83件中 41 - 50件表示
  • カナダの経済

    カナダの経済から見た北米自由貿易協定

    カナダが自由貿易協定を締結しているのは、アメリカ合衆国、メキシコ(以上2カ国とは北米自由貿易協定締結)、イスラエル、チリ、コスタリカ、欧州自由貿易連合(EFTA)各国、ペルー、コロンビア、ヨルダン、パナマ、ホンジュラス(締結順)である。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たアンデス共同体

    また、現在カナダと自由貿易協定を交渉中である国は、ウクライナ、モロッコ、インド、大韓民国、ドミニカ共和国、シンガポール、アンデス共同体(うちペルーとコロンビアは合意済み)、カリブ共同体(CARICOM)、欧州連合、日本、中華人民共和国、中米3か国(グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル)、トルコである。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たノバスコシア州

    カナダの漁業は大西洋に面しているニューファンドランド・ラブラドール州やノバスコシア州などを中心に古くから盛んに行われてきたが、乱獲によりここ数十年でタラ漁やサケ漁を中心に大幅に縮小している。特に、かつて世界一のタラの漁場としてカナダ大西洋側の経済を支え、ヨーロッパから多くの漁民を呼び寄せていた浅瀬グランドバンクは、大型トロール船や底引き網漁により乱獲と海底環境破壊が進み、1990年代以降漁獲量制限が行われ非常な苦境にある。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た第一次産業

    先進国の一般的な経済発展のパターンでは第一次産業中心の産業から製造業へ、さらにサービス業へと移行することが多い。カナダも同様に(第二次大戦のため異常に高かった)1944年をピークに製造業は減少し、当時のGDP比22%から2010年には13%まで減少した。但しカナダはその過程でも1960年代以降各国で見られた製造業の空洞化に大きく直面することはなかった。その後2007年のリーマン・ショックではカナダの製造業も大きく影響を受けた。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たチリ

    カナダが自由貿易協定を締結しているのは、アメリカ合衆国、メキシコ(以上2カ国とは北米自由貿易協定締結)、イスラエル、チリ、コスタリカ、欧州自由貿易連合(EFTA)各国、ペルー、コロンビア、ヨルダン、パナマ、ホンジュラス(締結順)である。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たブリティッシュコロンビア州

    カナダは数少ないエネルギー資源純輸出国の一つである。アルバータ州及び北部の準州にある大規模な石油及び天然ガス資源が最も重要な資源となっている。また隣接するサスカチュワン州やブリティッシュコロンビア州などでもこれらのエネルギー資源が採掘されている。特にアメリカ地質調査所によると、アルバータ州アサバスカにあるオイルサンドはサウジアラビア、ベネズエラに次ぐ世界第3位の石油埋蔵量を誇っている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たカナダ

    カナダの経済ではカナダの国民経済について記述する。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たカナダの州

    カナダは数少ないエネルギー資源純輸出国の一つである。アルバータ州及び北部の準州にある大規模な石油及び天然ガス資源が最も重要な資源となっている。また隣接するサスカチュワン州やブリティッシュコロンビア州などでもこれらのエネルギー資源が採掘されている。特にアメリカ地質調査所によると、アルバータ州アサバスカにあるオイルサンドはサウジアラビア、ベネズエラに次ぐ世界第3位の石油埋蔵量を誇っている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た不動産

    またサービス業でも、金融や不動産、通信などのビジネス部門も小売業に次ぐ規模である。この部門は近年成長しつつある産業の一つである。特にトロント、モントリオール、バンクーバーなどの大都市に集中している。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た

    カナダは世界でロシアに次ぐ2番目の面積を誇っており、同時に天然資源も多く埋蔵されている。特に前述にあるようにオンタリオ州北部など、カナダの北部には鉱山が多く存在し、鉱業が盛んである。カナダにおける大手の会社の中には、エンカナ、カメコ、ゴールドコープ、バリックゴールド、王有のポタッシュなど、天然資源に関わる会社も多い。金、ニッケル、ウラン、、カリウムなどが主に採掘されており、特にウランは世界第1位の産出量である。これらは主にアメリカ合衆国に輸出される。ニッケル開発の足がかりはルードウィッヒ・モンドがつくった。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「カナダ経済」のニューストピックワード