189件中 81 - 90件表示
  • 地下水汚染

    地下水汚染から見たカドミウムカドミウム

    2006年12月21日環境省は2005年度地下水質測定結果を公表。調査対象4,122本の井戸のうち、174本で地下水中の硝酸性窒素濃度(亜硝酸性窒素含む)が環境基準(10mg/L)を超過した。この超過率4.2%は、カドミウムや鉛などの他の調査項目と比べて最も高い。硝酸性窒素による地下水汚染は、肥料の過剰投与や家畜ふん尿などの帯水層への浸透が原因と考えられている。窒素肥料を施肥した地域全域が地下水の汚染源となっているように、広い地域が地下水の汚染源となっている事を、ノンポイントソースと言う。ノンポイントソース汚染源対策は、汚染源が広域であるため、汚染源に対する直接の対策が困難であることや、汚染原因者負担の法則(汚染者負担原則)の厳格な適用が困難という性質がある。地下水汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 底質汚染

    底質汚染から見たカドミウムカドミウム

    環境白書に底質についての言及が現れたのは昭和46年版公害白書であり、それまでは典型公害として、大気汚染、水質汚濁、騒音、振動、地盤の沈下、悪臭の6種を公害の対象として捕らえていたが、冷却用水等による温排水問題やヘドロ問題に対処すれる為に「水底の底質の悪化」を公害の対象として認識するようになった。ここで言う「ヘドロ問題」とは東京湾、大阪湾、田子の浦港、洞海湾、伊予三島港のヘドロである。問題にしているのはCOD(生物の大量死)や硫化物量(悪臭)が主であるが、東京湾と洞海湾ではカドミウム、クロム、水銀、鉛なども底質中に検出されているが、この頃は生物の大量死や藻類の異常繁茂が問題視されていた為、底質の多量の有機物に注目が集まっていた。底質汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 炭酸脱水酵素

    炭酸脱水酵素から見たカドミウムカドミウム

    2000年にはカドミウム含有炭酸脱水酵素が亜鉛が限定される海洋の珪藻から発見されている。大洋では亜鉛はその濃度は定常的に低い濃度であり、珪藻のような植物プランクトン生育の制限になりうる。そうした場合、炭酸脱水酵素は環境中で使用できる他の金属イオンを利用する。この発見以前は一般にはカドミウムは生物学的な機能がない非常に毒性のある重金属であると考えられていた。2005年の時点では炭酸脱水酵素に結合する例だけがカドミウムが関与する生化学反応である。炭酸脱水酵素 フレッシュアイペディアより)

  • 煤煙

    煤煙から見たカドミウムカドミウム

    大気汚染防止法では、「物の燃焼等に伴い発生する硫黄酸化物、ばいじん、有害物質(カドミウム、塩素及び塩化水素、フッ素、フッ化水素及びフッ化ケイ素、鉛及びその化合物、窒素酸化物、その他政令で定める物質)」のことを煤煙と定義し、粉塵や自動車排出ガスと共に規制している。煤煙 フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・シュトロマイヤー

    フリードリヒ・シュトロマイヤーから見たカドミウムカドミウム

    フリードリヒ・シュトロマイヤー(Friedrich Strohmeyer、1776年8月2日 - 1835年8月18日)は、ドイツの化学者。1817年にカドミウムを発見した。フリードリヒ・シュトロマイヤー フレッシュアイペディアより)

  • ヒューム‐ロザリーの法則

    ヒューム‐ロザリーの法則から見たカドミウムカドミウム

    ほとんど固溶しない:Ag、B、Cd、Mg、O、Pb、Sヒューム‐ロザリーの法則 フレッシュアイペディアより)

  • 硫酸カドミウム

    硫酸カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    硫酸カドミウム(りゅうさんカドミウム、英 Cadmium sulfate)はカドミウムの硫酸塩で、化学式CdSO4で表される無機化合物。無水物、一水和物、八水和物がある。硫酸カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • フッ化カドミウム

    フッ化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    フッ化カドミウム(フッかカドミウム、英Cadmium fluoride)は、カドミウムのフッ化物で、化学式CdF2で表される無機化合物。合金の製造などに用いられるほか、有機合成化学に使用される。フッ化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • ヨウ化カドミウム

    ヨウ化カドミウムから見たカドミウムカドミウム

    ヨウ化カドミウム(ヨウかカドミウム、Cadmium iodide)は、化学式 CdI2 で表されるカドミウムのヨウ化物である。ヨウ化カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 奥岳川

    奥岳川から見たカドミウムカドミウム

    1955年(昭和30年)までは、上流に三菱金属尾平鉱山があり、錫や銅などを産出していた。この影響で、昭和40年代前半にはカドミウム汚染が問題となったことがある。奥岳川 フレッシュアイペディアより)

189件中 81 - 90件表示