130件中 41 - 50件表示
  • でんでらりゅう

    でんでらりゅうから見たカステラカステラ

    1984年から、文明堂総本店(カステラ製造・販売)のローカルCM「でん出らりゅう 編」に登場。でんでらりゅう フレッシュアイペディアより)

  • あの世一武道会

    あの世一武道会から見たカステラカステラ

    名前の由来は同名の中国風カステラ、マーライコーから。あの世一武道会 フレッシュアイペディアより)

  • 月は闇夜に隠るが如く

    月は闇夜に隠るが如くから見たカステラカステラ

    佐賀鍋島藩主の15男。家からぞんざいに扱われている一方藩主の子息である為自由のない生活を送り、穀潰し扱いしてくる兄の嫌味を耐え忍んで暮らしていた。異人の存在に興味を持ち、出島を監督している兄に頼んで阿蘭陀船からやって来たシンジュと会わせてもらうが、それが凪のような日々を打ち破る始まりだった。かすていらが大好き。月は闇夜に隠るが如く フレッシュアイペディアより)

  • ありあけのハーバー

    ありあけのハーバーから見たカステラカステラ

    ありあけのハーバーは、横浜市中区の洋菓子会社、株式会社ありあけが製造・販売する洋菓子。マロンクリームをカステラ生地で包んだ焼菓子であり、形状は波止場(ハーバー)に到着する船の形を模したものとされている。ありあけのハーバー フレッシュアイペディアより)

  • ハダカムギ

    ハダカムギから見たカステラカステラ

    日本では主に四国、中国、九州の水稲もち米がとれにくい地域を中心に昭和初期まで広く耕作され、もち米の代替品として麦米や餅、団子にして自家消費されるケースが多かったが次第に作付けされなくなっていた。しかし、最近は餅・団子類以外にも、麺や煎餅などの和菓子のほか、パン、クッキー、ロールケーキ、カステラなど、もち麦の特性を生かしたさまざまな食品の原料として見直され、新たな用途が開発されつつある。ハダカムギ フレッシュアイペディアより)

  • メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜

    メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜から見たカステラカステラ

    文明堂のカステラ(カステラ一番、電話は2番)メッセージ〜伝説のCMディレクター・杉山登志〜 フレッシュアイペディアより)

  • あわしま堂

    あわしま堂から見たカステラカステラ

    銘菓志向ではなく、どら焼きやタルト、カステラ、シュークリーム、ブッセ等、おやつ志向の和菓子・洋菓子の生産をしている。愛媛県の代表銘菓である「タルト」は、当社で製造されたものが愛媛県外でも購入できる。愛媛県外には、九州地方や中国地方、京都市などに支店や営業所がある他、海外にもまんじゅうなどの菓子を輸出している。あわしま堂 フレッシュアイペディアより)

  • 東武7800系電車

    東武7800系電車から見たカステラカステラ

    外装色はモハ7860形グループ登場以前は茶色一色であったが、試験塗装車によって4種類の塗装を比較検討した結果、オレンジ地に黄色帯の塗装が20m級4扉車の標準色として採用され、順次塗装変更が行われた。しかし、間もなくして2000系が採用したベージュ(ロイヤルベージュ)地に窓周りと裾がオレンジ(インターナショナルオレンジ)の塗装が通勤形車両全車共通の標準色と定められ、短期間で再度塗装変更されたという経緯がある。1970年代半ば以降、セイジクリーム一色の塗色であった時代には、黒っぽい屋根との対比からお菓子のカステラに擬えてカステラ電車というあだ名が付けられていた。東武7800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • シベリア (菓子)

    シベリア (菓子)から見たカステラカステラ

    シベリアとは、羊羹(ようかん)、または時として小豆の餡子をカステラで挟んだ菓子である。「シベリヤ」と表記される場合もある。また、「羊羹カステラ」と称して販売している製造者もある。シベリア (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • うなぎパイ

    うなぎパイから見たカステラカステラ

    gooランキング「好きな全国の名物土産ランキング」によると、白い恋人、長崎カステラにつづき3位の人気となっている。うなぎパイ フレッシュアイペディアより)

130件中 41 - 50件表示

「カステラ」のニューストピックワード