189件中 91 - 100件表示
  • 尾平鉱山

    尾平鉱山から見たカドミウムカドミウム

    尾平鉱山の鉱害問題は戦後間もない頃から認識されてはいたが、本格的な対策が講じられるようになったのは昭和40年代に至ってからである。尾平鉱山を流れる奥嶽川でカドミウムが検出されたことにより、下流域の水田の土壌入れ替えや川の中和作業が行われるようになった。中和作業は半永久的に行う必要があるため閉山となった今もなお中和作業は続けられている。尾平鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • ファイトレメディエーション

    ファイトレメディエーションから見たカドミウムカドミウム

    対象となる有害物質はカドミウム、鉛などの重金属や、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)などの大気汚染物質の他、ヒ素、リン、セレン、トリクロロエチレン、窒素化合物、環境ホルモン、またウランをはじめとする放射性物質などであり、非常に多種多様な汚染物質を吸収できる。以下に詳細を記述。ファイトレメディエーション フレッシュアイペディアより)

  • 事故米不正転売事件

    事故米不正転売事件から見たカドミウムカドミウム

    2008年10月3日から、農林水産省は政府が保管する事故米穀を、三笠フーズなどの不正転売をうけ、焼却処分を順次行っていく。10月3日には北海道、茨城、山口の各農政事務所によって処分が開始された。約2か月後の11月末までに全国で同様の処分を計238トン行うとしている。さらに、重金属のカドミウムを含む米(カドミウム米)について、食品衛生法の残留基準値1ppm未満のものについては、2003年度までは政府が、2004年度以降は国の補助金で社団法人全国米麦改良協会が買取り、粉にしたうえで赤く着色し食用にできないようにして工業用原料(合板用・敷石用)として、年間約2400トン(2007年度)販売していたが、農林水産省は、10月14日に、カドミウム米についても事故米穀と同様に焼却処分にすることにした。事故米不正転売事件 フレッシュアイペディアより)

  • ポオポ湖

    ポオポ湖から見たカドミウムカドミウム

    ポオポ湖に運ばれた重金属の大半は、湖底に堆積しているものと思われる。湖水のヒ素・鉛・カドミウムの濃度は、ボリビアと世界保健機関が飲料水に適するとする基準値を上回っている。ポオポ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野鉱山

    吉野鉱山から見たカドミウムカドミウム

    戦後、日本鉱業が鉱区を統合し、操業を続けていたが、河川の酸性化、カドミウムの流出などの鉱毒問題が発生。1974年に閉山に追い込まれた。吉野鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 硫化カドミウム

    硫化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    硫化カドミウム(りゅうかカドミウム、Cadmium sulfide)は硫黄とカドミウムからなる無機化合物で、組成式 CdS の黄色の固体。カドミウムイオンの溶液に硫化物イオンを加えると得られる。天然には硫カドミウム鉱(グリーノッカイト)として産出するが、その量は少ない。硫化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 酸化クロム(VI)

    酸化クロム(VI)から見たカドミウムカドミウム

    酸化クロム(VI)は主にクロムめっきに用いられる。通常は酸化クロム(VI)自体と反応しない添加物を加えて行われる。カドミウムや亜鉛、その他の金属と反応させ、耐腐食性のクロム保護膜を形成する。酸化クロム(VI) フレッシュアイペディアより)

  • イルカ追い込み漁

    イルカ追い込み漁から見たカドミウムカドミウム

    生物濃縮のため、イルカの肉と脂身には、非常に高濃度の水銀、カドミウム、DDT、PCBのような有機汚染物質が含まれていることが分かっている。そのため、一部の研究者は、これらの濃度は頻繁にイルカ肉を摂取すると健康を害する程高いものであり、子供や妊婦は絶対に食すべきではないと警告している。太地町で学校給食にイルカやクジラの肉を使用することになった時には、この汚染への懸念から議論が起こされた。その結果、2006年に太地町の学校給食には推定150 kgのイルカ肉が提供されたが、2009年には汚染の問題からイルカ肉は学校給食のメニューから外された。学校給食に出されたものとほぼ同じスーパーマーケットで販売されていたイルカとクジラの肉のサンプルから検出された水銀とメチル水銀の濃度は日本の厚生労働省が規定する量の10倍であった。この水銀濃度の高さから日本のオークワ・スーパーマーケットは今後一切イルカ肉を店頭に置かないこととした。近年、日本でのイルカ肉の価格が低下しているところ、この汚染問題が原因との見方もあるが、調査捕鯨による副産物流通の増加やJAS法改正により「鯨肉」との表示ができなくなったことが原因との見方もある。イルカ追い込み漁 フレッシュアイペディアより)

  • 細倉鉱山

    細倉鉱山から見たカドミウムカドミウム

    細倉鉱山では鉱床地帯を中心にドーム状の構造が観察され、鉱床は東西約5キロ、南北約3キロ、地表に露頭となっている部分から約500メートルの深さまで分布している。鉱脈は全部で160本以上あり、鉱床が延びている方向は、北西ー南東方向、北東ー南西方向、東ー西方向、北ー南方向の4つの方向に分類されるが、多くの鉱床は北東ー南西方向へ延びており、また東ー西に延びる鉱床は細倉鉱山東部に分布しており、他のタイプよりも鉱脈の規模と鉱石の品位が著しく優れている。160本以上の鉱床が4つに大別される方向に延びているため、全体として見ると細倉鉱山の鉱床は網の目が複雑に絡み合ったような構造をしている。主要な鉱脈は10本あって、鉱脈の幅は最大部分では12メートルから15メートルに及ぶが、平均すると1.3メートルである。最大の鉱脈は総延長2200メートルに達するが、平均の長さは400メートルである。鉱脈の主要鉱物は方鉛鉱、閃亜鉛鉱、黄鉄鉱であり、銀、銅、ビスマス、カドミウムなども産出した。細倉鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 第12族元素

    第12族元素から見たカドミウムカドミウム

    第12族元素(だいじゅうにぞくげんそ)は亜鉛・カドミウム・水銀・コペルニシウムの総称。亜鉛族元素(あえんぞくげんそ)とも呼ばれる。第12族元素 フレッシュアイペディアより)

189件中 91 - 100件表示