76件中 11 - 20件表示
  • カドミウム

    カドミウムから見たRoHS

    欧州では、カドミウムの人体への蓄積を防ぐため、カドミウムを含む製品の製造・輸入に関して RoHS として知られる厳しい制限を課している。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た国立がん研究センター

    国立がん研究センターによると、食品に含まれるカドミウムの長期摂取と、がん発症のリスクに明確な関連が見られないことが分かった。研究では、9府県の男女約9万人を対象に、喫煙や飲酒など、他のリスクを除いて、カドミウムの摂取量とがんの発症を調べた所、相関関係は見られなかった。理由として、食品に含まれるカドミウムの量が少ないことと、吸入ではなく摂取であることが考えられている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た塩酸

    銀白色の軟らかく展性に富む金属であり、比較的さびにくく美しい金属光沢を持つが、湿気の多い空気中では徐々に酸化され灰色になり光沢を失う。塩酸および希硫酸などとは徐々に反応し無色の2価の水和カドミウムイオンを生成する。薄いアルカリ水溶液とはほとんど反応しない。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た二次電池

    ウッド合金の成分材料、顔料(カドミウムイエロー、カドミウムレッド)、二次電池(ニッカド電池)の電極などさまざまな工業製品に利用されているほか、中性子を吸収する性質から、原子炉の制御用材料にも使われている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た顔料

    ウッド合金の成分材料、顔料(カドミウムイエロー、カドミウムレッド)、二次電池(ニッカド電池)の電極などさまざまな工業製品に利用されているほか、中性子を吸収する性質から、原子炉の制御用材料にも使われている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たカドミウムイエロー

    ウッド合金の成分材料、顔料(カドミウムイエロー、カドミウムレッド)、二次電池(ニッカド電池)の電極などさまざまな工業製品に利用されているほか、中性子を吸収する性質から、原子炉の制御用材料にも使われている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たニッケル・カドミウム蓄電池

    ウッド合金の成分材料、顔料(カドミウムイエロー、カドミウムレッド)、二次電池(ニッカド電池)の電極などさまざまな工業製品に利用されているほか、中性子を吸収する性質から、原子炉の制御用材料にも使われている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たアメリカ車

    カドミウムはめっき材料として自動車関連業界で古くから用いられてきた。めっきが均質で、亜鉛よりはやや小さいイオン化傾向を持ち、犠牲電極として良好な性質を持つからである。また潤滑油とのなじみがよく、焼付きを防ぐ性質がある。やや黄色味がかっためっきは1960年代までのアメリカ車のエンジンルームでよく見られるものである。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たヒト

    カドミウムは人体に体重1kgあたり約0.7mg含まれると見積もられている。カドミウムは多くの生物種において蓄積性がみられ、ヒトでは体内に約30年間残留すると言われている。したがって、一度カドミウムに暴露されると、長期間その毒性にさらされる危険性がある。さらに、亜鉛と同族元素であるために、生体内での挙動も類似しており、カドミウム除去の際に、生体に必須な亜鉛をも除去してしまう可能性がある。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た融点

    カドミウム () は原子番号 48 の金属元素である。元素記号は Cd で、いわゆる亜鉛族元素の一つ。安定な六方最密充填構造 (HCP) をとる。融点は320.9 。化学的挙動は亜鉛と非常に良く似ており、常に亜鉛鉱と一緒に産出する(亜鉛鉱に含まれている)ため亜鉛精錬の際回収されている。軟金属である。カドミウム フレッシュアイペディアより)

76件中 11 - 20件表示