前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示
  • 菱カドミウム鉱

    菱カドミウム鉱から見たカドミウムカドミウム

    組成は炭酸カドミウムであり、化学式はCdCO3。方解石のカドミウム置換体であり、したがって方解石と性質はよく似ている。菱カドミウム鉱 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見たカドミウムカドミウム

    カドミウムによる多発性近位尿細管機能異常症と骨軟化症を主な特徴とし、長期の経過をたどる慢性疾患が発症する。カドミウム汚染地域に長年住んでいてこの地域で生産された米や野菜を摂取したり、カドミウムに汚染された水を飲用するなどの生活歴による。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • 足尾鉱毒事件

    足尾鉱毒事件から見たカドミウムカドミウム

    対策の節で述べる工事が1897年から1927年にかけて行われると、表だった鉱毒被害は減少した。しかし、渡良瀬川に流れる鉱毒がなくなったわけではなかった。他の地域と異なり、渡良瀬川から直接農業用水を取水していた群馬県山田郡毛里田村(現太田市毛里田)とその周辺では、大正期以降、逆に鉱毒被害が増加したと言われる。1971年には毛里田で収穫された米からカドミウムが検出され出荷が停止された。古河鉱業はカドミウム被害は認めていないが、群馬県がこれを断定した。足尾鉱毒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 農用地の土壌の汚染防止等に関する法律

    農用地の土壌の汚染防止等に関する法律から見たカドミウムカドミウム

    「農用地の土壌の汚染防止等に関する法律」制定の直接のきっかけは、1968年、神通川流域(富山県)において、イタイイタイ病が発生したことである。イタイイタイ病は、神岡鉱山からの排水に含まれていたカドミウムによって河川水が汚染され、それを灌漑水として利用していた農地が汚染され、その上でこの農地で生産されたコメを摂取したことによる慢性中毒を原因とする公害病である。1970年、この公害事件を受けて国は、公害対策基本法(現行、環境基本法)に「土壌汚染」を追加するとともに、「農用地の土壌の汚染防止等に関する法律」を制定した。農用地の土壌の汚染防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌汚染

    土壌汚染から見たカドミウムカドミウム

    農薬を大量に使用した場合には、ダイオキシン類濃度が環境基準を超過する場合には汚染対策が必要である。食品衛生法上では玄米に含まれるカドミウムは1ppmと規定されている。土壌中のカドミウムは農作物に蓄積され、基準値以上のカドミウムを含む農作物は販売することが出来ない。農用地においてはカドミウムについても確認が必要である。詳しくは農用地の土壌の汚染防止等に関する法律の項を参照のこと。土壌汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 有害物質

    有害物質から見たカドミウムカドミウム

    カドミウムその他の人の健康に被害を生ずるおそれのある物質で政令で定めるもの」を「有害物質」とし、政令で、カドミウム及びその化合物、水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物、PCB等の物質を指定している。有害物質 フレッシュアイペディアより)

  • 水質汚濁防止法施行令

    水質汚濁防止法施行令から見たカドミウムカドミウム

    カドミウム等の物質(第二条)水質汚濁防止法施行令 フレッシュアイペディアより)

  • 環境基準

    環境基準から見たカドミウムカドミウム

    カドミウム、全シアン、鉛、六価クロム、砒素、総水銀、アルキル水銀、PCB、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、1,3-ジクロロプロペン、チウラム、シマジン、チオベンカルブ、ベンゼン、セレン、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素、ふっ素、ほう素、1,4-ジオキサン、ダイオキシン類環境基準 フレッシュアイペディアより)

  • 自然カドミウム

    自然カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    自然カドミウム (Cadmium・Native Cadmium) とは、元素鉱物に属する元素鉱物の1つである。結晶系は六方晶系。理想的な化学組成は Cd自然カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 無鉛化

    無鉛化から見たカドミウムカドミウム

    過去明らかな毒性を有する物質から無鉛化されてきており、白粉は明治末には無鉛化した。ガソリンも日本国内では1987年に完全無鉛化を達成(航空用を除く)。昭和初期まで水道管に使われた鉛管は順次取り替えられている(水道管の鉛の溶出は少なく、これが原因で中毒を起こすことは無い)。現在産業界では環境問題に最も先進的なEUのWEEE指令、特に「特定有害物質使用制限指令」(RoHS指令)やELV指令に則った鉛やカドミウムの使用を抑えた製品に切り替えつつある。無鉛化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示