前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示
  • カジノ

    カジノから見た石原慎太郎

    一部の地方自治体の中には税収や経済効果を求め、構造改革特区を目指す動きがある。石原慎太郎(当時東京都知事)や猪瀬直樹(石原の後任)、自由民主党や公明党などの一部の議員は、「国際観光産業振興議員連盟」(カジノ議連)を結成して合法化を求めている。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見た猪瀬直樹

    一部の地方自治体の中には税収や経済効果を求め、構造改革特区を目指す動きがある。石原慎太郎(当時東京都知事)や猪瀬直樹(石原の後任)、自由民主党や公明党などの一部の議員は、「国際観光産業振興議員連盟」(カジノ議連)を結成して合法化を求めている。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見た電通

    電通は「カジノ」という言葉に染み付いたイメージを変えるため、カジノを含む統合型リゾート (IR) について「カッシーノ」という用語を用いることを提唱した。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見た賭博及び富くじに関する罪

    現在、刑法185条および186条(賭博及び富くじに関する罪)によって公営ギャンブルを除いた賭博行為が禁止されているため、国内でのカジノの設置は認められていない。しかし、海外のカジノで一般的に行われている遊技自体が禁じられているわけではない。風俗営業法の第2条第5号に定義される営業(通称:第5号営業)として、景品や金銭と交換できないチップやメダルなどの遊技媒体を用い、客がカジノ的な雰囲気を楽しむカジノバーやメダルゲーム場などの営業を行うことは妨げていない。しかし、これを隠れ蓑として賭博を行う者も存在し、たびたび摘発されている。またそれら違法営業の中には、パチンコ・パチスロ機を用いた業態も現れている。外交特権を隠れ蓑とし、外交官宅などに違法カジノが設置される事例もあるが、2010年に元駐日コートジボワールの外交官の関連施設が、2014年には駐日ガーナ大使の自宅が摘発を受けている。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見た日本人

    その他にマレーシア、フィリピン、ネパール、韓国は比較的早い段階からカジノを認め、利益を上げている。特にマレーシア・ゲンティンハイランドのカジノは1978年開業で人気が高い。フィリピンのカジノは地元客が多いが、韓国のカジノは旌善郡にある江原ランドを除き外国人専用で、日本に一番近いカジノ合法国であったことから、客の9割が日本人であった。しかし、近年は中国人観光客の急増により、客の大半が中国人である。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見たインターネットカフェ

    また、インターネットを使って国外のオンラインカジノを国内から接続してプレイすることも可能となっており、現在のところ、これが違法であるという判例はなく、グレーゾーンとされているが、オンラインカジノを客にプレイさせて換金行為を行っていたインターネットカフェは賭博罪の容疑で摘発されており、今後オンラインカジノの法整備が行われ、国外のオンラインカジノをプレイして摘発される可能性もある。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見た自由党 (日本 2016-)

    2013年12月、自民・維新・生活の3党は「特定複合観光施設区域整備推進法案」を提出した。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見たハウステンボス

    長期航海を行う大型クルーズ客船にはカジノが設置されている場合が多い。一部の日本船籍の客船にも『カジノと称する施設』は設けられているが、船籍に基づき日本法が適用されることから金銭をかける行為はできず、換金できないチップなどを賭けた「真似事」に終始している。カジノが許可されている国の船籍ならば日本の領海外に出てから開始すれば合法である。2012年7月25日からハウステンボスの子会社「HTBクルーズ」が、長崎 と上海間をで運航するパナマ船籍の旅客船「オーシャンローズ」において公海上を航行中にカジノ営業を行なった。しかし、日中関係の変化による集客低下から10月9日の上海発便を最終便に休航した。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見た東京都知事

    一部の地方自治体の中には税収や経済効果を求め、構造改革特区を目指す動きがある。石原慎太郎(当時東京都知事)や猪瀬直樹(石原の後任)、自由民主党や公明党などの一部の議員は、「国際観光産業振興議員連盟」(カジノ議連)を結成して合法化を求めている。カジノ フレッシュアイペディアより)

  • カジノ

    カジノから見たギャンブル依存症

    日本共産党や社会民主党など一部の政党は、ギャンブル依存症の拡大、多重債務の増加、青少年への悪影響、治安悪化、暴力団などの犯罪組織(反社会的勢力)の資金源になるなどの恐れを理由として、カジノ自体に反対している。しかし、日本でその根源になっているパチンコがは若者から高年齢層まで全国各地で「いつでも・どこでも・気軽に」遊戯できる全国各地にあるのに対して、カジノは特定の場所のにしか設置が出来ないため、カジノ解禁がパチンコ業界では「遊技者減少」と「規制強化」されると懸念されている。カジノ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示

「統合型リゾート」のニューストピックワード