226件中 31 - 40件表示
  • メタロチオネイン

    メタロチオネインから見たカドミウムカドミウム

    メタロチオネイン (metallothionein) は、1957年にMargoshesとValleeによってウマの腎臓からカドミウムを結合するタンパク質として発見された、金属結合性のタンパク質である。その名前の由来は金属 (metal) と硫黄 (thio) を豊富に含むタンパク質 (nein) から名付けられた。メタロチオネインは全ての動物細胞に存在し、植物中にはファイトケラチンが認められる。分子中に最大7-12個の重金属イオンを結合できることから、必須微量元素の恒常性維持あるいは重金属元素の解毒の役割を果たしていると考えられている。また、抗酸化性タンパク質としても注目されている。メタロチオネイン フレッシュアイペディアより)

  • 臭化カドミウム

    臭化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    臭化カドミウム(しゅうかカドミウム、英 Cadmium bromide)はカドミウムの臭化物で、化学式CdBr2で表される。無水物、一水和物、四水和物があり、一般には四水和物が流通している。臭化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 久々利川

    久々利川から見たカドミウムカドミウム

    2003年(平成15年)4月、久々利川の水源にほど近い新滝ヶ洞溜池で、魚釣り大会のために放流した魚が大量死するという事件が発生した。調査の結果、上流の東海環状自動車道トンネル掘削残土処分場で、土中に含まれる黄鉄鉱と雨水が化学反応により硫酸が発生し、残土に含まれるカドミウムや亜鉛などの重金属類を溶かして流出したことが水質汚濁の原因であると判明した。久々利川 フレッシュアイペディアより)

  • シアン化カドミウム

    シアン化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    シアン化カドミウム(シアンかカドミウム、英 Cadmium cyanide)はカドミウムのシアン化物。白色の結晶で、強い毒性がある。シアン化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • アントラニル酸

    アントラニル酸から見たカドミウムカドミウム

    アントラニル酸はカドミウムや水銀など多くの金属イオンと反応してキレート錯体を形成する。このアントラニル酸錯体は弱酸性条件において沈殿を生成するため、金属イオンの定量分析に利用することができる。アントラニル酸 フレッシュアイペディアより)

  • 二元化合物

    二元化合物から見たカドミウムカドミウム

    このタイプの化合物に含まれるカチオンは、遷移金属、カドミウム、あるいは水銀のカチオンである。これらのカチオンは数種類の電荷をとることができるため、元素名の後ろにローマ数字で酸化数を付加する必要がある。例えば、Cu2+ は「銅(II)」となる。その後はタイプ1と同様に命名する。二元化合物 フレッシュアイペディアより)

  • 反ニュートリノ

    反ニュートリノから見たカドミウムカドミウム

    反ニュートリノは、制御可能な反ニュートリノ源としての原子炉の隣に取り付けられた水の大容量タンクの中で、カドミウム原子核との反応が最初に検出された。反ニュートリノ フレッシュアイペディアより)

  • ヒューム‐ロザリーの法則

    ヒューム‐ロザリーの法則から見たカドミウムカドミウム

    ほとんど固溶しない:Ag、B、Cd、Mg、O、Pb、Sヒューム‐ロザリーの法則 フレッシュアイペディアより)

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌から見たカドミウムカドミウム

    喫煙は本症の主要な危険因子であり,30%増大させる。その他に肥満(特に女性)、カドミウム、一部の解熱鎮痛薬の長期使用(アセトアミノフェン、フェナセチン)なども本症の危険因子である。腎細胞癌 フレッシュアイペディアより)

  • ラブリオ

    ラブリオから見たカドミウムカドミウム

    20世紀はじめに、フランスとギリシャの企業が当地で鉱山の再開発に取り組んだが、おもに採掘されたのは鉛、マンガン、カドミウムであった。ラブリオ フレッシュアイペディアより)

226件中 31 - 40件表示

「カドミウム」のニューストピックワード