76件中 41 - 50件表示
  • カドミウム

    カドミウムから見た中性子

    ウッド合金の成分材料、顔料(カドミウムイエロー、カドミウムレッド)、二次電池(ニッカド電池)の電極などさまざまな工業製品に利用されているほか、中性子を吸収する性質から、原子炉の制御用材料にも使われている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た水素イオン指数

    カドミウムは亜鉛に伴って産出するため、公害への関心が薄かった時代には亜鉛の精錬過程で環境に放出され、精錬所の下流域の土壌に蓄積された。土壌中のカドミウムは、土壌の pH が中性からアルカリ性では難溶であるため吸収されにくいが、土壌の酸化条件によりイオンとして溶出し農作物に吸収、蓄積される。日本国内の土壌は大半が中性から酸性であるためカドミウムの溶け出しやすい環境であり、このため食物はカドミウムによる汚染を受けやすい状況にある。日本人は食事によって1日あたり26μg摂取していると見積もられている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たヨウ化物

    2価の水和カドミウムイオン Cd2+(aq) は多少加水分解して極めて弱い酸性(pKa = 10.2)を示すが、その程度はよりイオン半径の小さい亜鉛イオン Zn2+(aq) より低い。カドミウムイオンはHSAB則では中程度のルイス酸として分類され、ヨウ化物イオンなどハロゲン化物イオンおよびアンモニアなどと錯体をつくりやすい。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たリチウムイオン二次電池

    前後して市販の二次電池も負極に水酸化カドミウム Cd(OH)2 を使用するニッケル・カドミウム蓄電池(いわゆるニッカド電池)からより大容量かつカドミウムを使わないニッケル・水素蓄電池・リチウムイオン二次電池への転換が進められている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た糸球体

    カドミウムの毒性については、骨や関節が脆弱となるイタイイタイ病が大きな社会問題となった。さらに、慢性毒性では、肺気腫、腎障害、蛋白尿が見られる。腎障害では糸球体ではなく、尿細管が障害を受けると言われている。また、カドミウムは発ガン性物質としても知られている。これらの毒性の一部は、亜鉛と類似の生体内挙動を示すことから、亜鉛含有酵素のはたらきを乱すことによるものと考えられる。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見ためっき

    カドミウムはめっき材料として自動車関連業界で古くから用いられてきた。めっきが均質で、亜鉛よりはやや小さいイオン化傾向を持ち、犠牲電極として良好な性質を持つからである。また潤滑油とのなじみがよく、焼付きを防ぐ性質がある。やや黄色味がかっためっきは1960年代までのアメリカ車のエンジンルームでよく見られるものである。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た

    硫セレン化カドミウム (CdS?CdSe) - 赤色顔料・カドミウムレッドとして使われる。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た金属元素

    カドミウム () は原子番号 48 の金属元素である。元素記号は Cd で、いわゆる亜鉛族元素の一つ。安定な六方最密充填構造 (HCP) をとる。融点は320.9 。化学的挙動は亜鉛と非常に良く似ており、常に亜鉛鉱と一緒に産出する(亜鉛鉱に含まれている)ため亜鉛精錬の際回収されている。軟金属である。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たドイツ

    1817年にドイツの科学者フリードリヒ・シュトロマイヤーによって、菱亜鉛鉱(炭酸亜鉛)から不純物として発見された。名前は、ギリシャ語で菱亜鉛鉱を意味するカドメイア(Kadmeia)が由来。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た発癌性

    カドミウムは人体にとって有害(腎臓機能に障害が生じ、それにより骨が侵される)で、日本ではカドミウムによる環境汚染で発生したイタイイタイ病が問題となった。またカドミウムとその化合物はWHOの下部機関 IARC よりヒトに対して発癌性があると (Group1) 勧告されている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示