226件中 41 - 50件表示
  • 臨界安全

    臨界安全から見たカドミウムカドミウム

    吸収: 吸収によって、中性子は体系から取り除かれる。強い吸収体は、臨界を制御したり止めたりするのに使われる。よい吸収体としては、硼素、カドミウム、ガドリニウム、銀、インジウムがある。臨界安全 フレッシュアイペディアより)

  • ウスキモリノカサ

    ウスキモリノカサから見たカドミウムカドミウム

    カドミウムの集積性が知られている。また、実験室内での培養試験によれば、1リットルあたり0.5mgのカドミウムが含まれる培養液を用いることで、生長率(単位時間当たりの菌糸重量)は約2倍になったという。この性質は、cadmium-mycophosphatinと命名された低分子量の金属結合たんぱく質の存在によるものであるといわれている。ウスキモリノカサ フレッシュアイペディアより)

  • ターボマグナム

    ターボマグナムから見たカドミウムカドミウム

    ニッケルカドミウム充電池を備え、充電器から急速充電することで走らせる事ができた。モーターと車輪が直結されており、歯車で減速せずに駆動された。小さいながらもチョロQ同様に速度は速かった。ターボマグナム フレッシュアイペディアより)

  • 銀の同位体

    銀の同位体から見たカドミウムカドミウム

    銀の同位体の原子量は93.943(94Ag)から123.929(124Ag)の間にある。最も安定な107Agよりも軽い同位体は電子捕獲によりパラジウムに、107Agよりも重い同位体はベータ崩壊によりカドミウムになる。銀の同位体 フレッシュアイペディアより)

  • 補因子

    補因子から見たカドミウムカドミウム

    加えて、他の有機体では、Azotobacterのような窒素固定を行うバクテリアのニトロゲナーゼのバナジウム、Pyrococcus furiosusのような好熱性古細菌のアルデヒドフェレドキシンオキシドレダクターゼのタングステン、そしてタラシオシラ・ワイスフロッギーのような海洋性珪藻類の炭酸脱水酵素のカドミウム などがある。補因子 フレッシュアイペディアより)

  • ウンベリフェロン

    ウンベリフェロンから見たカドミウムカドミウム

    銅やカドミウムなどの金属イオンの蛍光インジケーターとしても使うことができる。また、pH 6.5 - 8.9の間のpH指示薬に用いることができる。ウンベリフェロン フレッシュアイペディアより)

  • フェロプラズマ属

    フェロプラズマ属から見たカドミウムカドミウム

    分布としては強い酸性の黄鉄鉱鉱山廃水などに生息する。主に好気条件で2価の鉄などを酸化して独立又は従属栄養的に増殖している。細胞壁を持たないため細胞は柔軟性に富み複雑な形をしている。鞭毛は無い。増殖最適条件は30-50℃、pH1.5程度で、pH0での増殖も報告されている。金属類に対する耐性が極めて強く、高濃度の銅、カドミウム、ヒ素、亜鉛などの重金属含有培地で増殖が可能である。フェロプラズマ属 フレッシュアイペディアより)

  • カブウェ

    カブウェから見たカドミウムカドミウム

    カブウェ(Kabwe)は、ザンビアの都市。1967年までの旧名はブロークン・ヒル(Broken Hill)。中央州の州都である。2000年当時の人口は177,000人。ザンビアのほぼ中央にあり、首都ルサカから130km北、カピリ・ムポシから60km南に離れている。大鉱山を擁する鉱業都市で、亜鉛と鉛をはじめ、銀、マンガン、カドミウム、チタンなども産出する。カブウェ フレッシュアイペディアより)

  • テルル化水銀

    テルル化水銀から見たカドミウムカドミウム

    テルルと水銀の結合は弱く、その生成熱はおよそ-32 kJ/molである。これは、水銀の同族元素であるカドミウムとテルルとの化合物であるテルル化カドミウムの生成熱と比較して1/3にも満たない。テルル化水銀は、例えば臭化水素酸のような酸によって容易に腐食される。テルル化水銀 フレッシュアイペディアより)

  • 水質汚濁防止法

    水質汚濁防止法から見たカドミウムカドミウム

    カドミウム及びその化合物 - シアン化合物水質汚濁防止法 フレッシュアイペディアより)

226件中 41 - 50件表示

「カドミウム」のニューストピックワード