226件中 11 - 20件表示
  • 公害病

    公害病から見たカドミウムカドミウム

    人体に有害な物質が、水(地下水や河川水)、空気中の浮遊物、ガス、食物などを通じ摂取されることによって、引き起こされる。狭義には、環境基本法に定義される公害が原因となる。大気汚染が原因のぜんそく、水質汚濁が原因の有機水銀中毒やカドミウム中毒、大気や川のヒ素汚染による慢性ヒ素中毒などがあげられる。近年は広義で、シックハウスが原因の揮発性有機化合物等の吸引によるアトピーやアレルギーや原子力発電所からの放射線汚染による人的被害も公害病と呼ばれることがある。公害病 フレッシュアイペディアより)

  • 重金属

    重金属から見たカドミウムカドミウム

    20世紀に入り、各種の鉱工業がさかんになると、鉱山や工場などからの廃液により人体に重金属が蓄積されて重度の障害を引き起こす公害病が多発した。産業廃棄物などから排出される重金属もまた、しばしば水源や土壌などの環境中に濃集して公害の原因となっている。代表的なものに、足尾銅山の鉱毒による被害、メチル水銀が引き起こした水俣病、カドミウムによるイタイイタイ病がある。重金属 フレッシュアイペディアより)

  • セシウム

    セシウムから見たカドミウムカドミウム

    Cs+ の塩は、アニオンが有色でない限りほとんど無色である。吸湿性であるものが多いが、他の軽いアルカリ金属よりはその度合いは弱い。セシウムの酢酸塩、炭酸塩、酸化物、硝酸塩、硫酸塩は水に可溶である。複塩の多くはあまり水に溶けないので、硫酸アルミニウムセシウムは鉱石からセシウムを精製するのに利用される。アンチモン、ビスマス、カドミウム、銅、鉄、鉛との複塩(たとえば CsSbCl4)も難溶性である。セシウム フレッシュアイペディアより)

  • エンバク

    エンバクから見たカドミウムカドミウム

    また最近ではカドミウムをはじめとする重金属の吸着にすぐれている性質を利用して、稲やソルガム(モロコシ)と共にカドミウムによる土壌汚染の修復(バイオレメディエーション)に利用される。エンバク フレッシュアイペディアより)

  • 亜鉛

    亜鉛から見たカドミウムカドミウム

    亜鉛の沸点が同族のカドミウム、水銀と同様に低いため、酸化亜鉛を木炭などで還元して金属を得ようとしても昇華してしまい煙突の先端で空気中の酸素と反応し酸化物に戻る。この場合、鉱石を還元して生成した蒸気を空気を遮断して冷却しなければ単体は得られない。亜鉛 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養素 (植物)

    栄養素 (植物)から見たカドミウムカドミウム

    硫黄の代謝経路はカドミウムなどの有害な重金属によって活性化される。重金属の解毒に関わるファイトケラチンやメタロチオネインはシステインを多く含んでいるため重金属の汚染環境では硫黄がより多く要求されるためと考えられているが、重金属がどのように活性化させているかは明らかとなっていない。カドミウムに対して感受性のシロイヌナズナ変異株(cad1)では、グルタチオン合成の鍵酵素γグルタミル?システイン合成酵素は損なわれている。ポプラの葉でグルタチオンの蓄積が促進されると、カドミウムへの耐性が向上する。栄養素 (植物) フレッシュアイペディアより)

  • 水質汚濁防止法施行令

    水質汚濁防止法施行令から見たカドミウムカドミウム

    カドミウム等の物質(第二条)水質汚濁防止法施行令 フレッシュアイペディアより)

  • 油絵具

    油絵具から見たカドミウムカドミウム

    無機顔料は金属元素と非金属元素からなる。ナトリウム、マグネシウム、アルミニウム、カリウム、チタニウム、バナジウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、ニッケル、銅、亜鉛、モリブデン、カドミウム、バリウム、水銀、鉛、ビスマスなどの金属元素と、酸素や硫黄、窒素、水素などの非金属元素からなる。油絵具 フレッシュアイペディアより)

  • ニッケル・カドミウム蓄電池

    ニッケル・カドミウム蓄電池から見たカドミウムカドミウム

    ニッケル・カドミウム蓄電池(ニッケル・カドミウムちくでんち、)とは、二次電池の一種で、正極に酸化水酸化ニッケル、負極にカドミウム、電解液に水酸化カリウム水溶液(苛性カリ・KOH aq.)を用いたアルカリ蓄電池である。ニッカド電池(三洋電機の商標(確認できず))、カドニカ電池(三洋電機の登録商標第1913742号)とも呼ばれる。ニッケル・カドミウム蓄電池 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌汚染

    土壌汚染から見たカドミウムカドミウム

    農薬を大量に使用した場合には、ダイオキシン類濃度が環境基準を超過する場合には汚染対策が必要である。食品衛生法上では玄米に含まれるカドミウムは1ppmと規定されている。土壌中のカドミウムは農作物に蓄積され、基準値以上のカドミウムを含む農作物は販売することが出来ない。農用地においてはカドミウムについても確認が必要である。詳しくは農用地の土壌の汚染防止等に関する法律の項を参照のこと。土壌汚染 フレッシュアイペディアより)

226件中 11 - 20件表示

「カドミウム」のニューストピックワード