189件中 21 - 30件表示
  • 久々利川

    久々利川から見たカドミウムカドミウム

    2003年(平成15年)4月、久々利川の水源にほど近い新滝ヶ洞溜池で、魚釣り大会のために放流した魚が大量死するという事件が発生した。調査の結果、上流の東海環状自動車道トンネル掘削残土処分場で、土中に含まれる黄鉄鉱と雨水が化学反応により硫酸が発生し、残土に含まれるカドミウムや亜鉛などの重金属類を溶かして流出したことが水質汚濁の原因であると判明した。久々利川 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田製錬

    秋田製錬から見たカドミウムカドミウム

    電気亜鉛のほか、電気カドミウムと硫酸の生産も行っている。秋田製錬 フレッシュアイペディアより)

  • 対馬銀山

    対馬銀山から見たカドミウムカドミウム

    付近では近年まで鉛、亜鉛などの採掘はおこなわれていたが、経年のカドミウム汚染や採算面などからすべて閉山されている。対馬銀山 フレッシュアイペディアより)

  • 中腸腺

    中腸腺から見たカドミウムカドミウム

    食品としては美味で栄養の豊富な部分でもあるが、二枚貝の場合には渦鞭毛藻などの有毒植物プランクトンを摂食したときに吸収された貝毒などがここに蓄積して食中毒の原因となったり、その中でもホタテガイなどではカドミウムやヒ素といった重金属の濃縮が認められる、あるいはサザエやアワビのような海藻食の巻貝では季節によりポルフィリンなど葉緑素の分解産物が蓄積して光過敏症の原因となるなど、扱いに注意を要する場合がある。中腸腺 フレッシュアイペディアより)

  • 制御材

    制御材から見たカドミウムカドミウム

    加圧水型原子炉では銀・インジウム・カドミウムの合金が、沸騰水型原子炉では炭化ホウ素 (B4C) ・ハフニウムのどちらか、または両者の組み合わせが使用される。制御材 フレッシュアイペディアより)

  • 二元化合物

    二元化合物から見たカドミウムカドミウム

    このタイプの化合物に含まれるカチオンは、遷移金属、カドミウム、あるいは水銀のカチオンである。これらのカチオンは数種類の電荷をとることができるため、元素名の後ろにローマ数字で酸化数を付加する必要がある。例えば、Cu2+ は「銅(II)」となる。その後はタイプ1と同様に命名する。二元化合物 フレッシュアイペディアより)

  • ジンクホワイト

    ジンクホワイトから見たカドミウムカドミウム

    このように扱いの難しい絵具であるが、大正以降画家の多くが安易にこの絵具を使用したため、損傷を起こす例が多い。これは、それまで使われていたシルバー・ホワイトが鉛中毒の危険性があると強調され(実際は経口摂取しなければ問題ない)、また当時の技法書に硫化物系のヴァーミリオンやカドミウム系の絵具と混色した場合黒変すると記されていたため(これも通常の環境下では起こらない)である。ジンクホワイト フレッシュアイペディアより)

  • 水酸化カドミウム

    水酸化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    水酸化カドミウム(すいさんかカドミウム、Cadmium hydroxide)は、化学式 Cd(OH)2 で表されるカドミウムの水酸化物である。水酸化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • シアン化カドミウム

    シアン化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    シアン化カドミウム(シアンかカドミウム、英 Cadmium cyanide)はカドミウムのシアン化物。白色の結晶で、強い毒性がある。シアン化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 硝酸カドミウム

    硝酸カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    硝酸カドミウム(しょうさんカドミウム、英 Cadmium nitrate)はカドミウムの硝酸塩で、化学式Cd(NO3)2で表される無機化合物。無水物と数種類の水和物があるが、一般には四水和物が流通している。潮解性のある白色の結晶で、人体に対し発癌性がある。日本の毒劇法では劇物に分類されている。硝酸カドミウム フレッシュアイペディアより)

189件中 21 - 30件表示