130件中 71 - 80件表示
  • モンブラン (ケーキ)

    モンブラン (ケーキ)から見たカステラカステラ

    このケーキはフランス・サヴォワ県と隣接するイタリア・ピエモンテ州の家庭菓子を原型とする説が有力で、モンブランを看板メニューとする1907年創業のパリの老舗カフェ「アンジェリーナ」が考案したとされる。日本においては東京・自由が丘の「モンブラン」初代店主・迫田千万億が1933年にフランス・シャモニーを旅した際に知り、つくる許可を取った。土台をメレンゲからカステラにする等のアレンジをしている(「日本初」と謳っている)。なお、「アンジェリーナ」のメニューにモンブランが加えられた時期は定かでない。モンブラン (ケーキ) フレッシュアイペディアより)

  • 鷹見泉石

    鷹見泉石から見たカステラカステラ

    『鷹見泉石日記』は彼が職に就いた12歳から、60年間にもわたった自らの公務を中心に書き留められたもの。彼の交友の広さと、客観に徹した文章のために史料価値は高い。特に、藩主利位の大坂城代在職中に起こった大塩平八郎の乱については彼自身が鎮圧に当たったこともあって詳しく記載されている。蘭学者らしく日記中に各所へカステラを贈答する記事が記載されているが、どこで製造されたものか詳細不明である。古河歴史博物館編全8巻が吉川弘文館より刊行されている。鷹見泉石 フレッシュアイペディアより)

  • 河口家

    河口家から見たカステラカステラ

    信任の孫。?年の杉田玄白に入門。古河藩にいち早く種痘をもたらした。屋敷には書家の小山霞外らが集まって漢詩の会を催し、漢詩にも造詣が深かった。その他、江戸の蘭学者達と広く交わり、『陶斎雑録』には「カステラの製法」が書き留められている。河口家 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達巻

    伊達巻から見たカステラカステラ

    製法はカステラに似ている部分も多く、また、卵焼きやすり身を用いるなど厚焼き卵とも酷似している。スポンジケーキ状に焼くにはオーブン(天火)の存在が不可欠であることから、ポルトガルのロールケーキである「トルタ・デ・ラランジャ」の技法が応用されたと考えられる。伊達巻 フレッシュアイペディアより)

  • 禁酒番屋

    禁酒番屋から見たカステラカステラ

    「正直に酒徳利を持って関所を通ろうとしたら止められます。菓子屋の梅月堂で南蛮菓子のカステラを売り出したとか。そいつに見せかけたらどうです」禁酒番屋 フレッシュアイペディアより)

  • ちょぼちょぼ

    ちょぼちょぼから見たカステラカステラ

    小麦粉、卵、砂糖などを混ぜたものをドーム型に形成し焼き上げたもので、ポルトガルの焼き菓子であるボーロの食感に似ているが、カステラの風味が強い。ちょぼちょぼ フレッシュアイペディアより)

  • 十二戦支 爆烈エトレンジャー

    十二戦支 爆烈エトレンジャーから見たカステラカステラ

    男。イヌの精霊。体色と頭髪は茶色、瞳は黒。フルネームは「佐々木ポチ郎(佐々木小次郎のパロディ)」。骨如意棒を使った攻撃を得意とし、その先端から電流を流すことが出来る。お菓子やマスクメロンといった甘いものが大好きで、エトレンジャー一の甘党である。たまに、服の中にたくさんのお菓子を隠し持っていることもある。モンクとは犬猿の仲でお互いに罵り合っている(本人曰く「拙者だって、お主に負けたら犬の恥でござるからな!」)。ただし、モンクに骨如意棒を授けたり、モンクにお土産としてカステラの紙を持ってきたり、モンクをニャンマーの攻撃から命がけでかばったり、バク丸の夢の中で肩を組んでいるなど、決して仲が悪いわけではない。また喧嘩っ早い性格で、他のメンバーと喧嘩をすることもある(バク丸など)。日本の江戸時代(にされてしまったノベルワールド)に来て思わず尻尾を振って喜んでいるなど、武士道に通じる精神を持っているようである。第10話では、サッカー経験が無いことが判明した。バク丸同様、落ち着きがない性格でその場合は、考え込むニョロリの後についていく(第22話)。最終話でガオウへの想いを諦めたタルトにさりげなくハンカチを手渡す。声優が同じ森川なためか、ホルスと絡むことが多い。耳や鼻が効いたり、犬掻きしたり、お手をするなど犬らしさが出ている。「?ござる」など忍者口調で話し、一人称は「拙者」。十二戦支 爆烈エトレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 桔梗屋

    桔梗屋から見たカステラカステラ

    風林火山 - 山本勘助の旗印と武田菱を模したカステラ焼。勘助の旗印にはカスタードクリームを、武田菱にはこし餡を包んでいる。桔梗屋 フレッシュアイペディアより)

  • 亀屋万年堂

    亀屋万年堂から見たカステラカステラ

    その後、新商品「森の詩」(餡をカステラで巻いた和風ミニロールケーキ)が登場、前述の王のCMの台詞に「森の詩もよろしく」というフレーズが加わり、これまた人気を得た。森の詩は、現在でもナボナと並ぶ人気商品である。亀屋万年堂 フレッシュアイペディアより)

  • ウッチャンナンチャンのウリナリ!!の企画

    ウッチャンナンチャンのウリナリ!!の企画から見たカステラカステラ

    1997年放送。この夏は猛暑が続き全国的な水不足となったため、水の大切さを知るための企画として行われた。しかし中身は水を飲まないまま約10時間様々な課題をこなすという過酷な企画だった。激辛カレー、サウナ(10分3セット)、カステラ早食い、1500メートル走を経て、最後に最中早食い対決が行われた。最後まで脱落せず、最中早食い対決で3分間に最も多く食べたメンバーのいるコンビが優勝となる予定であったが、内村と勝俣が同じ数で引き分けたため、結局内村と勝俣(いわゆるもてないブラザーズ)が賞品であるヴェネツィア旅行を受け取ることになった。1500メートル競走の1位には、ジュースが送られたが、水分0の粉ジュースだった。内村が受け取ってしまったが、結局飲みきれず噴出していた。ウッチャンナンチャンのウリナリ!!の企画 フレッシュアイペディアより)

130件中 71 - 80件表示

「カステラ」のニューストピックワード