130件中 91 - 100件表示
  • 日本料理

    日本料理から見たカステラカステラ

    室町末期から安土桃山時代には南蛮船により南蛮料理や南蛮菓子(カステラなど)が伝わってきた。日本料理 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚記念日

    結婚記念日から見たカステラカステラ

    欧米では紙婚式にはウェディングケーキの頭頂部を夫婦で食べる。このため、頭頂部を持ち帰れるように、また日持ちするようにケーキ台はカステラで作り、披露宴当日から1年後まで変質しないよう、冷蔵庫などで保存する。結婚記念日 フレッシュアイペディアより)

  • 西東京市

    西東京市から見たカステラカステラ

    柳内商店・やなぎうちカステラ本舗 - カステラ製造の製菓店。日本テレビのぶらり途中下車の旅でも取り上げられた。西東京市 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家茂

    徳川家茂から見たカステラカステラ

    羊羹、氷砂糖、金平糖、カステラ、懐中もなか、三色菓子など甘いものを好んだ。虫歯や脚気の原因はこれらの食べ過ぎだと思われる。徳川家茂 フレッシュアイペディアより)

  • あんパン

    あんパンから見たカステラカステラ

    青森県北津軽郡板柳町には、「川口あんぱん」と呼ばれる小麦粉を原料としたカステラ風の生地で白あんを包んだ饅頭状の和菓子が存在する。これは明治初期(1880年)に考案されたといわれるが、月寒あんぱん同様、名称以外に詳細な情報が存在しなかったため、既存の製菓技術を用いてオーブンで仕上げた焼き菓子になったと見られる。あんパン フレッシュアイペディアより)

  • 縁日

    縁日から見たカステラカステラ

    ベビーカステラ - 小さなカステラという意味だが、ホットケーキの丸めた物という感じ。 東京ケーキ、チンチン焼、ピンス焼の名で売られることもある。縁日 フレッシュアイペディアより)

  • 菓子

    菓子から見たカステラカステラ

    一方、足利時代末から鎖国令までの間、世界は大航海時代の中にあり、南蛮菓子の輸入時代ともなっていた。カステラ、ボーロ、金平糖、カルメラなど、日本独自の製法が工夫され和菓子として発展した菓子もある。菓子 フレッシュアイペディアより)

  • 洋菓子

    洋菓子から見たカステラカステラ

    明治時代以降、ヨーロッパ文明が日本に導入されたときに紹介され、日本の伝統的な和菓子に対して、小麦粉などを主材料とした菓子を洋菓子と呼んで区別した。長崎のカステラなどがそうである。日本に本格的に移入されたのは文明開化以降で、その時期の東京や横浜や大阪、神戸では、日本人の手によって洋菓子が作られた。洋菓子 フレッシュアイペディアより)

  • 耳

    から見たカステラカステラ

    フクロウ科の羽角、物の外周部、先端部、突出部を耳介に喩えて、耳と呼ぶ場合がある。ミミズクの耳、食パンの耳、カステラの耳、ティーカップの耳(=取っ手)など。木工では、丸太を板に製材した後で側面に残る樹皮を、耳と言う。 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の郷土料理

    日本の郷土料理から見たカステラカステラ

    冷蔵庫の無い時代であり、漬物や干物、燻製など、長期保存に適した調理方法による郷土料理が多い(例、山梨の鮑の煮貝)。また、長崎カステラのように、ヨーロッパから伝わった製法が独自に発展した例や、卓袱料理の様に中国から伝わった例もある。日本の郷土料理 フレッシュアイペディアより)

130件中 91 - 100件表示

「カステラ」のニューストピックワード