51件中 21 - 30件表示
  • カナダの経済

    カナダの経済から見たタラ

    カナダの漁業は大西洋に面しているニューファンドランド・ラブラドール州やノバスコシア州などを中心に古くから盛んに行われてきたが、乱獲によりここ数十年でタラ漁やサケ漁を中心に大幅に縮小している。特に、かつて世界一のタラの漁場としてカナダ大西洋側の経済を支え、ヨーロッパから多くの漁民を呼び寄せていた浅瀬グランドバンクは、大型トロール船や底引き網漁により乱獲と海底環境破壊が進み、1990年代以降漁獲量制限が行われ非常な苦境にある。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た航空機

    カナダの製造業企業としては航空機や鉄道車両製造のボンバルディア社などがある。また携帯電話(スマートフォン)のブラックベリーを製造、販売するリサーチ・イン・モーション(RIM)社もカナダの製造業・通信企業だが、携帯電話端末の生産拠点は主にカナダ国外にある。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たアメリカ合衆国

    カナダにおいて、製造業として規模が大きいのは自動車産業である。オンタリオ州を中心にアメリカ合衆国と日本の自動車メーカーの製造拠点があり、マグナ・インターナショナル社、リナマー社など自動車部品大手企業もその近辺に製造拠点を置いている。現在ではデトロイトのあるアメリカ合衆国ミシガン州より多くの自動車を生産している。自動車メーカーは比較的安価で教育水準の高い労働力をカナダに求め、公的医療保険なども企業負担の低減につながるとして企業にとっては魅力となっている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たオンタリオ州

    カナダは世界でも裕福な国のひとつであり、先進国によって構成される経済協力開発機構(OCED)や主要国首脳会議(G8)などに加盟、参加している。他の先進国と同様、経済の中心はサービス業で、国民の4分の3が従事している。また、先進国の中では珍しく、伐木搬出業や石油工業なども盛んである。製造業、特に自動車産業などもオンタリオ州を中心に盛んであり、カナダの経済に大きな役割を果たしている。一人当たりのGDPではアメリカには及ばないものの、他の主要な西洋諸国とほぼ同等なレベルである。しかし、州単位で見ればオンタリオ州をはじめ西部の各州ではアメリカに肉薄している。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たカナダドル

    1990年代前半までの経済的混乱はほぼ解消され、1997年以降は失業率が低下するなど、順調に回復を遂げている。そのため、カナダドルは2003年からの5年間で主要通貨に対しての価値を上昇させた。また、2007年9月20日には1976年以来にアメリカドルと同じレートとなった。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た携帯電話

    カナダの製造業企業としては航空機や鉄道車両製造のボンバルディア社などがある。また携帯電話(スマートフォン)のブラックベリーを製造、販売するリサーチ・イン・モーション(RIM)社もカナダの製造業・通信企業だが、携帯電話端末の生産拠点は主にカナダ国外にある。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たグランドバンク

    カナダの漁業は大西洋に面しているニューファンドランド・ラブラドール州やノバスコシア州などを中心に古くから盛んに行われてきたが、乱獲によりここ数十年でタラ漁やサケ漁を中心に大幅に縮小している。特に、かつて世界一のタラの漁場としてカナダ大西洋側の経済を支え、ヨーロッパから多くの漁民を呼び寄せていた浅瀬グランドバンクは、大型トロール船や底引き網漁により乱獲と海底環境破壊が進み、1990年代以降漁獲量制限が行われ非常な苦境にある。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たノバスコシア州

    カナダの漁業は大西洋に面しているニューファンドランド・ラブラドール州やノバスコシア州などを中心に古くから盛んに行われてきたが、乱獲によりここ数十年でタラ漁やサケ漁を中心に大幅に縮小している。特に、かつて世界一のタラの漁場としてカナダ大西洋側の経済を支え、ヨーロッパから多くの漁民を呼び寄せていた浅瀬グランドバンクは、大型トロール船や底引き網漁により乱獲と海底環境破壊が進み、1990年代以降漁獲量制限が行われ非常な苦境にある。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た日本

    カナダにおいて、製造業として規模が大きいのは自動車産業である。オンタリオ州を中心にアメリカ合衆国と日本の自動車メーカーの製造拠点があり、マグナ・インターナショナル社、リナマー社など自動車部品大手企業もその近辺に製造拠点を置いている。現在ではデトロイトのあるアメリカ合衆国ミシガン州より多くの自動車を生産している。自動車メーカーは比較的安価で教育水準の高い労働力をカナダに求め、公的医療保険なども企業負担の低減につながるとして企業にとっては魅力となっている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た第一次産業

    先進国の一般的な経済発展のパターンでは第一次産業中心の産業から製造業へ、さらにサービス業へと移行することが多い。カナダも同様に(第二次大戦のため異常に高かった)1944年をピークに製造業は減少し、当時のGDP比22%から2010年には13%まで減少した。但しカナダはその過程でも1960年代以降各国で見られた製造業の空洞化に大きく直面することはなかった。その後2007年のリーマン・ショックではカナダの製造業も大きく影響を受けた。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「カナダ経済」のニューストピックワード