83件中 51 - 60件表示
  • カナダの経済

    カナダの経済から見たインド

    また、現在カナダと自由貿易協定を交渉中である国は、ウクライナ、モロッコ、インド、大韓民国、ドミニカ共和国、シンガポール、アンデス共同体(うちペルーとコロンビアは合意済み)、カリブ共同体(CARICOM)、欧州連合、日本、中華人民共和国、中米3か国(グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル)、トルコである。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た石油

    カナダは数少ないエネルギー資源純輸出国の一つである。アルバータ州及び北部の準州にある大規模な石油及び天然ガス資源が最も重要な資源となっている。また隣接するサスカチュワン州やブリティッシュコロンビア州などでもこれらのエネルギー資源が採掘されている。特にアメリカ地質調査所によると、アルバータ州アサバスカにあるオイルサンドはサウジアラビア、ベネズエラに次ぐ世界第3位の石油埋蔵量を誇っている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たペルー

    カナダが自由貿易協定を締結しているのは、アメリカ合衆国、メキシコ(以上2カ国とは北米自由貿易協定締結)、イスラエル、チリ、コスタリカ、欧州自由貿易連合(EFTA)各国、ペルー、コロンビア、ヨルダン、パナマ、ホンジュラス(締結順)である。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たコロンビア

    カナダが自由貿易協定を締結しているのは、アメリカ合衆国、メキシコ(以上2カ国とは北米自由貿易協定締結)、イスラエル、チリ、コスタリカ、欧州自由貿易連合(EFTA)各国、ペルー、コロンビア、ヨルダン、パナマ、ホンジュラス(締結順)である。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たマニトバ州

    水が豊富なカナダでは水力発電がケベック州、ブリティッシュコロンビア州、オンタリオ州、マニトバ州などを中心に盛んである。水力発電は建設費が他の発電に比べて比較的安価なため、アルミニウムの精錬・生産などに一役買っている。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たカリウム

    カナダは世界でロシアに次ぐ2番目の面積を誇っており、同時に天然資源も多く埋蔵されている。特に前述にあるようにオンタリオ州北部など、カナダの北部には鉱山が多く存在し、鉱業が盛んである。カナダにおける大手の会社の中には、エンカナ、カメコ、ゴールドコープ、バリックゴールド、王有のポタッシュなど、天然資源に関わる会社も多い。金、ニッケル、ウラン、鉛、カリウムなどが主に採掘されており、特にウランは世界第1位の産出量である。これらは主にアメリカ合衆国に輸出される。ニッケル開発の足がかりはルードウィッヒ・モンドがつくった。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たシンガポール

    また、現在カナダと自由貿易協定を交渉中である国は、ウクライナ、モロッコ、インド、大韓民国、ドミニカ共和国、シンガポール、アンデス共同体(うちペルーとコロンビアは合意済み)、カリブ共同体(CARICOM)、欧州連合、日本、中華人民共和国、中米3か国(グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル)、トルコである。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たメキシコ

    カナダが自由貿易協定を締結しているのは、アメリカ合衆国、メキシコ(以上2カ国とは北米自由貿易協定締結)、イスラエル、チリ、コスタリカ、欧州自由貿易連合(EFTA)各国、ペルー、コロンビア、ヨルダン、パナマ、ホンジュラス(締結順)である。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見た国民経済

    カナダの経済ではカナダの国民経済について記述する。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

  • カナダの経済

    カナダの経済から見たウクライナ

    また、現在カナダと自由貿易協定を交渉中である国は、ウクライナ、モロッコ、インド、大韓民国、ドミニカ共和国、シンガポール、アンデス共同体(うちペルーとコロンビアは合意済み)、カリブ共同体(CARICOM)、欧州連合、日本、中華人民共和国、中米3か国(グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル)、トルコである。カナダの経済 フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「カナダ経済」のニューストピックワード