443件中 51 - 60件表示
  • カナダ

    カナダから見たロバート・ブライス (カナダの官僚)

    カナダ経済は合衆国との関係を通り越して旧枢軸と結びついた。1963年から1968年にかけて、SGウォーバーグを媒介にユーロ債市場とリンクしたのである。経済的繁栄に伴いユニバーサルヘルスケア制度・年金制度・学生ローンといった社会民主主義的諸制度も創設された。これらの政策については地方政府、とりわけケベックとアルバータが管轄権の侵害であると反対している。この論争は戦前から続いている(詳細)。1973年、新生マニトバ・プールが事実上の小麦独占体となった。1975年、企業集中に関する王立委員会(Royal Commission on Corporate Concentration)が開かれた。構成員は三人だけである。まず一人目がロバート・ブライス、二人目が税務専門家のディッカーソン(Robert Dickerson)であり、三人目のピエール(Pierre Nadeau)は今日のトタルであるペトロフィナ・カナダ社長でカナダロイヤル銀行の重役だった。すぐ後に書くパワー・コーポレーションが同会議を利用し、エドワード・プランケット・テイラーのアーガス・コーポレーションを買収しようと三年間も調整を試みたが、性急な法整備は行われなかった。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たエリック・ガニエ

    カナダ出身の野球選手では、ラリー・ウォーカー、1993年に日本の中日ドラゴンズでプレー経験もあるマット・ステアーズ、ジャスティン・モルノー、ジェイソン・ベイ、ジョーイ・ボット、エリック・ガニエ、ラッセル・マーティン、マイケル・ソーンダース、ブレット・ロウリーらが有名である。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たラッセル・マーティン

    カナダ出身の野球選手では、ラリー・ウォーカー、1993年に日本の中日ドラゴンズでプレー経験もあるマット・ステアーズ、ジャスティン・モルノー、ジェイソン・ベイ、ジョーイ・ボット、エリック・ガニエ、ラッセル・マーティン、マイケル・ソーンダース、ブレット・ロウリーらが有名である。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たエドワード・プランケット・テイラー

    カナダ経済は合衆国との関係を通り越して旧枢軸と結びついた。1963年から1968年にかけて、SGウォーバーグを媒介にユーロ債市場とリンクしたのである。経済的繁栄に伴いユニバーサルヘルスケア制度・年金制度・学生ローンといった社会民主主義的諸制度も創設された。これらの政策については地方政府、とりわけケベックとアルバータが管轄権の侵害であると反対している。この論争は戦前から続いている(詳細)。1973年、新生マニトバ・プールが事実上の小麦独占体となった。1975年、企業集中に関する王立委員会(Royal Commission on Corporate Concentration)が開かれた。構成員は三人だけである。まず一人目がロバート・ブライス、二人目が税務専門家のディッカーソン(Robert Dickerson)であり、三人目のピエール(Pierre Nadeau)は今日のトタルであるペトロフィナ・カナダ社長でカナダロイヤル銀行の重役だった。すぐ後に書くパワー・コーポレーションが同会議を利用し、エドワード・プランケット・テイラーのアーガス・コーポレーションを買収しようと三年間も調整を試みたが、性急な法整備は行われなかった。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たマレイ・アダスキン

    クラシック音楽の分野では、20世紀半ばに活躍したマレイ・アダスキン、ジョン・ワインツワイグなども著名であり、また独創的なバッハ解釈で名高いグレン・グールドなどはトロント生まれである。また、モントリオール交響楽団はシャルル・デュトワが指揮者を務めている間に実力を高め、北米大陸屈指のオーケストラとして知られるようになった。作曲家のマリー・シェーファーはサウンドスケープの提唱者であり「魔法の歌(マジック・ソングズ)」「ガメラン」等の作品がある。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たマット・ステアーズ

    カナダ出身の野球選手では、ラリー・ウォーカー、1993年に日本の中日ドラゴンズでプレー経験もあるマット・ステアーズ、ジャスティン・モルノー、ジェイソン・ベイ、ジョーイ・ボット、エリック・ガニエ、ラッセル・マーティン、マイケル・ソーンダース、ブレット・ロウリーらが有名である。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たミカエル・ジャン

    カナダとアメリカの人種構成の違いは、もともと黒人奴隷がほとんど存在しなかったために黒人(2.5%)が非常に少なく、イギリス系、フランス系が人口の半数を占めていることである。アメリカと同じくアイルランド系とドイツ系とイタリア系も多いが、カナダはウクライナ系が非常に多いのが特徴で、ウクライナ・ロシア以外では最大規模である。またアメリカで非常に多いスペイン語圏出身者が少ない。アジア系が多いといってもカナダは大英帝国の植民地だった影響で大多数は南アジア系、中国系(特に香港など広東語圏)であり、逆にアメリカに多いアジア系の日系、韓国系、ベトナム系は比較的少ない。特にバンクーバーとトロントは巨大なアジア系人口を抱え、この2都市では白人は人口の半数弱を占めるに過ぎない。一方、アフリカ系は主に、トロント、モントリオールに集中している。1999年に中国系のエイドリアン・クラークソン、続いて2005年にハイチ系のミカエル・ジャンが総督に就任するなど、リベラルな国民性も合わせて人種には寛容な姿勢を示している。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たラッシュ (カナダのバンド)

    ポピュラー音楽・ロックの分野ではニール・ヤングやジョニ・ミッチェル、ザ・バンドらの優れたミュージシャンを輩出した。また、ゴードン・ライトフット、ゲス・フー、BTO、レナード・コーエン、アン・マレー、ラッシュ、ポール・アンカ、セリーヌ・ディオン、ニッケルバック、アヴリル・ラヴィーン、ダニエル・パウター、ジャスティン・ビーバー、ドレイクらもカナダ出身である。ジャズでは、オスカー・ピーターソンが国際的に成功した。カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たジェームズ・ネイスミス

    バスケットボールの考案者はカナダ人のジェームズ・ネイスミスであり、カナダの人気スポーツの1つとなっている。特にノバスコシア州やオンタリオ州の南部で盛んである。トロントを本拠地とするNBAトロント・ラプターズ(1995年設立)は現在アメリカ合衆国外に本拠地を置く唯一のNBAチームである。ラプターズの設立と時を同じくして、バンクーバーにもバンクーバー・グリズリーズが設立されたが、こちらは観客動員の低迷による経営難に悩まされ、2001年にテネシー州メンフィスへと移転した。NBAでも多くのカナダ人選手が活躍しており、2年連続でシーズンMVPを獲得したスティーブ・ナッシュはその代表格である。 カナダ フレッシュアイペディアより)

  • カナダ

    カナダから見たジョン・ワインツワイグ

    クラシック音楽の分野では、20世紀半ばに活躍したマレイ・アダスキン、ジョン・ワインツワイグなども著名であり、また独創的なバッハ解釈で名高いグレン・グールドなどはトロント生まれである。また、モントリオール交響楽団はシャルル・デュトワが指揮者を務めている間に実力を高め、北米大陸屈指のオーケストラとして知られるようになった。作曲家のマリー・シェーファーはサウンドスケープの提唱者であり「魔法の歌(マジック・ソングズ)」「ガメラン」等の作品がある。カナダ フレッシュアイペディアより)

443件中 51 - 60件表示

「カナダ」のニューストピックワード