721件中 91 - 100件表示
  • エミル・ザイデル

    エミル・ザイデルから見たカジノカジノ

    バーの規制強化や、売春宿及びカジノの閉鎖にも辣腕を奮う事となる。詩人、作家のカール・サンドバーグを短期間ながら秘書に迎えたのはこの時期の事であり、サンドバーグをミルウォーキーに惹き付けたのは、偏にザイデルの社会主義者としての願望が成せる技であった。エミル・ザイデル フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・ミハイロヴナ

    アナスタシア・ミハイロヴナから見たカジノカジノ

    シュヴェリーンの宮廷は、規律が厳しく全てが旧式で、若いアナスタシアが自分の思い通りに部屋の模様替えをすることも許されなかった。母オリガはドイツ人であったが、アナスタシアはホームシックになり、新しい母国のことを好きになれなかった。彼女はすぐに妊娠し、結婚した年に長女アレクサンドリーネを生んだ。悪化していく夫の体調を考え、温暖なイタリアやフランスで過ごすことが多くなるのは、この頃からであった。1882年、パレルモで長男フリードリヒ・フランツが生まれた。1883年、夫が大公に即位し、一家はシュヴェリーンへ戻らなければならなくなった。新しい大公妃アナスタシアは、初めこそ女主人として自分の地位を楽しんだが、すぐにまたイタリアやフランスが恋しくなり、出かけてしまった。1886年、次女ツェツィーリエをカンヌで生んだ。ほとんどシュヴェリーンへ帰らず、モンテカルロのカジノに入り浸り、リヴィエラの社交界で華やかな生活を続ける妻を、フリードリヒ・フランツ大公は終生愛し続けた。アナスタシア・ミハイロヴナ フレッシュアイペディアより)

  • フレモント・ストリート・エクスペリエンス

    フレモント・ストリート・エクスペリエンスから見たカジノカジノ

    ラスベガスにあるカジノの照明は消えないことで有名でもあるが、この光のショーは一帯に並ぶカジノを含む、全ての建造物の照明が落とされた後に開始される。各ショーの前に、FSEを交差するストリートは安全のため遮断される。フレモント・ストリート・エクスペリエンス フレッシュアイペディアより)

  • ガス・グリーンバウム

    ガス・グリーンバウムから見たカジノカジノ

    1947年6月のバグジー・シーゲルが暗殺された晩にモー・セドウェイとフラミンゴホテルに乗込み新しいオーナーだと宣言。瞬く間にフラミンゴの経営状態を立ち直らせる。以後ラスベガスの発展とともに勢力を誇った。ラスベガスではモー・ダリッツに次いで2番目に有力なユダヤ人ギャングといわれた。この頃グリーンバウムは国税局に申告していた金額の3倍は実際稼いでおり、計画的に所得隠しをしていたという。当時のラスベガスのカジノでは所得隠しは当たり前だった。ガス・グリーンバウム フレッシュアイペディアより)

  • コネティカット・サン

    コネティカット・サンから見たカジノカジノ

    コネティカット・サン(Connecticut Sun)は、WNBA東地区に所属する女子プロバスケットボールチームである。本拠地はコネチカット州東部のにある。先住民であるモヘガン族が運営するカジノ・リゾートのモヘガンサン(Mohegan Sun)がオーナーである。コネティカット・サン フレッシュアイペディアより)

  • セクシーDANSU☆GAI ユビキタス大和

    セクシーDANSU☆GAI ユビキタス大和から見たカジノカジノ

    自ら発行する『セクシーダンスマガジン』編集長兼カメラマン。年齢は34歳。自称『セクシーダンス界にジャーナリズムの嵐を吹き込んだ鬼才』。角刈り(ただし後ろは長髪)、常にサングラスを着用という西部警察の渡哲也のような顔が特徴的で、服装は黒のハイレグのスーツである。書店に『セクシーダンスマガジン』創刊号を売り込みに行った際、大和の腰のスウィングに惚れ込み、大和と即座に専属モデルの契約を結ぶこととなった。大和の才能を最も理解している者の一人でおり、セクシーさを保存するために燻製にした(手足を縛り付け火あぶりにする)グラビア撮影を行ったり、あえて大和バッシングの記事を書き成長を促すなど、数多い試練?を与えている。自ら絶対音感ならぬ「絶対股感」の持ち主と称しており、大和の頭の盛り上がり部分が股間に触れると『オンヌ!』『ピムル!』等、意味不明の言葉とともにエクスタシーを感じるのがお約束。出版実績では「セクシーダンスマガジン」以外にも「セクシーダンスポスト」なる新聞や「馬乗りYAROUZE」(馬乗り遊びの雑誌)、更に外国人向け観光ガイドブックの編集も務めた。さらに自社ビルを持ち地下に裏カジノを建設するなど編集者・実業家としてはかなりのやり手であることが伺える。セクシーDANSU☆GAI ユビキタス大和 フレッシュアイペディアより)

  • フレモント・ストリート

    フレモント・ストリートから見たカジノカジノ

    フレモント・ストリート(英名:Fremont Street)は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスにあるストリートの名称。アメリカのシーニック・バイウェイであるラスベガス・ストリップの延長にあり、ラスベガスでも2番目に有名なストリートとされる。フレモント・ストリートはダウンタウンにおける主要なカジノ通りである。ストリートはビニオンズ・ホテル・カジノ、エルドラド・クラブ、フレモントホテル・カジノ、ゴールデンゲート・ホテル・カジノ、ゴールデン・ナゲット、ザ・ミント・ラスベガス、パイオニア・クラブなど、多くの著名なカジノの集まる場所である。フレモント・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • オープリーランドUSA

    オープリーランドUSAから見たカジノカジノ

    1977年、巨大リゾート・ホテルであるオープリーランド・ホテル(現ゲイロード・オープリーランド・リゾート・アンド・コンベンション・センター)が園の隣に建てられ、カジノのないホテルで世界最大となるまで何度か拡張した。オープリーランドUSA フレッシュアイペディアより)

  • ホテル・レニングラード

    ホテル・レニングラードから見たカジノカジノ

    ホテル・レニングラードには、レストラン、バー、ラウンジ、カジノ、カフェ、ビリヤード室、美容室、郵便局、両替所、ギフトショップ、ヘルスセンター、会議場とビジネスセンターを含む施設がそろっている。ホテル・レニングラード フレッシュアイペディアより)

  • エヴァンズ

    エヴァンズから見たカジノカジノ

    H.C.エヴァンズ - アメリカのカジノ・遊園地等の機器のメーカー。エヴァンズ フレッシュアイペディアより)

721件中 91 - 100件表示

「統合型リゾート」のニューストピックワード

  • TVXQ! Special Day ‘The Truth of Love’

  • 楽しく幸せな時間に感謝

  • 日産スタジアムライブ