1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • GOAL!

    GOAL!から見たカサビアンカサビアン

    第1部となる本作ではイングランド・FAプレミアリーグのデビューに主眼を置いている。サウンドトラックにはオアシスやカサビアンなどの豪華メンバーが参加した。続編にあたる『GOAL!2』は当初2006年秋に日本で公開の予定だったが、製作の遅れにより、2007年5月にずれ込んだ。GOAL! フレッシュアイペディアより)

  • WWE TLC:テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズ

    WWE TLC:テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズから見たカサビアンカサビアン

    公式大会曲 : Kasabian - Days Are ForgottenWWE TLC:テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズ フレッシュアイペディアより)

  • クラブ・フット

    クラブ・フットから見たカサビアンカサビアン

    クラブ・フット(原題:Club Foot)は、2004年にカサビアンが発表した2ndシングル。カサビアンの代表曲の一つ。1stアルバム『カサビアン』収録。クラブ・フット フレッシュアイペディアより)

  • サマーソニック

    サマーソニックから見たカサビアンカサビアン

    開催前々日の8月11日に「SUMMER SONIC EVE」が名古屋市港区の名古屋港オープンエアパーク(現在のテバオーシャンアリーナがある場所に仮設されていた野外ステージ)で開催。出演アーティストはオアシス・カサビアン・ASIAN KUNG-FU GENERATIONの3組(ASIAN - はスケジュールの都合で出演できなくなったルースターに代わり出演)。サマーソニック フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たカサビアンカサビアン

    ワイン好きであり、ブドウ農園、ワイナリー「ボデガ・イニエスタ」(「Bodega」はスペイン語で酒蔵、ワイナリーの意)、レストランを故郷の村で経営している。好きなバンドはカサビアンで、2010 FIFAワールドカップ優勝時には「彼らには大感謝だ」と述べた。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・アヨエイド

    リチャード・アヨエイドから見たカサビアンカサビアン

    リチャード・アヨエイドは多くのPVも手掛けている。その中にはアークティック・モンキーズの"Fluorescent Adolescent"、"Crying Lightning"、"Cornerstone"、スーパー・ファーリー・アニマルズの"Run Away"、ラスト・シャドウ・パペッツの"Standing Next to Me"、"My Mistakes Were Made For You"、ヴァンパイア・ウィークエンドの"Oxford Comma"、"Cape Cod Kwassa Kwassa"、カサビアンの"Vlad the Impaler"、ヤー・ヤー・ヤーズの"Heads Will Roll"などがある。アークティック・モンキーズに関してはライブビデオの監督も手掛けた。リチャード・アヨエイド フレッシュアイペディアより)

  • ロック (音楽)

    ロック (音楽)から見たカサビアンカサビアン

    1990年代以降のグランジやブリットポップの流行は、メジャーレーベルに所属しない多くのインディー・バンドがトップ・チャートで活躍できる事実を示したが、2001年にデビューしたストロークスやホワイト・ストライプスなどのインディーバンド勢は、当時世界的なヒップホップ・R&Bの台頭の中で勢いを失っていたロックを復権する=『ロックンロール・リバイバル』を主導するほどにその存在感を発揮。その後もその流れを引き継ぐ形で、リバティーンズやアークティック・モンキーズ、カサビアン、カイザー・チーフス、ブロック・パーティーなど多くのインディギターバンド勢が主軸としてチャートを席巻した。ロック (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • ビーディ・アイ

    ビーディ・アイから見たカサビアンカサビアン

    ジェイ・メーラー(Jay Mehler) - ベース(2013年-)ビーディ・アイ フレッシュアイペディアより)

  • オアシス (バンド)

    オアシス (バンド)から見たカサビアンカサビアン

    オアシスから影響、インスピレーションを受けていると公言しているアーティストに、アークティック・モンキーズ、キラーズ、ザ・コーラル、カサビアン、ザ・ビューなどが挙げられる。グラスゴー出身であるオアシスのトリビュート・バンドNo Way Sisは、EP『アイド・ライク・トゥ・ティーチ・ザ・ワールド・トゥ・シング』をリリースしUKチャート40位を記録した。この曲はザ・ニュー・シーカーズの曲(邦題「愛するハーモニー」)をオアシス風にカヴァーしたものである。日本のバンドlittle by littleは、オアシスの曲「リトル・バイ・リトル」からバンド名を得ている。オアシス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ブリットポップ

    ブリットポップから見たカサビアンカサビアン

    ブリットポップが終わってからも、しばらくは新しいムーブメントが起こらなかったことから、「ブリットポップの弊害」とする否定的な意見も多かった。しかし、2000年代に入りブリットポップを音楽の原体験とするカイザー・チーフス、カサビアン、ブロック・パーティーらがデビューし、ブリットポップからの影響をはっきりと公言する者も多かったことから、徐々にブリットポップは一定の名誉回復を遂げたとされる。ブリットポップ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「カサビアン」のニューストピックワード