226件中 91 - 100件表示
  • 新河岸川産業廃棄物処理対策

    新河岸川産業廃棄物処理対策から見たカドミウムカドミウム

    PCB、ダイオキシン類、重金属等(カドミウム、水銀、鉛、砒素、六価クロム)、揮発性有機化合物(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ベンゼン)新河岸川産業廃棄物処理対策 フレッシュアイペディアより)

  • 洞海湾

    洞海湾から見たカドミウムカドミウム

    しかし、洞海湾の沿岸に重化学工業が立地したことにより、湾内に工場からの汚染された廃水が流入し始め、公害を引き起こしていった。当時は公害対策基本法など環境保護の法律が未整備であったため、工場廃水に対する規制はなく、シアニド・カドミウム・ヒ素・水銀などの有害物質が海中に排出された結果、1942年には水質汚濁により漁獲量がゼロとなり、1960年代の高度経済成長期にはあまりの汚染された状況に対し「死の海」と呼ばれた。洞海湾 フレッシュアイペディアより)

  • 過酸化物

    過酸化物から見たカドミウムカドミウム

    アルカリ金属とカルシウム、ストロンチウム、バリウムの過酸化物はイオン性であるが、マグネシウムのような陽性金属とランタノイドおよびウランの過酸化物はイオン性と共有結合性の中間の性質を持つ。また、亜鉛、カドミウム、および水銀の過酸化物はほとんど共有結合性である。過酸化物 フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・シュトロマイヤー

    フリードリヒ・シュトロマイヤーから見たカドミウムカドミウム

    フリードリヒ・シュトロマイヤー(Friedrich Strohmeyer、1776年8月2日 - 1835年8月18日)は、ドイツの化学者。1817年にカドミウムを発見した。フリードリヒ・シュトロマイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 閃亜鉛鉱型

    閃亜鉛鉱型から見たカドミウムカドミウム

    硫化亜鉛であり、純粋なものは白 - 黄色透明であるが、天然に産する閃亜鉛鉱は濃赤 - 黒色不透明が多く、透明なものは非常に希である。これは不純物として含まれる鉄のためであり、色が白→黄色→橙→赤→濃赤→黒と右に行くほど鉄の含有率が高くなる。鉄は最高26%まで含まれ、鉄含有率の高いものは鉄閃亜鉛鉱とも呼ばれる。また少量のカドミウムを含み、カドミウム含有率が高くなるに従い赤みが強くなる(カドミウム含有率は最大5%)。鉄に乏しい褐色のものはべっ甲のような見た目になるため「べっ甲亜鉛」と呼ばれることもある。強い樹脂光沢またはダイヤモンド光沢を持ち、屈折率2.37。完全な劈開を持つ。新鮮な結晶面や、割ったときの壁開面に光が当たると非常に良く反射して見える。しかし長期間野外などに晒され続けると光輝はなくなってしまう。閃亜鉛鉱型 フレッシュアイペディアより)

  • 畑明郎

    畑明郎から見たカドミウムカドミウム

    拡大する中国のカドミウム汚染畑明郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大気化学

    大気化学から見たカドミウムカドミウム

    1989年にカリフォルニア州が大気中の有害物質を定めている。ベンゼン、二臭化エチレン、「二塩化エチレン、六価クロム、ダイオキシン、アスベスト、カドミウムなどがある。大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • Gomphus clavatus

    Gomphus clavatusから見たカドミウムカドミウム

    抽出物 から調製した G. clavatus フルーツ団体は高い抗酸化活性は、 高濃度の フェノール樹脂 および フラボノイド 化合物です。 フェノール化合物を明らかになった菌を含む protocatechuic酸は、 没食子酸は、 gentisic酸は、 vanillic酸は、 syringic酸, ケイ皮酸は、 caffeic酸は、 ferulic酸、 タンニン酸ます。 、化学分析のコレクションから南 エーゲスピー領域 のトルコの菌することを示唆した。 bioaccumulated の有害金属 カドミウムの 水準を超える最大の摂取が推奨する欧州連合 食品科学委員会です。Gomphus clavatus フレッシュアイペディアより)

  • ポリオレフィン等衛生協議会

    ポリオレフィン等衛生協議会から見たカドミウムカドミウム

    食品用プラスチック製器具・容器包装の食品と接触する面に使用する材質としてポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレン、ポリエチレンテレフタレートなど30種類の規格を定め、ポリマーや添加剤がポジティブリストに記載したもののみであることを確認する。材質試験(カドミウムや鉛などが含まれていないこと、など)や溶出試験(重金属などが食品中に溶出しないこと)などの結果、基準に適合した容器包装及びその原材料には、会員の申請に応じて確認証明書の交付、PLマークの使用許可を行う。継続して基準が守られているか確認するため、市販品の調査も実施している。ポリオレフィン等衛生協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 食品の自主規制

    食品の自主規制から見たカドミウムカドミウム

    国(農林水産省・食糧庁)は、イタイイタイ病の発生を受け、1970年よりカドミウムの含有量が1ppmを超える玄米の流通を禁止する一方、0.4ppm?1ppm未満の玄米については自主規制により食用に出荷させない措置を採った。これは、カドミウムの含有量が食品衛生上問題ない数値であっても、消費者の不安を配慮して流通させることができずに行ったものである。生産者の利害と消費者の要望を一致させるために、国が自ら法的規制ではなく自主規制を行った珍しい例である。なお2005年度以降については、(社)全国米麦改良協会が自主規制を行っている。食品の自主規制 フレッシュアイペディアより)

226件中 91 - 100件表示

「カドミウム」のニューストピックワード