162件中 71 - 80件表示
  • 下天の華

    下天の華から見たカステラカステラ

    甘味に目がなく、ボーロやカステラ、特にコンペイトウと干し柿が好物。下天の華 フレッシュアイペディアより)

  • 松露饅頭

    松露饅頭から見たカステラカステラ

    餡をカステラ生地で丸く包んだ形が、唐津の名所虹の松原に生える高級食用キノコである松露に似ていることから、この名がつけられた。松露饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • うなぎパイ

    うなぎパイから見たカステラカステラ

    gooランキング「好きな全国の名物土産ランキング」によると、白い恋人、長崎カステラにつづき3位の人気となっている。うなぎパイ フレッシュアイペディアより)

  • 亀屋万年堂

    亀屋万年堂から見たカステラカステラ

    その後、新商品「森の詩」(餡をカステラで巻いた和風ミニロールケーキ)が登場、前述の王のCMの台詞に「森の詩もよろしく」というフレーズが加わり、これまた人気を得た。森の詩は、現在は製造を終了している。亀屋万年堂 フレッシュアイペディアより)

  • 在家 (さいたま市)

    在家 (さいたま市)から見たカステラカステラ

    文明堂浦和工場 - 工場直売売店があり、カステラの販売を行っている。在家 (さいたま市) フレッシュアイペディアより)

  • 東武7800系電車

    東武7800系電車から見たカステラカステラ

    外装色はモハ7860形グループ登場以前は茶色一色であったが、試験塗装車によって4種類の塗装を比較検討した結果、オレンジ地に黄色帯の塗装が20m級4扉車の標準色として採用され、順次塗装変更が行われた。しかし、間もなくして2000系が採用したベージュ(ロイヤルベージュ)地に窓周りと裾がオレンジ(インターナショナルオレンジ)の塗装が通勤形車両全車共通の標準色と定められ、短期間で再度塗装変更されたという経緯がある。1970年代半ば以降、セイジクリーム一色の塗色であった時代には、黒っぽい屋根との対比からお菓子のカステラに擬えてカステラ電車というあだ名が付けられていた。東武7800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎街道

    長崎街道から見たカステラカステラ

    砂糖が船運によって、経済発展していた長崎街道地域に大量に運ばれてきたため、菓子文化が他の地域と比べて発達しており、「丸ぼうろ」「カステラ」「鶏卵素麺」といった南蛮菓子が残っている。広義の長崎街道周辺には小城や飯塚といった菓子製造業が盛んな地域や、伝統行事に砂糖をふんだんに使う地域が多い。この事から、長崎街道は『砂糖の道』『シュガーロード』とも呼ばれる。長崎街道 フレッシュアイペディアより)

  • カスティーリャ王国

    カスティーリャ王国から見たカステラカステラ

    Castillaの日本語表記は、カスティーリャ、カスティーリヤ、カスティリャ、カスティーリァ、カスティーリア、カスティリア、カスティーヤ、カスチラ、カストリヤ、カストリア、カステリヤ、カステリア、カスティージャと様々に音写されている。また菓子のカステラは、王国名のポルトガル語発音である「カステーラ」(Castela)からとされている。カスティーリャ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 金平糖

    金平糖から見たカステラカステラ

    金米糖、金餅糖、糖花とも表記される。語源はポルトガル語のコンフェイト( 、球状の菓子の意)。金平糖はカステラ・有平糖などとともに南蛮菓子としてポルトガルから西日本へ伝えられたとされる。初めて日本に金平糖が伝わった時期については諸説あるが、戦国時代の1546年(天文15年)とも言われる。金平糖 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎町 (宮城県)

    川崎町 (宮城県)から見たカステラカステラ

    洋帰行(そばカステラ川崎町 (宮城県) フレッシュアイペディアより)

162件中 71 - 80件表示

「カステラ」のニューストピックワード