189件中 61 - 70件表示
  • ポリオレフィン等衛生協議会

    ポリオレフィン等衛生協議会から見たカドミウムカドミウム

    食品用プラスチック容器・包装のうち、食品と接触する面に使用する材質をポリスチレン、ポリプロピレン、ナイロン、ポリエチレンテレフタラートなど28種類と定め、ポリマーや添加剤についてはポジティブリストに記載したもののみとする。材質試験(カドミウムや鉛などが含まれていないこと、など)や溶出試験(重金属などが食品中に溶出しないこと)などを行い、基準に適合した容器類には、会員の申請に応じて確認証明書の交付、PLマークの使用許可を行う。継続して基準が守られているか確認するため、市販品の調査も実施している。ポリオレフィン等衛生協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 水質汚濁防止法

    水質汚濁防止法から見たカドミウムカドミウム

    カドミウム及びその化合物 - シアン化合物水質汚濁防止法 フレッシュアイペディアより)

  • 安中公害訴訟

    安中公害訴訟から見たカドミウムカドミウム

    東邦亜鉛安中製錬所の排煙、廃液によるもので、原因物質はカドミウム。付近の田畑で稲や桑の立ち枯れ、カイコの生育不良、碓氷川の魚の大量死などが主な被害である。安中公害訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • カドミウムの同位体

    カドミウムの同位体から見たカドミウムカドミウム

    カドミウム(Cd)の同位体のうち天然に生成するものには、8種類がある。そのうち2種類は放射性同位体であり、3つは放射性同位体であると推測されているが、極めて長い半減期のために崩壊は観測されていない。放射性同位体113Cdは半減期7.7×1015年でベータ崩壊し、116Cdは半減期2.9×1019年で二重ベータ崩壊する。その他、106Cd、116Cdは二重電子捕獲、114Cdは二重ベータ崩壊を起こすと考えられている。また、少なくとも3つの同位体110Cd、111Cd、112Cdは極めて安定である。天然に存在しないものでは、109Cdが462.6日、115Cdが53.46時間と比較的長い半減期を持つ。その他全ての半減期は2.5時間以下であり、ほとんどは5分以下である。8種類の核異性体も知られ、最も安定なものは113mCdで半減期は14.1年であり、その他、半減期44.6日の115mCd、半減期3.36時間の117mCdがある。カドミウムの同位体 フレッシュアイペディアより)

  • 洞海湾

    洞海湾から見たカドミウムカドミウム

    しかし、洞海湾の沿岸に重化学工業が立地したことにより、湾内に工場からの汚染された廃水が流入し始め、公害を引き起こしていった。当時は公害対策基本法など環境保護の法律が未整備であったため、工場廃水に対する規制はなく、シアニド・カドミウム・ヒ素・水銀などの有害物質が海中に排出された結果、1942年には水質汚濁により漁獲量がゼロとなり、1960年代の高度経済成長期にはあまりの汚染された状況に対し「死の海」と呼ばれた。洞海湾 フレッシュアイペディアより)

  • ELV指令

    ELV指令から見たカドミウムカドミウム

    2003年7月1日以降に市場に出される自動車部品や材料に、鉛、水銀、カドミウム、六価クロムが含まれていてはならない。例えば、従来ボルト・ナットなどの錆止めに六価クロムをつかっためっきが一般的に行われていたが、六価クロムは強い毒性をもち、六価クロムを含む廃液・鉱滓などによる環境汚染・健康被害でしばしば問題を起こしていた。現在ではおもに無害な三価クロムを使用しためっきに置き換えられている。ELV指令 フレッシュアイペディアより)

  • テルル化カドミウム

    テルル化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    テルル化カドミウム () は、組成式CdTeで表される、カドミウムとテルルから成る結晶性の無機化合物である。赤外光学窓や太陽電池の材料として用いられる。硫化カドミウムで挟み、p-n接合型太陽電池とする用途が知られている。テルル化カドミウムから成る電池は、典型的なn-i-p構造を有している。テルル化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • エレメンタッチ

    エレメンタッチから見たカドミウムカドミウム

    加えて安定な原子価が同じ元素は縦に並んでいるので、従来の周期表では表現しきれない、化合物における元素の特徴も表せる。たとえばイオンの性質が似ているカルシウムとカドミウム、チタンとスズ、イットリウムとランタンとルテチウムは、従来の周期表では離れていたが、エレメンタッチでは同じ縦の列に並んでいる。エレメンタッチ フレッシュアイペディアより)

  • 汚染者負担原則

    汚染者負担原則から見たカドミウムカドミウム

    1950年代にさかのぼる水俣病をはじめ、有機水銀、カドミウム汚染による「公害先進国」である日本では、1960年代から1970年代にかけて公害被害者救済の立ち遅れが厳しく糾弾された。これを背景に、日本では、OECD案にある企業の汚染防止費用の負担だけではなく、汚染環境の修復費用や公害被害者の補償費用についても汚染者負担を基本とする考え方が一般的であり、この拡張したPPP解釈である「汚染者負担原則」に立って、1973年に「公害健康被害補償法」が制定された。汚染者負担原則 フレッシュアイペディアより)

  • 超電導リニア

    超電導リニアから見たカドミウムカドミウム

    超電導リニアは地上一次式であるため、車両推進に関わる電力は車両側で持つ必要はないが、車載超電導磁石の冷却器、その他の制御や室内の照明・空調等に使用するための電力は当然必要となる。今まで、ニッケル・カドミウム形の蓄電池や誘導集電装置による非接触給電、ガスタービンによる発電などが試された。営業線では誘導集電による方法が採用されるものと考えられる(上記)。超電導リニア フレッシュアイペディアより)

189件中 61 - 70件表示