76件中 21 - 30件表示
  • カドミウム

    カドミウムから見た亜鉛族元素

    カドミウム () は原子番号 48 の金属元素である。元素記号は Cd で、いわゆる亜鉛族元素の一つ。安定な六方最密充填構造 (HCP) をとる。融点は320.9 。化学的挙動は亜鉛と非常に良く似ており、常に亜鉛鉱と一緒に産出する(亜鉛鉱に含まれている)ため亜鉛精錬の際回収されている。軟金属である。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たコーデックス委員会

    平成18年7月に開催されたコーデックス委員会総会において、国際基準が精米中0.4 mg/kgとされた。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たアルカリ金属

    沸点は金属元素としては水銀およびアルカリ金属についで低く、したがって蒸気圧が比較的高く、カドミウム蒸気は有毒である。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た慢性毒性

    カドミウムの毒性については、骨や関節が脆弱となるイタイイタイ病が大きな社会問題となった。さらに、慢性毒性では、肺気腫、腎障害、蛋白尿が見られる。腎障害では糸球体ではなく、尿細管が障害を受けると言われている。また、カドミウムは発ガン性物質としても知られている。これらの毒性の一部は、亜鉛と類似の生体内挙動を示すことから、亜鉛含有酵素のはたらきを乱すことによるものと考えられる。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た金属光沢

    銀白色の軟らかく展性に富む金属であり、比較的さびにくく美しい金属光沢を持つが、湿気の多い空気中では徐々に酸化され灰色になり光沢を失う。塩酸および希硫酸などとは徐々に反応し無色の2価の水和カドミウムイオンを生成する。薄いアルカリ水溶液とはほとんど反応しない。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たハロゲン

    2価の水和カドミウムイオン Cd2+(aq) は多少加水分解して極めて弱い酸性(pKa = 10.2)を示すが、その程度はよりイオン半径の小さい亜鉛イオン Zn2+(aq) より低い。カドミウムイオンはHSAB則では中程度のルイス酸として分類され、ヨウ化物イオンなどハロゲン化物イオンおよびアンモニアなどと錯体をつくりやすい。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た蛋白尿

    カドミウムの毒性については、骨や関節が脆弱となるイタイイタイ病が大きな社会問題となった。さらに、慢性毒性では、肺気腫、腎障害、蛋白尿が見られる。腎障害では糸球体ではなく、尿細管が障害を受けると言われている。また、カドミウムは発ガン性物質としても知られている。これらの毒性の一部は、亜鉛と類似の生体内挙動を示すことから、亜鉛含有酵素のはたらきを乱すことによるものと考えられる。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た六方最密充填構造

    カドミウム () は原子番号 48 の金属元素である。元素記号は Cd で、いわゆる亜鉛族元素の一つ。安定な六方最密充填構造 (HCP) をとる。融点は320.9 。化学的挙動は亜鉛と非常に良く似ており、常に亜鉛鉱と一緒に産出する(亜鉛鉱に含まれている)ため亜鉛精錬の際回収されている。軟金属である。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た潤滑油

    カドミウムはめっき材料として自動車関連業界で古くから用いられてきた。めっきが均質で、亜鉛よりはやや小さいイオン化傾向を持ち、犠牲電極として良好な性質を持つからである。また潤滑油とのなじみがよく、焼付きを防ぐ性質がある。やや黄色味がかっためっきは1960年代までのアメリカ車のエンジンルームでよく見られるものである。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たルイス酸

    2価の水和カドミウムイオン Cd2+(aq) は多少加水分解して極めて弱い酸性(pKa = 10.2)を示すが、その程度はよりイオン半径の小さい亜鉛イオン Zn2+(aq) より低い。カドミウムイオンはHSAB則では中程度のルイス酸として分類され、ヨウ化物イオンなどハロゲン化物イオンおよびアンモニアなどと錯体をつくりやすい。カドミウム フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示