189件中 71 - 80件表示
  • 銀の同位体

    銀の同位体から見たカドミウムカドミウム

    銀の同位体の原子量は93.943(94Ag)から123.929(124Ag)の間にある。最も安定な107Agよりも軽い同位体は電子捕獲によりパラジウムに、107Agよりも重い同位体はベータ崩壊によりカドミウムになる。銀の同位体 フレッシュアイペディアより)

  • レオポルド・グメリン

    レオポルド・グメリンから見たカドミウムカドミウム

    父からは化学を学び、従兄のフェルディナントからは医学と薬学を学び、ゲッティンゲン大学ではカドミウムの発見者で名高いフリードリヒ・シュトロマイヤーに影響され化学や薬品を、エバーハルト・カール大学テュービンゲン、ウィーン大学でも学んだ。その後はパリでフランスの化学者、物理学者であるジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック、同国の化学者、薬剤師のルイ=ニコラ・ヴォークランの元で指導を受けた。レオポルド・グメリン フレッシュアイペディアより)

  • ゲルマン (化合物)

    ゲルマン (化合物)から見たカドミウムカドミウム

    電気化学的還元法は、モリブデンやカドミウムのような金属からなる陽極対電極、および電解質水溶液に浸漬された金属ゲルマニウム陰極に電圧をかけて行う。この方法では陰極が反応し、固体の酸化モリブデンまたは酸化カドミウムが生じる一方で、ゲルマンおよび水素ガスが陽極から発生する。ゲルマン (化合物) フレッシュアイペディアより)

  • 電気電子機器廃棄物

    電気電子機器廃棄物から見たカドミウムカドミウム

    電気・電子製品の廃棄物には、鉛・カドミウム・水銀などの有害物質を含むものが多く、近年その急増が環境問題として取り上げられ、とくに発展途上国における悪化が問題視されている。日本の家電リサイクル法によって中古家電製品が途上国に輸出され、その結果としてE-waste問題に拍車をかけていることが指摘されている。一方、携帯電話などの廃棄物から金・銀などのレアメタルが回収できることも指摘されており、都市鉱山としての資源価値も検討され始めている。電気電子機器廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • ガス化溶融炉

    ガス化溶融炉から見たカドミウムカドミウム

    高温によって水銀やカドミウムなどの重金属がガス化され、大気中に放出されてしまう危険性を指摘する意見もあるが、一般的には排出ガスから煤塵などを除去するためにバグフィルターと呼ばれる装置を通す。その前段では200℃程度に急速冷却されるため、気化した重金属は液体や固体になり除去されるとされている。ガス化溶融炉 フレッシュアイペディアより)

  • 水質汚濁

    水質汚濁から見たカドミウムカドミウム

    有害物質による水質汚濁の原因としては、カドミウム、鉛などの重金属や有機水銀、揮発性有機化合物 (VOC) などで蓄積性、発癌性を持つ物質があげられる。主に工場排水や産業廃棄物が発生源として警戒される。水質汚濁 フレッシュアイペディアより)

  • アカウキクサ属

    アカウキクサ属から見たカドミウムカドミウム

    また、農業利用以外の用途として、土壌や水中の有害金属を除去するファイトレメディエーションにアカウキクサを用いることが提案されており、カドミウムや水銀を植物体中に取り込んで除去できるとする研究結果も報告されている。アカウキクサ属 フレッシュアイペディアより)

  • 超純水

    超純水から見たカドミウムカドミウム

    炉心に接する一次冷却水では、不純物(特にホウ素やカドミウムなど反応断面積が大きい核種)が放射化による二次放射能を持ちうるため、これを防ぐために用いられる(加圧水型原子炉では、高純度のホウ酸を溶解し制御する)超純水 フレッシュアイペディアより)

  • フェロプラズマ属

    フェロプラズマ属から見たカドミウムカドミウム

    分布としては強い酸性の黄鉄鉱鉱山廃水などに生息する。主に好気条件で2価の鉄などを酸化して独立又は従属栄養的に増殖している。細胞壁を持たないため細胞は柔軟性に富み複雑な形をしている。鞭毛は無い。増殖最適条件は30-50℃、pH1.5程度で、pH0での増殖も報告されている。金属類に対する耐性が極めて強く、高濃度の銅、カドミウム、ヒ素、亜鉛などの重金属含有培地で増殖が可能である。フェロプラズマ属 フレッシュアイペディアより)

  • カドミウムイエロー

    カドミウムイエローから見たカドミウムカドミウム

    硫化カドミウムを主成分とするものは橙黄色?鮮黄色を呈し、硫化カドミウム-硫化亜鉛(硫化カドミウムと硫化亜鉛の固溶体)を主成分とするものは鮮黄色?淡黄色。着色力が大きく、耐アルカリ性・耐熱性・耐光性に優れているが、耐酸性が低く、カドミウムを含んでいるため有毒で高価である。かつては優れた耐熱性を利用してプラスチックの着色に多く使われてきたことでも知られている。アゾ系の黄色有機顔料が登場してからも、鮮明性に優れている為、塗料・インク、プラスチック・ゴム・ガラス・陶磁器の着色に使用されてきたが、カドミウムイエローと同等の堅牢性を持つ比較的鮮やかな黄色無機顔料のビスマスバナジウム黄が登場してからはビスマスバナジウムイエローに置き換えられ、2007年現在カドミウムイエローは絵具やプラスチックの着色に使われるのみとなっている。カドミウムイエローは淡色のものは淡色のビスマスバナジウム黄にも似た色合いであるが、濃色のカドミウム黄は濃色のビスマスバナジウム黄では到底及ばない、高彩度で不透明性の高い無機顔料である。カドミウムイエロー フレッシュアイペディアより)

189件中 71 - 80件表示