130件中 81 - 90件表示
  • 文明堂

    文明堂から見たカステラカステラ

    文明堂(ぶんめいどう)とは、カステラ、和菓子の商号、商標。1900年(明治33年)に長崎で中川安五郎が創業し、実弟の宮崎甚左衛門が東京に進出させ、製造革新と斬新な販売、広告によって全国的に知られる暖簾となった。現在、複数の「文明堂」を冠する企業がある。文明堂 フレッシュアイペディアより)

  • CR戦国乙女

    CR戦国乙女から見たカステラカステラ

    身長:140cm、好物:カステラ、趣味:不明、必殺技:弩・佛狼機砲(ドン・フランキーほう)CR戦国乙女 フレッシュアイペディアより)

  • あっちこっち丁稚

    あっちこっち丁稚から見たカステラカステラ

    大正時代の大阪が舞台で、カステラの老舗「月菓粋 木金堂(げっかすい もっきんどう)」の丁稚らが騒動を起こす。あっちこっち丁稚 フレッシュアイペディアより)

  • ウグイ

    ウグイから見たカステラカステラ

    水遊びの相手として古来よりなじみ深い魚である。釣りでは、ほとんどの餌に食いついてくるため、他の魚を狙う場合にも釣れることがある。餌は普通の釣餌以外に魚肉ソーセージ、かまぼこなどの魚肉練り製品、イカの塩辛、鳥のレバー、カステラ、羊羹、干しぶどう、油揚げ、米粒、毛針などでも釣れる。また、小型ルアーを使うルアーフィッシングやフライフィッシングでも釣れる。引きは小さなサイズでもヤマメ、イワナと区別できないくらいパワフルである。マス類の禁漁期のターゲットともされている。ウグイ フレッシュアイペディアより)

  • 千鳥屋

    千鳥屋から見たカステラカステラ

    1630年(寛永7年)、現在の佐賀市久保田町で創業。創業当時の屋号は「松月堂」であり、長崎に渡来していた南蛮菓子の製法をいち早く学び、丸ボーロやカステラを専門に作っていた。その後、店主であった原田政雄は、当時の筑豊炭田で賑わっていた福岡県の飯塚の地に着目、松月堂の支店として「千鳥屋」を開いた。1939年(昭和14年)には、佐賀の松月堂を閉じ、飯塚の千鳥屋を千鳥屋の本店とした。千鳥屋 フレッシュアイペディアより)

  • 沖雅也

    沖雅也から見たカステラカステラ

    中学3年時の1967年12月、両親が離婚し再婚する母に付くも、家庭不和により翌1968年1月4日、中学校の卒業前に家出をして全財産10万円(当時)を持ってバッグ一つで東京へ上京。当日はホテルニューオータニへ宿泊。翌日から年齢を偽り住み込みで中華そば屋の店員やカステラ工場の配送員の助手など職を転々とし、最後はスナックのバーテンダーに落ち着いていたが、家族からの捜索願で警察に見つかり大分の実家に連れ戻された後に仕方なく高校受験をして大分県立芸術短期大学付属緑丘高等学校に進学したが、やはり家族と暮らすのが嫌で、しばらくして高校を退学した後に再び東京へ上京し、スナックのバーテンダーの仕事に戻った。その後は通信制の高校に進学して卒業している。沖雅也 フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル料理

    ポルトガル料理から見たカステラカステラ

    海外のポルトガル人の旺盛な活動は、ポルトガル料理の影響を世界中に広めた。ポルトガルの貿易船は1550年頃に日本へ到着し、戦国時代の日本の大名はポルトガルの菓子類を南蛮菓子と呼んで楽しんだ。ポルトガルのコンフェイトは金平糖、アルフェニンは有平糖、パォン=デ=ローはカステラ、フィオス・デ・オヴォスは鶏卵素麺へと変化し、和菓子にも影響を与えた。日本料理の天ぷらもまたポルトガル料理に起源を持つといわれ、がんもどきの別名「飛竜頭」は、ポルトガルのフィリョース(filhos)という揚げ菓子が語源になっているといわれる。フィオス・デ・オヴォスに類似の菓子はまた、タイ王国ではフォーイ・トーン、カンボジアではワウィーと呼ばれており、タイの菓子の中でも鶏卵を用いるものはポルトガルの菓子の影響を受けている。ポルトガル移民はハワイ料理とニューイングランド料理にも影響を与えた。ポルトガル風の甘いパン(pão doce)、マラサダ、豆のスープ (sopa de feijão) やソーセージなどは、ハワイ州民の間で民族を問わず親しまれている。また、唐辛子を加えたソーセージの一種リングィーサは、英語で「ポーチュギーズ・ソーセージ」と呼ばれ、ポルトガル系移民の多かった米国のカリフォルニア州、ニューイングランドやハワイ、また移民を通じてハワイとの交流が盛んな沖縄などでも人気の高い食材となっている。ポルトガル料理 フレッシュアイペディアより)

  • ベビーカステラ

    ベビーカステラから見たカステラカステラ

    ベビーカステラとは、ホットケーキ・カステラのような生地を球状に焼いたもので、いわゆる粉ものの一種である。ベビーカステラ フレッシュアイペディアより)

  • 小泉斐

    小泉斐から見たカステラカステラ

    嘉寿天良頂戴図」1837年小泉斐 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たカステラカステラ

    食事の時に飲まれるほか、アルコール分を火で飛ばし様々な料理に風味付けや肉や魚などの臭み消し等の用途でみりん、日本酒、ワイン、ブランデー、ウィスキーなどが使用される。その他、パンの原材料としてや、漬物、饅頭やカステラなどの和菓子、チョコレートやケーキなどの洋菓子にも使われる。 フレッシュアイペディアより)

130件中 81 - 90件表示

「カステラ」のニューストピックワード