130件中 51 - 60件表示
  • タイノッチ

    タイノッチから見たカステラカステラ

    ここでの「ピンポイントグルメ」とは、ショートケーキについてくるフィルムについたクリーム、カステラの紙についた生地等を指している。タイノッチ フレッシュアイペディアより)

  • ぐりとぐら

    ぐりとぐらから見たカステラカステラ

    第一作となる『ぐりとぐら』は、二匹が見つけた大きなたまごから、大きなかすてらを作るというストーリーである。ぐりとぐら フレッシュアイペディアより)

  • ナボナ

    ナボナから見たカステラカステラ

    ナボナはブッセの一種であり、ソフトカステラにチーズ風味、パイン風味、コーヒー風味のクリームを挟み込んでいる。季節限定のナボナも発売している。贈答箱に書かれたつづりはNavona。「Since 1963」と製造開始年も書かれている。ナボナ フレッシュアイペディアより)

  • Hybrid Child

    Hybrid Childから見たカステラカステラ

    少年型のハイブリッドチャイルドで、第2話の主人公。瀬谷を心から慕っている純真無垢な明るい少年で、自分がなかなか成長しないことに悩んでいた。カステイラが大好物。最近春画本をこっそり読んでいる様子。Hybrid Child フレッシュアイペディアより)

  • カスティーリャ王国

    カスティーリャ王国から見たカステラカステラ

    Castilla の日本語表記は、カスティーリャ、カスティリャ、カスティリア、カスティーヤ、カスチラと様々に音写されている。また菓子のカステラは、王国名のポルトガル語発音である「カステーラ」(Castela)からとされている。カスティーリャ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋コーチン

    名古屋コーチンから見たカステラカステラ

    名古屋コーチンの卵は、白玉卵や赤玉卵とは異なり、桜色の卵殻色をしているのが特徴である。卵の大きさはやや小ぶりであるが、卵全体に占める卵黄の比率が高く、とろりとした粘りのある舌触りがあり、卵黄の色は濃く、味は濃厚である。また、厚焼き卵は形がしっかりして、歯ごたえのある食感が味わえる。最近では、親子丼、だし巻き卵、卵スープ、伊達巻、煮卵、温泉卵など、名古屋コーチンの卵を用いた料理や商品も種類が増えてきている。また、濃厚な味を活かして、プリンやカステラ、ケーキ、アイスクリームのような菓子類にも利用され、数多くの人気商品が開発されている。名古屋コーチン フレッシュアイペディアより)

  • パン・デ・ロー

    パン・デ・ローから見たカステラカステラ

    ポルトガルの大衆的な菓子で、家族や友人の祝事に作られ、振る舞われることがある。現在作られているものの製法は16世紀中期に定着し、日本のカステラのルーツであるという説がある。パン・デ・ロー フレッシュアイペディアより)

  • 都まんじゅう

    都まんじゅうから見たカステラカステラ

    都まんじゅう(みやこまんじゅう)とは、白あん等をカステラ風の生地で包んだ焼き饅頭。都まんじゅう フレッシュアイペディアより)

  • ボーロ

    ボーロから見たカステラカステラ

    ボーロとはポルトガル語で「ケーキ」を意味し、小麦粉(そば粉や片栗粉も使ったものもある)に卵、砂糖などを加えてこね、成型してから焼き上げたもの。一般的にはカリッとした軽い歯ざわりと口中でさらりと溶ける食感が特徴であるが、中にはカステラのようにしっとり焼き上げたものもある。日本には16世紀にポルトガルから伝えられた。ボーロ フレッシュアイペディアより)

  • 瓦せんべい

    瓦せんべいから見たカステラカステラ

    基本的な原材料は砂糖、小麦粉、卵である。風味付けに胡麻などを加えることもある。カステラの原材料に近いことから、純然たる和菓子と言うよりは、ハイカラな洋菓子の趣のある菓子「ハイカラせんべい」「贅沢せんべい」として生まれたとの説もある。瓦せんべい フレッシュアイペディアより)

130件中 51 - 60件表示

「カステラ」のニューストピックワード