルナンド・ガゴ フレッシュアイペディアより)

  • 多重国籍

    多重国籍から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    ヨーロッパのサッカー1部リーグで活躍する選手の中には、所属チームの外国人枠を空けるため、ヨーロッパの国籍を取得し二重国籍となる選手もいる(ボスマン判決も参照)。ブラジル代表経験のある有名選手を例に挙げると、ロマーリオはオランダ、ロナウド、ロナウジーニョ、ロベルト・カルロスらはスペイン、カカやエジミウソンはイタリアの国籍を取得している。なお、EU域内のいずれかの国籍を有していれば、規定により、EU域内のどの国のクラブでも外国人とはみなされない。多重国籍 フレッシュアイペディアより)

  • ミッドフィールダー

    ミッドフィールダーから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    攻撃的ミッドフィールダーとは特にMFが2列で構成される場合にFWの後方、MFの最前方に位置するポジションである。日本では司令塔のようなものと思われがちだが、チーム全体を指揮してゲームを組み立てるというよりも、味方へのアシストや、自ら突破を仕掛けゴールを狙うような得点に直結するプレーを主に担う。ドリブル、パスなどテクニックに優れた選手が任されることが多い。しかし、中央に位置するこのポジションは非常に激しいプレッシャーを受け、相手の守備的ミッドフィールダーの選手へのチェックなど守備も行わなければならないのでフィジカルの強さや運動量なども同時に求められる。なかでも守備などのハードワークをほとんど行なわない選手は過去にそのような選手が多かった事から、「クラシカルな」、「古典的な」と形容される。世界的に有名なトップ下の選手はテクニックとパワーを兼ね備えていることが多い。例としては、ジーコ、リバウド、フランチェスコ・トッティ、カカ、ジネディーヌ・ジダンが挙げられる。ミッドフィールダー フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    U-21ドイツ代表の監督を務めたホルスト・ルベッシュは「ドイツ人は海外の選手を特に賞賛することが多い。我々は、ウェイン・ルーニーやクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシらを讃える。しかし、我々はそういった選手を持っている。ドイツのメッシはエジルである」と語った。ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は、メスト・エジルをワールドクラスの選手であると評価。「エジルは、W杯でのパフォーマンス、そして、レアル・マドリードでの成長を見るにつけ、もちろん、ワールドクラスの選手といえる」「エジルは、半年の間に、あのカカを忘れさせてしまうような存在になった。カカは、W杯まえの何年もの間、あのポジションでは世界最高の選手と評されていた。けれども、今となっては、ほぼ皆がエジルの名前をあげるようになっている」と語った。レアル・マドリードでのメスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2007-08シーズンは、ジュリがローマに移籍したものの、プレミアリーグのアーセナルからフランス代表のエースストライカー、ティエリ・アンリがチームに加入。サミュエル・エトオ、ロナウジーニョにメッシ自身と4人のワールドクラスのFWを揃えた陣容は「ファンタスティック4」と呼ばれその圧倒的な攻撃力が期待されたが、アンリがチームのスタイルにフィットするまでに時間を擁し、エトオが負傷、ロナウジーニョが不調と思うように攻撃陣が機能しない序盤戦、単独での突破から貴重なゴールを幾度となく記録しチームを支え、欧州最優秀選手を選出するバロンドールではカカ、クリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選出された。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • 道上洋三

    道上洋三から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    道上は、以前ほどサッカーに嫌悪感を示さなくなった理由として、「サッカーをしている甥から、カカーの高速ドリブルや、クリスチャーノ・ロナウドの無回転フリーキックの魅力などを教えてもらったから」と言っている。道上洋三 フレッシュアイペディアより)

81件中 71 - 80件表示

「カカ」のニューストピックワード