前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
266件中 1 - 10件表示
  • クジラ類の進化史

    クジラ類の進化史から見たカバカバ

    20世紀後半、分子生物学の発展によって、クジラ類とほかの哺乳類との詳細な系統関係が解明された。また、1980年代以降になるとパキスタンなどかつてのテチス海であった地域でさまざまな進化段階のクジラ類の化石が見つかり、最初期のクジラ類の進化史が解明された。これら分子系統学的・古生物学的研究の成果から、クジラ類の祖先は陸生の原始的な”偶蹄類”であること、クジラ類に最も近縁な陸上哺乳類はカバであること、分岐分類学ではクジラ類は”偶蹄類”の中の一系統に過ぎないことが判明した。クジラ類の進化史 フレッシュアイペディアより)

  • エアレー

    エアレーから見たカバカバ

    エアレーは様々な姿で描かれるが、主な形態は黒あるいは黄褐色のアンテロープまたはヤギのような体で、大きさはウマあるいはカバぐらい。多彩色の斑点を持ち、イノシシあるいはゾウの尾と大きな牙を持つ。そして、どの角度にも自由に動かせる二本の非常に長い角を持っている。戦いの時は、片方の角を前に伸ばして戦い、もう片方の角は後ろに向けておくという。それで、戦っている方の角が傷付くと、もう片方の角と入れ替えるという。中世ヨーロッパの動物寓意譚によるとバジリスクはエアレーの敵で、眠っているエアレーを見つけると目を刺し、張り裂けるまで膨らませるという。エアレー フレッシュアイペディアより)

  • トゥルカナ湖国立公園群

    トゥルカナ湖国立公園群から見たカバカバ

    本土にはシマハイエナ、ブチハイエナ、カラカル、ライオン、ヒョウ、グレビーシマウマ、アミメキリン、カバ、グラントガゼル、レッサークーズー、ディクディク、ジェレヌクなどのサバナに生息する大型動物がみられる。トゥルカナ湖国立公園群 フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見たカバカバ

    クジラの祖先は、新生代の始新世初期、南アジアで陸上生活をしていた肉食性哺乳類パキケトゥスの仲間とされている。かつては、暁新世の原始的な有蹄類であるメソニクスとの関係が考えられたが、近年では鯨偶蹄目に分類し、現在のカバと共通の祖先を有するウシ目(偶蹄類)に起源を求める見解が有力である。当時インド亜大陸がアジア大陸に衝突しつつあって両者の間には、後にヒマラヤ山脈として隆起する浅い海が広がっており、クジラ類の陸から海中への進出は、その環境に適応したものとされる。詳しくはクジラ類の進化史を参照。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

    クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国から見たカバカバ

    となりのおばさん (カバ )- 鈴木れい子クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国 フレッシュアイペディアより)

  • どうぶつの森 ホヒンダ村だより

    どうぶつの森 ホヒンダ村だよりから見たカバカバ

    カバの男。ごつい姿をしたボケ役。どうぶつの森 ホヒンダ村だより フレッシュアイペディアより)

  • 日立市かみね動物園

    日立市かみね動物園から見たカバカバ

    1969年 北園開園。キリン、カバ等の大型動物やフラミンゴの飼育を開始。日立市かみね動物園 フレッシュアイペディアより)

  • リウォンデ国立公園

    リウォンデ国立公園から見たカバカバ

    国立公園内には2つのメインロッジ、"Chinguni"と"Mvuu"(これらはチェワ語で"カバ"を意味する)があり、この両施設では宿泊のほか、園内の徒歩ツアー、ドライブ、ボートやカヌーの体験に参加できる。リウォンデ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎バイオパーク

    長崎バイオパークから見たカバカバ

    大型の肉食動物は飼育していないが、リャマ、カピバラ、リスザルなど哺乳類を中心に淡水魚、昆虫類まで多数飼育している。また、1994年には日本で初めてカバの人工哺育に成功した。行動展示も積極的に行っている。長崎バイオパーク フレッシュアイペディアより)

  • カバ科

    カバ科から見たカバカバ

    現生群での最大種はカバで体長350-400cm。体重2,000-3,200kg。最小種はコビトカバで体長150-175cm。体重180-275kg。全身は硬い皮膚で覆われるが、表面の角質層が薄いため長時間乾燥させるとひび割れる。カバ科 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
266件中 1 - 10件表示

「カバ」のニューストピックワード