162件中 111 - 120件表示
  • 名古屋コーチン

    名古屋コーチンから見たカステラカステラ

    名古屋コーチンの卵は、白玉卵や赤玉卵とは異なり、桜色の卵殻色をしているのが特徴である。卵の大きさはやや小ぶりであるが、卵全体に占める卵黄の比率が高く、とろりとした粘りのある舌触りがあり、卵黄の色は濃く、味は濃厚である。また、厚焼き卵は形がしっかりして、歯ごたえのある食感が味わえる。最近では、親子丼、だし巻き卵、卵スープ、伊達巻、煮卵、温泉卵など、名古屋コーチンの卵を用いた料理や商品も種類が増えてきている。また、濃厚な味を活かして、プリンやカステラ、ケーキ、アイスクリームのような菓子類にも利用され、数多くの人気商品が開発されている。名古屋コーチン フレッシュアイペディアより)

  • ちんすこう

    ちんすこうから見たカステラカステラ

    由来には諸説ある。中国には桃酥という同種の焼菓子が存在し、その昔中国南部で作られていたと言われている小麦粉に砂糖とラードを加えて蒸したカステラのような蒸し菓子が、沖縄県の気候や原料に合わせて創作されたという説や、ポルトガルの焼き菓子であるボーロがシルクロードや海路を通じて伝わった説などもある。また琉球王朝に伝わっていた菓子製造にまつわる本「菓子例帳」(かしだめしちょう。焼失したため現在は口伝の形で残るのみ)には現在と異なり、ちんすこうは赤、黄、緑の着色がされていたとある。スペインに古くから伝わる祝い菓子のひとつポルボロンは、材料や食感などにおいてちんすこうとの共通点が多い。以前は米の粉(みじん粉)を使用していたとされる材料も小麦粉へと変化している。ちんすこう フレッシュアイペディアより)

  • 一六本舗

    一六本舗から見たカステラカステラ

    1976年(昭和51年)6月 - カステラの自動トンネル釜を設置一六本舗 フレッシュアイペディアより)

  • 日本料理

    日本料理から見たカステラカステラ

    南蛮船によりてんぷらやがんもどきなどの南蛮料理や、南蛮菓子(カステラやコンペイトウなど)が伝わった。日本料理 フレッシュアイペディアより)

  • 卵かけご飯

    卵かけご飯から見たカステラカステラ

    戦国時代から江戸時代にかけて西洋人が来航した西日本では肉食とともに卵を食する文化が伝来し、カステラやボーロなど鶏卵を使用した南蛮菓子も伝来した。卵かけご飯 フレッシュアイペディアより)

  • あわしま堂

    あわしま堂から見たカステラカステラ

    銘菓志向ではなく、どら焼きやタルト、カステラ、シュークリーム、ブッセ等、おやつ志向の和菓子・洋菓子の生産をしている。愛媛県の代表銘菓である「タルト」は、当社で製造されたものが愛媛県外でも購入できる。愛媛県外には、九州地方や中国地方、京都市、栃木県佐野市などに支店や営業所がある他、海外にもまんじゅうなどの菓子を輸出している。あわしま堂 フレッシュアイペディアより)

  • 花札

    花札から見たカステラカステラ

    日本にカードゲームが初めて上陸したのは安土桃山時代。宣教師が鉄砲やキリスト教、カステラ等と共に伝えたとされる。ちなみに日本の「かるた(歌留多、骨牌)」の語源は、ポルトガル語でカードゲームを示す「」である。天正時代(1573〜91)にはすでに国産のかるたが作られており、当時の札が一枚だけ現存する。江戸時代には、賭博という閉鎖性と当時の物品流通の実態から、日本全国に普及したカードゲームは、各地で様々なローカルルールを生み出し、そのローカルルールにふさわしいように札のデザインも変えていった。それらの札を「地方札」という。花札 フレッシュアイペディアより)

  • 岩村町

    岩村町から見たカステラカステラ

    カステラ(松浦軒本店)・(松浦軒本舗)・(かめや)岩村町 フレッシュアイペディアより)

  • あっちこっち丁稚

    あっちこっち丁稚から見たカステラカステラ

    大正時代の大阪が舞台で、カステラの老舗「月菓粋 木金堂(げっかすい もっきんどう)」の丁稚らが騒動を起こす。あっちこっち丁稚 フレッシュアイペディアより)

  • かもめの玉子

    かもめの玉子から見たカステラカステラ

    かもめの玉子(かもめのたまご)は、さいとう製菓株式会社が製造している岩手県大船渡市の郷土菓子。白餡を薄いカステラ生地で包んで焼き上げ、全体をホワイトチョコでコーティングした卵型の菓子である。販売はさいとう製菓の子会社・株式会社鴎の玉子が行っている。かもめの玉子 フレッシュアイペディアより)

162件中 111 - 120件表示

「カステラ」のニューストピックワード