111件中 21 - 30件表示
  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たロドリゴ・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ

    2005年12月、長年の遠距離恋愛を経て5つ下のブラジル人女性カロリーネ・セリコと母国ブラジルにて結婚した。彼女の母親はディオールのブラジル支社の幹部。2008年6月10日に長男ルーカスが、2011年4月23日に長女イザベラが誕生した。実弟のロドリゴも2005年にACミランへ入団、ジゴン(Digão)の名で選手登録されている。ジゴンは2007年夏にレンタル終了でミランに復帰し、兄と共にプレーしていた。また、呂比須ワグナーとは仲がよく、オフの時はゴルフに行く。カカにとってのアイドルは、ブラジル代表やサンパウロFCなどでプレーしたライー。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たライー

    2005年12月、長年の遠距離恋愛を経て5つ下のブラジル人女性カロリーネ・セリコと母国ブラジルにて結婚した。彼女の母親はディオールのブラジル支社の幹部。2008年6月10日に長男ルーカスが、2011年4月23日に長女イザベラが誕生した。実弟のロドリゴも2005年にACミランへ入団、ジゴン(Digão)の名で選手登録されている。ジゴンは2007年夏にレンタル終了でミランに復帰し、兄と共にプレーしていた。また、呂比須ワグナーとは仲がよく、オフの時はゴルフに行く。カカにとってのアイドルは、ブラジル代表やサンパウロFCなどでプレーしたライーカカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たマッシモ・アンブロジーニ

    2003年、850万ユーロ(約12億円)の移籍金でACミランへ移籍。サンパウロでは背番号8番を、2002 FIFAワールドカップでは23番をそれぞれ着けていたが、ミランでは既にジェンナーロ・ガットゥーゾとマッシモ・アンブロジーニがそれぞれの背番号を着けていたため、自身の誕生日の日付にちなんで22番を背負うことになった。入団時のメディカルチェックでは特にずば抜けていた加速値と絶対スピードの項目をはじめ、それまでの選手とはかけ離れて高い数値を記録。ミランラボの担当者は「こんな数字は見たことがなかった」と証言した。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たサッカーフランス代表

    2006 FIFAワールドカップではロナウジーニョ、ロナウド、アドリアーノと共にカルテット・マジコ(「魔法の4人」)を形成し世界中で話題となった。しかしチームは機能せず、個々の選手がバラバラに活躍するのみで優勝候補筆頭といわれた前評判を見せられぬまま、準々決勝でフランスに敗れベスト8で敗退した。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たヘタフェCF

    翌年1月3日のヘタフェCF戦で238日ぶりに招集を受け、後半77分にカリム・ベンゼマとの交代でピッチに立った。翌週のビジャレアル戦でも71分から途中出場すると、復帰後初得点を挙げ、4月23日のバレンシア戦では2ゴール2アシストを挙げた。しかし、新加入のメスト・エジルの台頭などもあってレギュラーの座を奪うまでには至らず、シーズン終了後には移籍報道が加熱し、スペイン紙アスが行ったアンケートでは、78%が「カカを放出すべき」と答えた。しかし、カカ自身は一貫してレアル・マドリード残留を明言した。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たチェルシーFC

    ACミランとは当初2009年6月までの契約であったが、2005-06シーズン終了後にはACミランの八百長疑惑によりクラブのセリエB降格の危機が報じられ、カカの元にも複数のクラブから移籍のオファーが舞い込んだ。プレミアリーグのチェルシーFCから7000万ポンド(約152億6000万円)という超破格のオファーが来たが、ミランは受け入れなかった。このとき本人も「ACミランが降格しないなら、クラブに忠誠を誓う」と発言。その後2006年7月15日にミランは降格を免れる判決を下された。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たサッカーオランダ代表

    2010 FIFAワールドカップでは、前回大会のカルテット・マジコから唯一代表に選出された。しかし、結果は前回大会と同じベスト8でオランダに逆転負けを喫し、カカは大会アシスト王となるも無得点に終わった。南アフリカW杯以降は代表に招集されず、コパ・アメリカ2011でもプレーすることはなかった。親善試合の11月10日のガボン戦、同14日のエジプト戦で南アフリカW杯以来となる代表招集を受けたが、ふくらはぎの負傷により代表復帰は見送られた。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たUEFAチャンピオンズリーグ

    2004-05シーズンはアンドリー・シェフチェンコの後ろの位置でプレーし、36試合で7得点を決めた。この年、UEFAチャンピオンズリーグでは決勝でリヴァプールFCにPK戦で敗れたものの、カカは投票による大会最優秀ミッドフィールダーに選ばれた。イスタンブールの悲劇ともいわれるリヴァプールFC戦の敗北について、「たとえこの先何度優勝できたとしてもあの敗北を忘れることは出来ない」と語っている。また、2004年には国際連合世界食糧計画における最年少大使となった。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たボルシア・ドルトムント

    入団発表では5万人のサポーターがエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウに集まった。レアル・マドリードでは当初、かつてジネディーヌ・ジダンが着けていた背番号5番を着けることが噂され、ジダン自身もカカが5番を背負うことに好意的な発言をしたものの、最終的には本人の希望で8番を背負うことになった。親善試合のトロントFC戦でレアル・マドリードでのデビューを飾り、同じく親善試合のボルシア・ドルトムント戦で初得点を決め、更に9月23日、ビジャレアルCF戦でペナルティーキックからレアル・マドリードでの公式戦初得点を記録した。しかし、恥骨炎の影響もあってか以前のような活躍は出来ておらず、goal.comではその年のリーガワースト移籍ランキングで10位に選ばれ、更に2010 FIFAワールドカップ後には半月板の手術を行い、4ヵ月程度の離脱が発表された。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • カカ (サッカー選手)

    カカ (サッカー選手)から見たリヴァプールFC

    2004-05シーズンはアンドリー・シェフチェンコの後ろの位置でプレーし、36試合で7得点を決めた。この年、UEFAチャンピオンズリーグでは決勝でリヴァプールFCにPK戦で敗れたものの、カカは投票による大会最優秀ミッドフィールダーに選ばれた。イスタンブールの悲劇ともいわれるリヴァプールFC戦の敗北について、「たとえこの先何度優勝できたとしてもあの敗北を忘れることは出来ない」と語っている。また、2004年には国際連合世界食糧計画における最年少大使となった。カカ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「カカ」のニューストピックワード