83件中 11 - 20件表示
  • カステラ

    カステラから見た銘菓

    ポルトガルから伝わった南蛮菓子を元に日本で独自に発展した和菓子である。ポルトガルには「カステラ」という名の菓子はなく、原型とされる菓子もカステラとは見た目も製法も異なる。日本におけるカステラは長崎が本場とされており、その「長崎カステラ」と呼ばれるものは、長崎県長崎市の福砂屋を元祖とし、長崎県の銘菓という意味ではなく、製法が同じものを総称している。正方形または長方形の大きな型に流し込んで、オーブンで焼いた後にさお型に切る。水飴を用いているので、しっとりとした食感がある。牛乳・抹茶・黒糖・チョコレート・チーズなどを加えて味付けをする変種も多い。カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見た抹茶

    ポルトガルから伝わった南蛮菓子を元に日本で独自に発展した和菓子である。ポルトガルには「カステラ」という名の菓子はなく、原型とされる菓子もカステラとは見た目も製法も異なる。日本におけるカステラは長崎が本場とされており、その「長崎カステラ」と呼ばれるものは、長崎県長崎市の福砂屋を元祖とし、長崎県の銘菓という意味ではなく、製法が同じものを総称している。正方形または長方形の大きな型に流し込んで、オーブンで焼いた後にさお型に切る。水飴を用いているので、しっとりとした食感がある。牛乳・抹茶・黒糖・チョコレート・チーズなどを加えて味付けをする変種も多い。カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見たパウンドケーキ

    江戸時代には菓子製造の盛んだった江戸・大坂を中心にカステラの日本化と、カステラを焼くための炭釜の改良が進められ、江戸時代中期には現在の長崎カステラの原型に近いものが作られている。長崎カステラの特徴である水飴の使用は、明治時代以降の西日本で始められたと言われ、これにより現在のしっとりとした食感となった。西日本においては、原型のパウンドケーキのようなさっくりとした感触が好まれなかったと見られる。伝来当時、平戸藩松浦家において、南蛮菓子としてカステラが宴会に出された時、その味に馴染めず、包丁方(料理人)がカステラを砂糖蜜で煮たという逸話もあり、これが上述の平戸名産「カスドース」の原型になったという説もある。カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見たクマ

    1900年(明治33年)創業:文明堂(長崎県長崎市・東京都新宿区など) 関東地方では、カンカンダンスを踊るクマの操り人形のCMで知られている。カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見た菓子

    カステラ(かすていら・家主貞良・加須底羅)は、鶏卵を泡立てて小麦粉、砂糖(水飴)を混ぜ合わせた生地をオーブンで焼いた菓子の一つである。カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見た関東地方

    1900年(明治33年)創業:文明堂(長崎県長崎市・東京都新宿区など) 関東地方では、カンカンダンスを踊るクマの操り人形のCMで知られている。カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見た郷土菓子

    桃カステラ(長崎の桃の節句に欠かせない郷土菓子カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見た砂糖

    カステラ(かすていら・家主貞良・加須底羅)は、鶏卵を泡立てて小麦粉、砂糖(水飴)を混ぜ合わせた生地をオーブンで焼いた菓子の一つである。カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見た室町時代

    一般的な説では、16世紀の室町時代末期にポルトガルの宣教師によって平戸や長崎に伝えられたとされる。当初のカステラは鶏卵、小麦粉、砂糖で作った簡素なものであり、ヨーロッパの菓子類としては珍しく乳製品を用いないことから、乳製品を生産、常用しない当時の日本にも残ることができた。カステラの製造に重要なオーブンは当時の日本には存在せず、オーブンに代替する天火として、引き釜という炭火を用いる日本独自の装置が考案された。広辞苑にはオランダ人から伝わったとされる説もある。従って、正確な伝来の詳細は不明である。カステラ フレッシュアイペディアより)

  • カステラ

    カステラから見た風月堂

    1747年(延享4年)創業:上野風月堂(東京都台東区) 東京式釜カステラを製造販売している。カステラ フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「カステラ」のニューストピックワード