51件中 31 - 40件表示
  • カナダの経済

    カナダの経済から見たブリティッシュコロンビア州

    カナダは数少ないエネルギー資源純輸出国の一つである。アルバータ州を始め、隣のサスカチュワン州や、ブリティッシュコロンビア州などでも採掘される。特に、アサバスカにあるオイルサンドは世界第二位の石油埋蔵量を誇っている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たカナダ

    カナダの経済ではカナダの国民経済について記述する。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た不動産

    またサービス業でも、金融や不動産、通信などのビジネス部門も小売業に次ぐ規模である。この部門は近年成長しつつある産業の一つである。特にトロント、モントリオール、バンクーバーなどの大都市に集中している。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た

    カナダは世界でロシアに次ぐ2番目の面積を誇っており、同時に天然資源も多く埋蔵されている。特に前述にあるようにオンタリオ州北部など、カナダの北部には鉱山が多く存在し、鉱業が盛んである。カナダにおける大手の会社の中には、エンカナ、カメコ、ゴールドコープ、バリックゴールドなど、天然資源に関わる会社も多い。金、ニッケル、ウラン、などが主に採掘されており、特にウランは世界第1位の産出量である。これらは主にアメリカに輸出される。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たマニトバ州

    水が豊富なカナダでは水力発電がケベック州、ブリティッシュコロンビア州、オンタリオ州、マニトバ州などを中心に盛んである。水力発電は建設費が他の発電に比べて比較的安価なため、アルミニウムの生産などに一役買っている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た国民経済

    カナダの経済ではカナダの国民経済について記述する。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たデトロイト

    カナダにおいて、製造業として規模が大きいのは自動車産業である。オンタリオ州を中心にアメリカ合衆国と日本の自動車メーカーの製造拠点があり、マグナ・インターナショナル社、リナマー社など自動車部品大手企業もその近辺に製造拠点を置いている。現在ではデトロイトのあるアメリカ合衆国ミシガン州より多くの自動車を生産している。自動車メーカーは比較的安価で教育水準の高い労働力をカナダに求め、公的医療保険なども企業負担の低減につながるとして企業にとっては魅力となっている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たケベック州

    水が豊富なカナダでは水力発電がケベック州、ブリティッシュコロンビア州、オンタリオ州、マニトバ州などを中心に盛んである。水力発電は建設費が他の発電に比べて比較的安価なため、アルミニウムの生産などに一役買っている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た第二次大戦

    先進国の一般的な経済発展のパターンでは第一次産業中心の産業から製造業へ、さらにサービス業へと移行することが多い。カナダも同様に(第二次大戦のため異常に高かった)1944年をピークに製造業は減少し、当時のGDP比22%から2010年には13%まで減少した。但しカナダはその過程でも1960年代以降各国で見られた製造業の空洞化に大きく直面することはなかった。その後2007年のリーマン・ショックではカナダの製造業も大きく影響を受けた。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た製造業

    カナダは世界でも裕福な国のひとつであり、先進国によって構成される経済協力開発機構(OCED)や主要国首脳会議(G8)などに加盟、参加している。他の先進国と同様、経済の中心はサービス業で、国民の4分の3が従事している。また、先進国の中では珍しく、伐木搬出業や石油工業なども盛んである。製造業、特に自動車産業などもオンタリオ州を中心に盛んであり、カナダの経済に大きな役割を果たしている。一人当たりのGDPではアメリカには及ばないものの、他の主要な西洋諸国とほぼ同等なレベルである。しかし、州単位で見ればオンタリオ州をはじめ西部の各州ではアメリカに肉薄している。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「カナダ経済」のニューストピックワード