76件中 31 - 40件表示
  • カドミウム

    カドミウムから見た自動車

    カドミウムはめっき材料として自動車関連業界で古くから用いられてきた。めっきが均質で、亜鉛よりはやや小さいイオン化傾向を持ち、犠牲電極として良好な性質を持つからである。また潤滑油とのなじみがよく、焼付きを防ぐ性質がある。やや黄色味がかっためっきは1960年代までのアメリカ車のエンジンルームでよく見られるものである。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たHSAB則

    2価の水和カドミウムイオン Cd2+(aq) は多少加水分解して極めて弱い酸性(pKa = 10.2)を示すが、その程度はよりイオン半径の小さい亜鉛イオン Zn2+(aq) より低い。カドミウムイオンはHSAB則では中程度のルイス酸として分類され、ヨウ化物イオンなどハロゲン化物イオンおよびアンモニアなどと錯体をつくりやすい。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たカルコゲン

    一般に原子価(酸化数)は2価が安定であるが、稀に不安定な1価 (Cd22+) 状態を取ることもある。塩化物および硫酸塩など強酸の塩は一般的に無色のものが多く水溶性であるがカルコゲンとの化合物は有色であることが多く極めて難溶性である。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た菱亜鉛鉱

    1817年にドイツの科学者フリードリヒ・シュトロマイヤーによって、菱亜鉛鉱(炭酸亜鉛)から不純物として発見された。名前は、ギリシャ語で菱亜鉛鉱を意味するカドメイア(Kadmeia)が由来。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た硫酸塩

    一般に原子価(酸化数)は2価が安定であるが、稀に不安定な1価 (Cd22+) 状態を取ることもある。塩化物および硫酸塩など強酸の塩は一般的に無色のものが多く水溶性であるがカルコゲンとの化合物は有色であることが多く極めて難溶性である。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たホタテガイ

    ホタテガイの中腸腺(ウロ)にはカドミウムが蓄積することが知られている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た錯体

    2価の水和カドミウムイオン Cd2+(aq) は多少加水分解して極めて弱い酸性(pKa = 10.2)を示すが、その程度はよりイオン半径の小さい亜鉛イオン Zn2+(aq) より低い。カドミウムイオンはHSAB則では中程度のルイス酸として分類され、ヨウ化物イオンなどハロゲン化物イオンおよびアンモニアなどと錯体をつくりやすい。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た日本

    カドミウムは人体にとって有害(腎臓機能に障害が生じ、それにより骨が侵される)で、日本ではカドミウムによる環境汚染で発生したイタイイタイ病が問題となった。またカドミウムとその化合物はWHOの下部機関 IARC よりヒトに対して発癌性があると (Group1) 勧告されている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た土壌

    カドミウムは亜鉛に伴って産出するため、公害への関心が薄かった時代には亜鉛の精錬過程で環境に放出され、精錬所の下流域の土壌に蓄積された。土壌中のカドミウムは、土壌の pH が中性からアルカリ性では難溶であるため吸収されにくいが、土壌の酸化条件によりイオンとして溶出し農作物に吸収、蓄積される。日本国内の土壌は大半が中性から酸性であるためカドミウムの溶け出しやすい環境であり、このため食物はカドミウムによる汚染を受けやすい状況にある。日本人は食事によって1日あたり26μg摂取していると見積もられている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た原子価

    一般に原子価(酸化数)は2価が安定であるが、稀に不安定な1価 (Cd22+) 状態を取ることもある。塩化物および硫酸塩など強酸の塩は一般的に無色のものが多く水溶性であるがカルコゲンとの化合物は有色であることが多く極めて難溶性である。カドミウム フレッシュアイペディアより)

76件中 31 - 40件表示