100件中 81 - 90件表示
  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    2005-06シーズンでは、8月14日に行われたミランとの親善試合でカカと激突し、右肩を脱臼。長期の戦線離脱を余儀なくされ、ユーヴェはその代役としてクリスティアン・アッビアーティをミランから獲得。一旦、同年12月1日のコッパ・イタリア、フィオレンティーナ戦で復帰するが、ファビオ・カペッロ監督のまだ十分に回復していないとの判断により、その後の試合には出場せず。1月15日のレッジーナ戦で再度復帰。以降は正GKの座を奪還した。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • 北米4大プロスポーツリーグ

    北米4大プロスポーツリーグから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    メジャーリーグサッカー(MLS)はアメリカ合衆国とカナダにおけるサッカーの最上位リーグである。2015年はアメリカ合衆国に17チーム、カナダに3チーム存在しており、球技のプロリーグとしてNHLに次ぐ北米5番目の規模である。1994年のFIFAワールドカップ開催国がアメリカ合衆国に決定したことを契機にプロサッカーリーグを設立しようとする機運が高まり、2年後の1996年に10チームで設立された。2007年にサラリーキャップの除外対象となる特別指定選手制度が導入され、デビッド・ベッカムのような海外リーグのスター選手を獲得出来るようになった。2014年のESPNの世論調査によると、アメリカの子供の間でのMLSの人気がMLBに並んだという結果が出ており、若年層を中心に関心が高まりつつある。2015年シーズンでは、レギュラーシーズンの1試合平均観客動員数が2万1546人であり、NBAやNHLを大きく上回った。2015年時点での平均年俸は28万2499ドルであり、最高年俸はオーランド・シティSCに所属しているカカの716万7500ドルである。北米4大プロスポーツリーグ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・ピルロ

    アンドレア・ピルロから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    2001年7月1日、インテルのライバルであるACミランに完全移籍する。しかし、トップ下にはマヌエル・ルイ・コスタがいたためファティ・テリム監督の構想外であり、出場機会はほとんどなかった。2001-02シーズン途中にカルロ・アンチェロッティが新監督に就任。アンチェロッティもトップ下にはルイ・コスタを起用し続け、試合出場を願うピルロは、通常のトップ下のポジションではなくアンカーとしての起用を直訴した。ピルロのブレシアでの経験を知っていたアンチェロッティはこれを承諾した。トップ下ほどフィジカルの当たりが激しくない中盤の底で、クラレンス・セードルフ、ジェンナーロ・ガットゥーゾといった強力なハードワーカーや、マッシモ・アンブロジーニのような守備能力に秀でたディフェンシブミッドフィルダーといったチームメイトにも恵まれ、ピルロは攻撃の指揮を司る存在として、長短織り交ぜたパスを供給し続けレジスタ(regista)としてのポジションを確立した。UEFAチャンピオンズリーグ優勝にも貢献した。そして2007年のバロンドール投票でカカ、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシに次ぐ4位の票数を獲得した。アンドレア・ピルロ フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川アーリアジャスール

    長谷川アーリアジャスールから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    中学時には坂戸ディプロマッツへ在籍。1学年上には小池純輝がいた。同3年時に、横浜F・マリノス専門スカウトが練習試合を直接訪れ、当時横浜FMユース監督を務めていた安達亮も獲得を望んだ事から横浜FMユース入団に至った。ユース時代はボランチの位置でゲームメーカーとしてプレー。ユース同期には斉藤陽介、田代真一、大久保翔、木村勝太、武田英二郎、森谷賢太郎などがいた。当時の憧れはブラジルのカカ長谷川アーリアジャスール フレッシュアイペディアより)

  • ネイマール

    ネイマールから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    憧れの選手はロマーリオで、サントスや代表ではロマーリオの付けていた背番号11を好んで選択している。また、憧れの選手としては他にジネディーヌ・ジダン、ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョの名も挙げている。ロビーニョとはしばしば比較される。なお、ロビーニョとは2010年1月から半年間サントスFCでともにプレーし、代表でも共にプレーする機会があった。ネイマール フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    Twitterのフォロワー数は、2014年6月現在で約916万人で、これはクリスティアーノ・ロナウド、カカ、レブロン・ジェームズ、ネイマール、ロナウジーニョに次いで6番目に多い。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    本名の一部が変化したものから、容姿等を由来とするものまで様々である。ペレ、ジーコ、ロナウジーニョ、カカなど、ブラジル人のサッカー選手に多く見られる。登録名 フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    ACミランを商社に見立てたシリーズ。ガットゥーゾが「ガッツ」と呼ばれており、インザーギが忍者でスパイ活動を行なっている。カカはエリート社員で、危機が迫ると「ビッグカカ」に変身する。たまに、ちり紙交換で大物選手を獲得し、そうしてやってきた選手は「古(ふる)○○」と呼ばれる。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たカカ (サッカー選手)カカ (サッカー選手)

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。さらに大会通算3アシストは同じくドイツ代表のメスト・エジル、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ブラジル代表のカカに並びトップタイだった。つまり得点王と最多アシストの2冠を達成したということになる。また20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • 中田英寿

    中田英寿から見たリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチカカ (サッカー選手)

    フランスワールドカップ組み合わせ抽選会記念試合で、初めて「世界選抜」の一員として出場した時、チームの主将だったロナウドが後半で途中交代する際にキャプテンマークを渡されて巻いている。これ以後、世界選抜の記念試合や、ジーコ、ジネディーヌ・ジダン、ロナウド、ルイス・フィーゴら有名選手の主催するチャリティーマッチに多数出場している。ドイツワールドカップのブラジル戦では、入場通路でロナウド、ロナウジーニョ、カカらと談笑する姿が放映され、試合終了直後には、ピッチに倒れている中田にパルマ時代の同僚であるアドリアーノが近寄って腰をかがめ、「ヒデ、人生には、涙を流すときもあれば、笑うときもあるさ。」と慰めるシーンが見られた。中田英寿 フレッシュアイペディアより)

100件中 81 - 90件表示

「カカ」のニューストピックワード