前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
721件中 1 - 10件表示
  • アキバギルド

    アキバギルドから見たカジノカジノ

    アキバギルドは、ハンターサイト株式会社が運営するアミューズメントメイドカジノ。ブラックジャックやルーレット、バカラ、クラップス、ポーカーなどのカジノゲームをメイドディーラーと楽しめる。会員数は2014年4月時点で2万5000人、来場者数は3万人を超える国内最大。ほぼ毎日ポーカートーナメントを開催していて、国内で最もポーカープレイヤーが集まるスポットとしても知られている。アキバギルド フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トランプ

    ドナルド・トランプから見たカジノカジノ

    ドナルド・ジョン・トランプ(、1946年6月14日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、政治家。第45代アメリカ合衆国大統領。不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長を務めており、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者である。ドナルド・トランプ フレッシュアイペディアより)

  • マカオ

    マカオから見たカジノカジノ

    中華人民共和国マカオ特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくマカオとくべつぎょうせいく)、通称マカオ(、澳門=広東語イェール式:Oumùhn、普通話:Àomén、おうもん)は、中華人民共和国の特別行政区の一つ。中国大陸南岸の珠江河口(珠江デルタ)に位置する旧ポルトガル植民地で、現在はカジノや世界遺産を中心とした世界的観光地としても知られる。マカオ フレッシュアイペディアより)

  • 温泉

    温泉から見たカジノカジノ

    歴史的にみると、温泉は紀元前3000〜4000年代にはエジプトで利用されており、エトルリア人は源泉周辺に温泉施設を建設し、鉱泉を調査・管理する制度も持っていた。古代ギリシャ時代にはすでに病気治療のための温泉利用が確立し、温泉の効能の神秘的な力から信仰と結びついて、巡礼と治療の場として発達した。古代ローマ時代には、ホテルと温泉を結びつけた保養施設の建設がさらに進められ、富裕層向けの豪華なリゾート的施設から庶民的なものまで幅広く造られた。温泉町には遊興施設が出現し、娯楽と享楽の場として栄えたが、ローマ帝国の衰退とともに寂れていった。キリスト教はローマ的な温泉信仰を根絶するために温泉施設を取り壊し、代わりに教会などのキリスト教施設を建設していったが、13世紀ごろになると十字軍により伝えられた東方の浴場情報から温泉の医学的利用が再び始まり、15世紀には共同体が温泉管理に力を入れたことで温泉地は活況を取り戻した。19世紀後半には温泉療養リゾート熱が再燃し、温泉町にカジノや別荘が盛んに建設されるようになり、現在に至っている。温泉 フレッシュアイペディアより)

  • ラスベガス

    ラスベガスから見たカジノカジノ

    ラスベガスはアメリカ東海岸ニュージャージー州アトランティックシティと並んで、カジノなどのギャンブルで有名である。ラスベガス フレッシュアイペディアより)

  • シュリーブポート (ルイジアナ州)

    シュリーブポート (ルイジアナ州)から見たカジノカジノ

    シュリーブポートは1836年、テキサス共和国へと至るテキサス・トレイルが、航行可能になったレッド川を渡る地点に、入植地開発会社シュリーブ・タウン・カンパニーによって創設された。南北戦争中には、シュリーブポートには南軍ミシシッピ川流域管区の本部が置かれ、バトンルージュおよびオペルーサスが北軍に占領された後はルイジアナ州の州都も置かれた。20世紀初頭に近郊で油田が発見されると、その中盤までは石油産業の街として栄えたが、1960年代に入ると石油会社が街を離れ出し、衰退していった。その後、1990年代中盤以降は、レッド川両岸や船上のカジノを中心とした観光都市としての再生が進められてきた。その一方で、21世紀に入ると、近郊でアメリカ合衆国本土最大のシェールガス埋蔵量を有すると推定されるヘインズビル頁岩層が見つかり、シェールガスの採掘を開始、シュリーブポートはその中心地としても再生するものと期待されている。シュリーブポート (ルイジアナ州) フレッシュアイペディアより)

  • エバンズビル (インディアナ州)

    エバンズビル (インディアナ州)から見たカジノカジノ

    この地域の最も人気のアトラクションはトロピカーナ・エヴァンズヴィルで、インディアナ州初の船型カジノである。Kiplinger により、全米で「住む、働く、遊ぶ」のに適した場所として、2008年に第1位に、2009年に第11位に選ばれた。エバンズビル (インディアナ州) フレッシュアイペディアより)

  • バート・ホムブルク・フォア・デア・ヘーエ

    バート・ホムブルク・フォア・デア・ヘーエから見たカジノカジノ

    人口約 53,000人のバート・ホムブルク市は、人口密集地域のライン=マイン地方に位置しており、フランクフルト・アム・マインと直接境を接している。「バート」(温泉地を意味する)の肩書きは、1912年11月22日から使用されている。バート・ホムブルクは、保養地として、また「モンテカルロの母」とも呼ばれるカジノで国際的に知られている。さらに本市は、邸宅街を有する高級住宅地としても知られている。この保養地は、他のタウヌス地方の都市と同様に、フランクフルトで働く、特に高額収入の通勤者に人気の住宅地である。ホムブルクは、地元の者よりも外国人が多く働く企業の所在地でもある。本市は連邦補償庁の本部所在地であり、中央役務・未解決財産問題連邦庁の支所がある。バート・ホムブルク・フォア・デア・ヘーエ フレッシュアイペディアより)

  • 反社会的勢力

    反社会的勢力から見たカジノカジノ

    カジノ(カジノ合法化によって、反社会的勢力の資金源を断つことが想定される)反社会的勢力 フレッシュアイペディアより)

  • 統合型リゾート

    統合型リゾートから見たカジノカジノ

    統合型リゾート(とうごうがたリゾート、英称:Integrated Resort、略称:IR)とは、地方自治体の申請に基づきカジノの併設を認める区域を指定して設置される、国際会議場・展示施設などのMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場・映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などと一体になった複合観光集客施設のこと。統合型リゾート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
721件中 1 - 10件表示

「統合型リゾート」のニューストピックワード

  • TVXQ! Special Day ‘The Truth of Love’

  • 楽しく幸せな時間に感謝

  • 日産スタジアムライブ