162件中 91 - 100件表示
  • 鶏卵素麺

    鶏卵素麺から見たカステラカステラ

    氷砂糖を沸騰させて作った蜜の中に卵黄を細く流し入れて素麺状に固め、取り出して冷ましてから切り揃えた菓子である。福岡県福岡市の銘菓。同様の物が大阪市の鶴屋八幡や高岡福信、京都市の鶴屋鶴寿庵などの老舗店でも作られている。同じく南蛮菓子であるカステラやカスドースをさらに甘くしたような味で、極めて甘い。鶏卵素麺 フレッシュアイペディアより)

  • 南蛮文化

    南蛮文化から見たカステラカステラ

    衣食・医療のほか音楽などの面でも南蛮文化は意外なほど当時の日本に浸透しており、今日、最も日本的な文化のひとつとされる茶の湯も、当時にあっては多分に異国趣味の要素を含むものと見なされていた。南蛮文化そのものは江戸幕府の貿易・情報統制策(いわゆる「鎖国政策」)のために短命に終ったが、カルタやタバコはその後も広く普及し、パン、カステラ、カッパ、コンペイトウ、シャボン、ラシャ、ジュバン、メリヤスなどのポルトガル語も日常的に用いられ、現代の日本語にも単語として残っている。南蛮文化 フレッシュアイペディアより)

  • 駿河屋

    駿河屋から見たカステラカステラ

    伝統ある「羊羹」や「饅頭」、煎餅などの和菓子のみならず、プリンやカステラなどの洋菓子の製造・販売にも行うようになった。駿河屋 フレッシュアイペディアより)

  • かぶらせんべい

    かぶらせんべいから見たカステラカステラ

    原材料は砂糖、小麦粉、卵、膨張剤。カステラ生地の薄焼き煎餅で、ほんのり甘みがある。表面には『菜根譚』の書名のもとになった以下の漢文が焼印で押されている。かぶらせんべい フレッシュアイペディアより)

  • カステラ饅頭

    カステラ饅頭から見たカステラカステラ

    カステラ饅頭(カステラまんじゅう)とは、白あん等をカステラ風の生地で包んだ焼きまんじゅう(唐饅頭)である。松菱饅頭(まつびしまんじゅう)と呼称されることもある。浜松銘菓として知られており、静岡県浜松市の有限会社秋芳堂が製造している。カステラ饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • 抹茶

    抹茶から見たカステラカステラ

    カステラ、菓子パン、クッキーなどの焼き菓子抹茶 フレッシュアイペディアより)

  • ハダカムギ

    ハダカムギから見たカステラカステラ

    日本では主に四国、中国、九州の水稲もち米がとれにくい地域を中心に昭和初期まで広く耕作され、もち米の代替品として麦米や餅、団子にして自家消費されるケースが多かった。その後は次第に作付けされなくなっていたが、最近は食物繊維の多さなどから食材として見直されている。餅・団子類以外にも、麺や煎餅などの和菓子、パン、クッキー、ロールケーキ、カステラ、レトルトカレーなど、様々な新たな用途が開発されつつある。ハダカムギ フレッシュアイペディアより)

  • モンチッチ

    モンチッチから見たカステラカステラ

    2008年(平成20年)に、モンチッチが他の著名なキャラクターのコスプレをしたシリーズ「変わるモン」の商品展開を開始した。また、ご当地グッズとしてモンチッチが各都道府県別に様々な格好をした「旅のみやげモンチッチ」シリーズも存在する。一例として宮城県「ずんだモンチッチ」、秋田県「なまはげモンチッチ」、長崎県「カステラモンチッチ」、熊本県「くまモンだモン!モンチッチ」、沖縄県「ゴーヤモンチッチ」などがある。モンチッチ フレッシュアイペディアより)

  • あんパン

    あんパンから見たカステラカステラ

    青森県北津軽郡板柳町には、「川口あんぱん」と呼ばれる、小麦粉を原料としたカステラ風の生地で白あんを包んだ饅頭状の和菓子が存在する。これは明治初期(1880年)に考案されたといわれるが、月寒あんぱん同様、名称以外に詳細な情報が存在しなかったため、既存の製菓技術を用いてオーブンで仕上げた焼き菓子になったと見られる。あんパン フレッシュアイペディアより)

  • ウグイ

    ウグイから見たカステラカステラ

    釣りでは、ほとんどの餌に食いついてくるため、水遊びの相手として古来よりなじみ深い魚である。泳がせ釣り用の活き餌として釣られることもある。餌はミミズやカワゲラ類などの水棲生物以外に魚肉ソーセージ、かまぼこなどの魚肉練り製品、イカの塩辛、鳥のレバー、カステラ、羊羹、干しぶどう、油揚げ、米粒、毛針、練り餌などでも釣れる。ウグイ フレッシュアイペディアより)

162件中 91 - 100件表示

「カステラ」のニューストピックワード