1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
76件中 71 - 76件表示
  • カドミウム

    カドミウムから見た硫酸

    銀白色の軟らかく展性に富む金属であり、比較的さびにくく美しい金属光沢を持つが、湿気の多い空気中では徐々に酸化され灰色になり光沢を失う。塩酸および希硫酸などとは徐々に反応し無色の2価の水和カドミウムイオンを生成する。薄いアルカリ水溶液とはほとんど反応しない。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見た硫化カドミウム

    硫化カドミウム (CdS) - 黄色顔料・カドミウムイエロー、そして半導体として使われる。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たアンモニア

    2価の水和カドミウムイオン Cd2+(aq) は多少加水分解して極めて弱い酸性(pKa = 10.2)を示すが、その程度はよりイオン半径の小さい亜鉛イオン Zn2+(aq) より低い。カドミウムイオンはHSAB則では中程度のルイス酸として分類され、ヨウ化物イオンなどハロゲン化物イオンおよびアンモニアなどと錯体をつくりやすい。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たメタロチオネイン

    これらの毒性に対する生体側の防御として、金属結合性タンパク質のメタロチオネインが誘導され、カドミウムを分子内に取り込み毒性を軽減している。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たヨーロッパ

    欧州では、カドミウムの人体への蓄積を防ぐため、カドミウムを含む製品の製造・輸入に関して RoHS として知られる厳しい制限を課している。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たイオン半径

    2価の水和カドミウムイオン Cd2+(aq) は多少加水分解して極めて弱い酸性(pKa = 10.2)を示すが、その程度はよりイオン半径の小さい亜鉛イオン Zn2+(aq) より低い。カドミウムイオンはHSAB則では中程度のルイス酸として分類され、ヨウ化物イオンなどハロゲン化物イオンおよびアンモニアなどと錯体をつくりやすい。カドミウム フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
76件中 71 - 76件表示