315件中 101 - 110件表示
  • ヒッポ・ボーン

    ヒッポ・ボーンから見たカバカバ

    ヒッポ・ボーン(James Leslie "Hippo" Vaughn ,1888年4月9日 - 1966年5月29日)は、主に1910年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手。テキサス州ウェザフォード生まれ。左投げ、スイッチヒッター。大柄でずんぐりした体型から"Hippo"(ヒッポ=カバ)のニックネームで呼ばれた。主にシカゴ・カブスで活躍し、1918年にナショナルリーグ投手三冠を獲得した。ヒッポ・ボーン フレッシュアイペディアより)

  • イノシシ亜目

    イノシシ亜目から見たカバカバ

    現存するイノシシ科・ペッカリー科の2科に、絶滅したエンテロドン科を併せた全3科、あるいはこれにカバ類を加えた全4科で構成されるとするのが従来説であったが、カバ類は別系統として除外される一方、近年新たにラオエラ科を加えて以前とは違う構成での全4科とする説も出ている。イノシシ亜目 フレッシュアイペディアより)

  • 牙

    から見たカバカバ

    カバ - 両顎犬歯・切歯。最も発達しているのは下顎犬歯。 フレッシュアイペディアより)

  • ナイバシャ湖

    ナイバシャ湖から見たカバカバ

    この湖にはさまざまな野生生物が棲息している。400種以上の鳥類が報告されていて、それはトキ類、サンショクウミワシ、オニアオサギ、アフリカハゲコウ、水鳥などである。湖の近くでは、キリン、レイヨウ、カバ、オグロヌーなどが見られる。ナイバシャ湖 フレッシュアイペディアより)

  • イシマンガリソ湿地公園

    イシマンガリソ湿地公園から見たカバカバ

    コシベニペリカン、ベニイロフラミンゴ、コフラミンゴ、マダガスカルウミワシ(Madagascar Fish Eagle)などをはじめとする530種以上の鳥類が生息している。また、南アフリカの公園の中ではカバの個体数が最も多い。2001年にはゾウの再導入が行われた。ウミガメ2種は砂浜を産卵地にしている。イシマンガリソ湿地公園 フレッシュアイペディアより)

  • カラガンダ州

    カラガンダ州から見たカバカバ

    このカラガンダ州はカザフスタンの中央部に位置していて、この州は全方位をカザフスタンの州に囲まれている。すなわち、州の西方はコスタナイ州とクズロルダ州とアクトベ州に接し、北方はアクモラ州とパブロダール州に接し、東方は東カザフスタン州とアルマトイ州に接し、南方はジャンブール州と南カザフスタン州に接する。なお、カラガンダ州の地形は、一般に平野か標高の低い山地となっていて、もっとも標高の高い場所でも1565m(アクソラン山山頂)しかない。このカラガンダ州は鉱産資源には恵まれた州で、特にマンガンはカザフスタン国内では唯一カラガンダ州のみで商業的な採鉱が行われている。マンガン以外にも、モリブデンやタングステンのような合金などに欠かせない元素の鉱石を産出する。植生は、気候が乾燥していることもあって、ステップや砂漠が主だが、山間部のように比較的降水量の多い場所では、マツ、カバ、ハンの混合林も生育している。そして、そのような場所のうち、カラカンダの東側は、に指定されている。カラガンダ州 フレッシュアイペディアより)

  • ヒポスドール酸

    ヒポスドール酸から見たカバカバ

    ヒポスドール酸(ヒポスドールさん、Hipposudoric acid)はカバの体表から分泌される粘液に含まれる赤い色素である。 この粘液は「血の汗」や「ピンクの汗」と呼ばれることが多く、ヒポスドリック(hipposudoric)という言葉自体「カバの汗」という意味だが、分泌される粘液は汗でも血でもない。ヒポスドール酸 フレッシュアイペディアより)

  • カウボーイブーツ

    カウボーイブーツから見たカバカバ

    牛革以外に使用される素材は馬、水牛、鹿(エルク)またはエキゾチックレザー(アリゲータ、パイソン、リザード、オーストリッチ、サメ、エイ、ウナギ、象、キリン、カバ、センザンコウ…)である。カウボーイブーツ フレッシュアイペディアより)

  • コデックス・セラフィニアヌス

    コデックス・セラフィニアヌスから見たカバカバ

    第2章 異世界の動物相。馬、カバ、サイ、鳥類などの超現実的な変種。コデックス・セラフィニアヌス フレッシュアイペディアより)

  • 束柱目

    束柱目から見たカバカバ

    束柱目に属する動物の化石は環太平洋地域の北部、つまり日本南部からロシア、アリューシャン列島、そして(カリフォルニア半島の先端までの)北アメリカ大陸西海岸で発見されている。模式種たる Desmostylus hesperus は数本の歯と椎骨から、初めは(1888年にオスニエル・チャールズ・マーシュによって)海牛目に分類されたが、10年後に日本でより完全に近い化石が発見されるとその分類に疑問が呈された。1898年、日本の古生物学者・吉原重康(しげやす)および岩崎重三(じゅうぞう)と共同研究中であったヘンリー・フェアフィールド・オズボーンが、頭蓋骨と牙における初期のマストドン類との類似性から、長鼻目起源説を提案した。ジョン・C・メリアム(John C. Merriam, 1869 - 1945)は臼歯の構造に基づいて、デスモスチルスが水棲の動物であり、恐らくは海牛目であろうと結論づけた。他の科学者たちは単孔目説を唱えた。なぜならば当時デスモスチルスは頭蓋骨の破片・歯・他の骨のごく一部しか発見されておらず、身体的特徴としてはひれ足と尾びれを有することが推測されていたに過ぎなかったからである。しかしながら1941年に樺太で発見された完全な骨格は、彼らがカバのそれと似た太い四本の脚を持っていたことを明らかにし、1953年にはロイ・H・ラインハルト(Roy H. Reinhart)により束柱目という目が新設された。束柱目 フレッシュアイペディアより)

315件中 101 - 110件表示

「カバ」のニューストピックワード