189件中 41 - 50件表示
  • 酢酸カドミウム

    酢酸カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    酢酸カドミウム(さくさんカドミウム、英Cadmium acetate)はカドミウムの酢酸塩で、化学式Cd(CH3COO)2で表される化合物。無水物と二水和物とがある酢酸カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 銅山

    銅山から見たカドミウムカドミウム

    銅山による鉱毒公害は、2つの要素に分けられる。ひとつは、銅イオンや銅鉱石に含まれる砒素・カドミウム・硫酸成分をはじめとした重金属・有害化学物質による水系汚染であり、もうひとつは精錬に際して生じる亜硫酸ガスなどによる大気汚染である。前者は、流域の農作物などに被害を与え、後者は精錬所周辺の植物に被害を与えた。銅山 フレッシュアイペディアより)

  • グリコールエーテルジアミン四酢酸

    グリコールエーテルジアミン四酢酸から見たカドミウムカドミウム

    EGTAはの一種であり、同種のよく知られるキレート剤にはEDTAがある。EGTAはEDTAに比べキレート生成定数が低いが、金属イオンに対する特異性が異なり、Mg2+ に比べ、Ca2+ や Cd2+ に対し選択的に働く。この性質から、カルシウムとマグネシウムの混合液のカルシウム選択滴定をすることができる。ほかには、酵素活性、生体膜、筋肉等における Ca2+ の生理機能解析にも応用される。グリコールエーテルジアミン四酢酸 フレッシュアイペディアより)

  • 酸化カドミウム

    酸化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    酸化カドミウム(さんかカドミウム、Cadmium oxide)は、化学式 CdO で表されるカドミウムの酸化物である。日本国内では毒物及び劇物取締法により劇物に指定される。酸化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム中毒

    カドミウム中毒から見たカドミウムカドミウム

    カドミウム中毒(カドミウムちゅうどく)は、カドミウムによる中毒。カドミウムは人体の構成に不可欠な物質ではない。カドミウムとその化合物は低濃度でも極めて強い毒性を示し、生物の体内や生態系で生物濃縮を引き起こす。カドミウム中毒 フレッシュアイペディアより)

  • 東邦亜鉛

    東邦亜鉛から見たカドミウムカドミウム

    亜鉛・鉛事業本部および環境・リサイクル事業部管轄。亜鉛製錬所で、亜鉛・カドミウム・機械部品などを生産する。東邦亜鉛 フレッシュアイペディアより)

  • 臭化カドミウム

    臭化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    臭化カドミウム(しゅうかカドミウム、英 Cadmium bromide)はカドミウムの臭化物で、化学式CdBr2で表される。無水物、一水和物、四水和物があり、一般には四水和物が流通している。臭化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 神岡鉱山

    神岡鉱山から見たカドミウムカドミウム

    神岡鉱山の亜鉛鉱石の主要鉱物である閃亜鉛鉱に含まれるカドミウムを原因とする、富山県神通川流域で発生した大規模な公害である。この公害により最も大きく発生した被害は、布団をかぶせただけで骨折し「痛い、痛い(いたい、いたい)」と叫んでしまう「イタイイタイ病」と呼ばれる公害病である。患者が神岡鉱山を操業していた三井金属鉱業株式会社(当時)を相手取り集団提訴し、1971年富山地方裁判所で患者原告が勝訴、名古屋高等裁判所金沢支部でも勝訴した。日本の四大公害病裁判において、最初の原告勝訴判決で、その後の公害病裁判に大きな影響を与えた。神岡鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • アントラニル酸

    アントラニル酸から見たカドミウムカドミウム

    アントラニル酸はカドミウムや水銀など多くの金属イオンと反応してキレート錯体を形成する。このアントラニル酸錯体は弱酸性条件において沈殿を生成するため、金属イオンの定量分析に利用することができる。アントラニル酸 フレッシュアイペディアより)

  • 柏井町 (市川市)

    柏井町 (市川市)から見たカドミウムカドミウム

    森本(1993)によれば、市川市は不耕作農地率が関東地方の大都市周辺部では高いが、集約的な農業的土地利用がなされている地域である。柏井町四丁目に関しては、北部が標高6〜7mの沖積低地、南部は3層の段丘から成る洪積台地で、最も高い段丘の標高は24〜25mという地形条件である。1970年代から脱農化・兼業化が進み、畑や田の面積が減り、全耕地面積に占める果樹園の比率が増加した。これは野菜の露地栽培と稲作を組み合わせる生産形態が、施設園芸と果樹栽培に移行したことによるもので、1990年にはイネの作付は0となった(1960年代後半から1970年代前半に河川の水質が悪化、1973年(昭和48年)9月に柏井町三丁目でコメからカドミウムが検出されたことが背景にある)。ここで栽培されているものは、キュウリ・トマト・ネギ・ダイコン・ナシ(幸水・豊水)などである。柏井町 (市川市) フレッシュアイペディアより)

189件中 41 - 50件表示