189件中 51 - 60件表示
  • 半導体検出器

    半導体検出器から見たカドミウムカドミウム

    分解能に非常に優れているため低レベル放射線でも感度よく計測できる。しかし裏をかえせば特定の試料の放射線を計測したい場合、バックグラウンドレベルの放射能でもノイズとなる。このため、試料の放射線を測定するには遮蔽体で検出器を覆う必要がある。特に厚さ10 cm程度の鉛で検出器を覆い、更に内部に1 mm程度のカドミウム、さらにはその内側に1 mm程度の銅で覆うことによって、ほとんどのノイズ放射線を除去できる。鉛の同位体からの放射線や80 keVの鉛の特性X線はカドミウムによって遮蔽され、銅はカドミウムの23 keVの特性X線を遮蔽するのに用いる。しかしカドミウムの特性X線レベルの放射線に対してはGe半導体検出器は感度が皆無であるので、測定可能エネルギー領域が広い検出器に対しては有効である。検出器に数mm程度のアクリルなどのプラスチックキャップをかぶせる事があるが、これはベータ線などの電子を遮蔽する事と、制動放射の抑制が目的である。半導体検出器 フレッシュアイペディアより)

  • 公害防止管理者

    公害防止管理者から見たカドミウムカドミウム

    カドミウム・その他の化合物、塩素・塩化水素、ふっ素、ふッ化水素・ふッ化けい素、又は、鉛化合物を含むばい煙を発生する施設(大気関係有害物質発生施設)で、排出ガス量が1時間当たり4万m3以上の工場に設置されるもの。公害防止管理者 フレッシュアイペディアより)

  • 酒石酸カリウムナトリウム

    酒石酸カリウムナトリウムから見たカドミウムカドミウム

    水への溶解度が高く、また水中で電離しキレート作用を持つ酒石酸イオンが生じるため、弱塩基性キレート剤として広く利用されている。工業的にはめっき液の成分として、化学分析においてはフェーリング試験・ベルトラン試液・ビウレット試験・ネスラー試験、カドミウムの定量などで試薬のひとつとして加えられる。酒石酸カリウムナトリウム フレッシュアイペディアより)

  • 電鉄石田駅

    電鉄石田駅から見たカドミウムカドミウム

    北側には黒部市石田地区(かつての石田村)の住宅が立ち並んでおり、駅前の通り(富山県道123号石田停車場線)には菓子店、食料品店など数軒が並んでいる。南側には田園と旧日鉱社宅から始まった少し新しい住宅地がJX金属黒部ガルバ株式会社の敷地(旧三日市精錬所)のカドミ汚染田跡地に行き着くまで広がる。電鉄石田駅 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の日本の女性史

    1971年の日本の女性史から見たカドミウムカドミウム

    2月1日 東邦亜鉛安中工場の女子従業員の自殺遺体から世界最高濃度のカドミウム検出1971年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・バビネ

    ジャック・バビネから見たカドミウムカドミウム

    バビネの業績には、1827年にカドミウムからの赤色の光の波長によって、オングストロームの長さの定義を標準化したこと、光の回折における、バビネーの原理、すなわち回折をおこさせるスクリーンのパターンが完全に逆の2つのスクリーンは同じ回折パターンを生じることを示した。光の波長を長さの標準として用いる提案をしたのはバビネーであり、このアイデアは後に長さの標準として実際に用いられた。ジャック・バビネ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン条約 (1972年)

    ロンドン条約 (1972年)から見たカドミウムカドミウム

    7項目の物質(有機ハロゲン、水銀、カドミウム、持続性プラスチックの浮遊物、廃油、放射性物質、生物兵器・化学兵器)及びこれらを含有する廃棄物その他の物ロンドン条約 (1972年) フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電の環境性能

    太陽光発電の環境性能から見たカドミウムカドミウム

    カドミウムテルル太陽電池は毒性物質であるカドミウム(Cd)を用いる。製造工程における従業員の安全管理には注意が必要であるが、粉砕・焼却しない限り、通常の使用状態においてカドミウムは漏出しない。火事等の事故に際しても放出は限定的である。太陽光発電の環境性能 フレッシュアイペディアより)

  • 荒金鉱山

    荒金鉱山から見たカドミウムカドミウム

    現在、坑排水処理事業が行われており、鉱山から流れ出る強酸性の水を科学的に中和して水質を改善し、強酸性水や有害物質(鉄・銅・鉛・カドミウム)などが環境に与える悪影響を取り除く取り組みが行われている。荒金鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • メタロチオネイン

    メタロチオネインから見たカドミウムカドミウム

    メタロチオネイン (metallothionein) は、1957年にMargoshesとValleeによってウマの腎臓からカドミウムを結合するタンパク質として発見された、金属結合性のタンパク質である。その名前の由来は金属 (metal) と硫黄 (thio) を豊富に含むタンパク質 (nein) から名付けられた。メタロチオネインは全ての動物細胞に存在し、植物中にはファイトケラチンが認められる。分子中に最大7-12個の重金属イオンを結合できることから、必須微量元素の恒常性維持あるいは重金属元素の解毒の役割を果たしていると考えられている。また、抗酸化性タンパク質としても注目されている。メタロチオネイン フレッシュアイペディアより)

189件中 51 - 60件表示