162件中 121 - 130件表示
  • シベリア (菓子)

    シベリア (菓子)から見たカステラカステラ

    シベリアとは、羊羹(ようかん)または小豆の餡子(あんこ)をカステラに挟み込んだ日本の菓子である。「シベリヤ」と表記される場合もある。また、「羊羹カステラ」と称して販売している製造者もある。シベリア (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • 神戸外国人居留地

    神戸外国人居留地から見たカステラカステラ

    洋菓子は開港後、居留外国人や旅行者向けに作られるようになった。1882年(明治15年)に雑居地の元町3丁目で創業した二宮盛神堂が、神戸初の洋菓子店とされる。さらに同年刊行された『豪商神兵湊の魁』には、相生橋の三国堂が洋菓子店として紹介されている。1897年(明治30年)、吉川市三が東京南鍋町の風月堂からのれん分けを許され元町に創業した神戸風月堂は、神戸初の本格的な洋菓子店とされ、開店当初からカステラ、ワッフル、シュークリーム、キャンディー、チョコレートといった洋菓子が販売されていた。神戸外国人居留地 フレッシュアイペディアより)

  • ナボナ

    ナボナから見たカステラカステラ

    ブッセの一種であり、ソフトカステラにチーズ風味、パイン風味、コーヒー風味のクリームを挟み込んでいる。季節限定のナボナや風味はそのままに賞味期間が60日のロングライフ版も発売している。贈答箱に書かれたつづりはNavona。「Since 1963」と製造開始年も書かれており、創業記念日である12月18日は「ナボナの日」と制定している。ナボナ フレッシュアイペディアより)

  • ナガサキヤ

    ナガサキヤから見たカステラカステラ

    主として小売店に向けたカステラ、バームクーヘン、チョコレートキャンディーなどの製造・販売を行うとともに、玩具菓子市場に進出。アニメキャラクターなどとタイアップした菓子・食玩や、オリジナルの子供の遊びをテーマにしたお菓子付き玩具やプラスチックモデルの食玩などを販売。当時、『ドラえもん』、『チンプイ』、『エスパー魔美』、『ドラゴンボール』、『スーパー戦隊シリーズ』といったテレビアニメ・特撮番組でCMを放送していた。また、直営の洋菓子販売店や喫茶店も運営し、京都駅11階のレストラン街にも喫茶店を出店。最盛期となった1991年9月期には約165億円の売上を計上した。ナガサキヤ フレッシュアイペディアより)

  • 的屋

    的屋から見たカステラカステラ

    ベビーカステラ - 小さなカステラという意味だが、ホットケーキの丸めた物という感じ。東京ケーキ、チンチン焼、ピンス焼の名で売られることもある。独特の食感で根強い人気がある。的屋 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎電気軌道

    長崎電気軌道から見たカステラカステラ

    2015年(平成27年)に長崎電気軌道の創業100周年を記念して作られた公式キャラクターで、長崎の尾曲がり猫をモチーフとした猫の姿であるが、設定上は性別不明の妖精である。頭には電車を模したマスクを被り、肩からは路面電車グッズとカステラの入った電車形のバッグを提げ、お腹には出島形のポケットがついている。性格はいたずら好きでやんちゃだが、頭のマスクには思ったことが表示されてしまう方向幕がついていることから、嘘をつくのは苦手ということになっている。なお、同年8月に初めて披露された花電車87号(2代目)の塗装は、本キャラクターがモチーフとなっている。長崎電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • コウモリ

    コウモリから見たカステラカステラ

    中国では、コウモリ(蝙蝠)の「蝠」の字が「福」に通ずることから、幸福を招く縁起物とされる。百年以上生きたネズミがコウモリになるという伝説もあり、長寿のシンボルとされている。そのため西洋の影響を受ける明治中期ごろまでは日本でも中国の影響で縁起の良い動物とされており、日本石油(現:JXTGエネルギー)では1980年代初頭まで商標として用いられ、また福山城のある蝙蝠山を由緒とする広島県福山市の市章の使用例や長崎のカステラ店福砂屋などはコウモリを商標としている。日本では、使用例は少ないが、コウモリの家紋も存在する。コウモリ フレッシュアイペディアより)

  • 天ぷら

    天ぷらから見たカステラカステラ

    アイスクリームの天ぷら:冷たいアイスクリームを熱い油で揚げるが溶けていないということで話題となった。アイスクリームをカステラなど空気を多く含む素材で包み素早く揚げると、空気により内部への熱伝導が妨げられるためアイスクリームは溶けない。放置すれば溶け出すので、出来立てをすばやく食す。天ぷら フレッシュアイペディアより)

  • リラックマ

    リラックマから見たカステラカステラ

    耳の部分がカステラで出来ていると嘘をつき、コリラックマとキイロイトリに耳に噛み付かれたことがあるが、後で嘘だと白状した。そして、再度同様の嘘をついた際、耳にバニラエッセンスをふりかけ、その匂いで信じ込ませようとしたこともある。その後、リラックマの耳に蝶やセミやトンボが良く止まるのを見て、キイロイトリが「ナンデデキテルノ?」と聞いてきた時に、「カステラですってば。」と答えている。リラックマ フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家定

    徳川家定から見たカステラカステラ

    カステラや饅頭を作ったりするなど、菓子作りが趣味だったとされている。また煮豆やふかし芋などを作り、自分だけで食べずに、時には家臣たちに振る舞っており、春嶽からは「イモ公方」などと呼ばれた。しかし、自分でよく調理をしたのは猜疑心が強く、暗殺を恐れての事であったとも言われる。家定が大御所として西之丸で生活していた祖父・家斉を訪れた際、出された食事に毒が入っているかもしれないと考えて箸をつけなかったという逸話も残っており、これは後に家定が家斉と不仲であったという俗説を生んでいる。徳川家定 フレッシュアイペディアより)

162件中 121 - 130件表示

「カステラ」のニューストピックワード