315件中 131 - 140件表示
  • サツキ (カバ)

    サツキ (カバ)から見たカバカバ

    サツキ(1971年5月20日 - 2011年4月16日)は、東京都台東区の恩賜上野動物園で飼育されていたメスのカバである。上野動物園生まれのサツキは、歯磨きのイベントに登場するなどして来園者の人気を集めていたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災に驚いて脚を痛め、その後症状が悪化して死亡した。サツキ (カバ) フレッシュアイペディアより)

  • 京子

    京子から見たカバカバ

    京子(きょうこ、1917年9月 - 1945年4月24日)は、恩賜上野動物園で飼育されていたメスのカバである。1919年(大正8年)に京城(現在のソウル特別市)から上野動物園に来園し、後に同じく京城から来園したオスの「大太郎」(1944年死亡)との間に子カバの「マル」(オス)をもうけた。しかし、戦争によるエサ不足を理由に絶食による処分が決められ、マルとともに死亡している。作家の早乙女勝元は、京子たちを題材として童話『さようならカバくん』を1988年(昭和63年)に発表している。京子 フレッシュアイペディアより)

  • オベイシュ

    オベイシュから見たカバカバ

    オベイシュ(Obaysch、1849年頃 - 1878年3月11日)は、イギリス・ロンドンのロンドン動物園で飼育されていたオスのカバである。生後間もなく捕獲された後に1850年5月にロンドン動物園へ来園したオベイシュは、先史時代及び古代ローマ以来、ヨーロッパで最初に飼育されたカバであった。オベイシュは1853年に来園したアドヘラというメスのカバとの間に3頭の子をもうけたが、無事に成長したのは3番目に生まれたガイ・フォークスという名のメスのみであった。オベイシュはロンドン動物園で27年9か月間飼育され、1878年に死亡している。オベイシュ フレッシュアイペディアより)

  • レオナルド博士とキリン村のなかまたち

    レオナルド博士とキリン村のなかまたちから見たカバカバ

    キリン村役場に勤めているカバレオナルド博士とキリン村のなかまたち フレッシュアイペディアより)

  • W国立公園

    W国立公園から見たカバカバ

    2200平方キロメートルの面積を持つ公園では、450種類以上の植物、70種類以上のほ乳類、350種類以上の鳥類が生息し、ツチブタ、ヒヒ、カラカル、チーター、ゾウ、カバ、ライオン、サーバル、イボイノシシなどの大型哺乳類が多く生息することで知られている。また、2 - 5月には渡り鳥が飛来する。W国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 戦時猛獣処分

    戦時猛獣処分から見たカバカバ

    また、1952年、上野動物園飼育企画長の林寿郎により、カバ、キリン、チーター、ブチハイエナなど48頭の動物がケニアの動物商から購入され(その中のカラカル2頭は喧嘩で死亡したが、その後寄港したマニラにてヒムネバト2羽が加わリ、動物は再び48頭になった)、名古屋港、神戸港、横浜港に陸揚げされた。カバの「重吉」(東山動物園。2001年没)、キリンの「タカオ」(上野動物園。1980年没)などが有名(日本のカバの約半数は「重吉」の子孫である)。戦時猛獣処分 フレッシュアイペディアより)

  • 寺沢大介

    寺沢大介から見たカバカバ

    寺沢 大介(てらさわ だいすけ、1959年6月10日 - )は、日本の漫画家。兵庫県神戸市出身。男性。甲陽学院中学校・高等学校、慶應義塾大学文学部出身。既婚者。血液型はO型。料理を扱った漫画作品が多い。また自画像にカバの絵を用いることが多い。寺沢大介 フレッシュアイペディアより)

  • セケンエンラー

    セケンエンラーから見たカバカバ

    当時のエジプトは異民族の連合体であるヒクソスの支配下にあり、第17王朝をはじめとする土着のエジプト人の政権は、アヴァリスを中心に下エジプトを治める第15王朝に臣従していた。第19王朝時代に成立した『アポフィスとセケンエンラーの争い』という説話によれば、第15王朝のアペピ(アポフィス)王は「テーベの神殿で飼われているカバの鳴き声が煩くて王の眠りを妨げるので殺すように」という殆ど言いがかりのような要請を送っている。対してセケンエンラー(タア)は使者を親しく迎え入れ、アペピへの二心無きことを誓ったという。これが完全な史実とは考え難いが、タアもまた即位した当初は先代の王たちの方針を受け継いで、親ヒクソスの姿勢を維持していたと考えられる。セケンエンラー フレッシュアイペディアより)

  • マロティ=ドラケンスバーグ公園

    マロティ=ドラケンスバーグ公園から見たカバカバ

    ウクハランバ・ドラケンスバーグ公園には、岩陰遺跡などの岩絵が残る遺跡が600ほどあり、全部で約35,000の岩絵が残されている。そのうちの約4分の1に残る8,578の岩絵を対象とする調査が1976年に行われたことがある。その結果では、53 %を占める人物像に、何らかの道具を持った裸体像が多く見られ、描かれている場面は狩猟採集といった生活に関するもののほか、舞踏や祈祷などが含まれることが明らかにされた。また、動物は43 %を占め、カバ、カワイノシシ、サイ、ゾウ、ツチブタ、ノウサギ、バッファロー、バブーン、ヘビ、マングース等、多様な動物が描かれているが、その中では特にアンテロープを含むものが77 %と最も多い。次に登場するのはエランドである (55 %)。人物、動物以外に無機物や抽象的なものが4 %ある。これらの岩絵は彩色画で、赤を中心に様々な色が使われているが、6割以上の岩絵は単色で描かれている。マロティ=ドラケンスバーグ公園 フレッシュアイペディアより)

  • 汎歯目

    汎歯目から見たカバカバ

    汎歯目は、極めて形態の変化に富んだグループである。軽い作りの身体を持ち樹上性であったと思われるアルケオラムブダ(Archaeolambda)から、太く長い尾を備え地上性ナマケモノに似たバリラムブダ(Barylambda)、そしてサイまたはカバ似の体型のコリフォドン(Coryphodon)やティタノイデス(Titanoides)まで、枚挙に暇がない。ある種の鼻はおそらく短かった。四肢は一般に短く頑丈で、5本全ての趾が保持されていた。足先は小さい蹄になっていた(ティタノイデスでは、小さい鉤爪となっていた)。汎歯目の歯式は完全で、歯間に隙間は無かった。特徴的なのは大臼歯で、W字型の鋭い縁を有していた。発掘された化石の歯は少ししか磨耗しておらず、彼らが軟らかい植物を食べていたことが推察されている。汎歯目 フレッシュアイペディアより)

315件中 131 - 140件表示

「カバ」のニューストピックワード