315件中 141 - 150件表示
  • フォスファテリウム

    フォスファテリウムから見たカバカバ

    すなわち、体のサイズはイヌ程度であるが、生態的にはカバのような姿であったと見られる。フォスファテリウム フレッシュアイペディアより)

  • ダッカ動物園

    ダッカ動物園から見たカバカバ

    この内哺乳類は58種類で、ゾウ、チーター、サイ、シマウマ、ウォーターバック、カワウソ、ハイエナ、シカ、キリン、インパラ、ツキノワグマ、バク、カバ、ライオン、サル、チンパンジー、ヒヒ、ベンガルトラなどを見ることができる。ダッカ動物園 フレッシュアイペディアより)

  • チョベ国立公園

    チョベ国立公園から見たカバカバ

    このエリアはライオン、ヒョウ、リカオン、ローンアンテロープ、セーブルアンテロープ、カバが高密度で生息しており、アフリカゾウの大きな群れも見られる。また、アカリーチュエ、シタツンガ、ワニも見ることができる。野鳥の数も非常に多い。チョベ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ばいきんまん

    ばいきんまんから見たカバカバ

    絵本『アンパンマンとムシバラス』では、「バイキンの王様」と名乗り、アンパンマンの十倍はあろうかという巨大な姿で登場。巨大化や極小化という能力を見せるが、カバくん(カバオくんではない)に踏みつけられてしまった(ちなみに、この時の表記は片仮名の「バイキンマン」である)。ばいきんまん フレッシュアイペディアより)

  • 台北市立動物園

    台北市立動物園から見たカバカバ

    主な展示動物 - アフリカゾウ、ライオン、シロサイ、キリン、ゴリラ、チンパンジー、シマウマ、カバ、コビトカバ、アラビアオリックス、インパラ、ダチョウ、ブチハイエナ、バーバリーシープ、ボンゴ、ワオキツネザル、アヌビスヒヒ台北市立動物園 フレッシュアイペディアより)

  • エジプト第15王朝

    エジプト第15王朝から見たカバカバ

    やがてテーベの第17王朝が力をつけてくると、彼らは異民族支配の打破を大義名分として第15王朝を攻撃した。第15王朝と第17王朝の戦いは長期間に渡ったが、初期の戦いの様子は詳らかではない。と言うのも初期の戦いに関する記録が数世紀後に書かれた説話しかなく、しかもこの説話が断片的にしか今日に伝わらないためである。第19王朝時代に記録された説話の1つ『アポフィスとセケンエンラーの争い』によれば、第17王朝が戦いを開始したのはセケンエンラー(前1574頃)の時代であったという。第15王朝の王アペピ(アポフィス)が、テーベのアメン神殿の聖なる池で飼われていたカバの鳴き声がうるさく、安眠ができないので殺すように要求してきたことが戦いの発端であるとされる。このような理不尽な命令を受けてもセケンエンラーは当初アペピの使者を親しく迎え入れ、二心なきこと誓ったが、やがて第15王朝に対する朝貢を取りやめて戦争を開始するに到った。これはヒクソスの支配がいかに理不尽なものであったのかを強調した物語で史実とは見なし難いが、セケンエンラーが第15王朝に対する戦いを行っていたことは確かめられている。エジプト第15王朝 フレッシュアイペディアより)

  • カバ科

    カバ科から見たカバカバ

    現生種はカバで体長350 - 400センチメートル、体重2,000 - 3,200キログラム。コビトカバで体長150 - 175センチメートル、体重180 - 275キログラム。全身は硬い皮膚で覆われるが、表面の角質層が薄いため長時間乾燥させるとひび割れる。カバ科 フレッシュアイペディアより)

  • マダガスカル2

    マダガスカル2から見たカバカバ

    動物園から抜け出したものの、マダガスカル島にたどり着いてしまった前作の続き。壊れた飛行機をなんとか修理して、故郷ニューヨークを目指したものの、飛行機の燃料切れで墜落。なんとそこはアフリカ大陸のサバンナのど真ん中だった。動物園育ちのライオンのアレックス(ハンターたちに捕まるまでの幼少時はアラケイで、アレックスはニューヨークで命名された名前)、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、そしてカバのグロリアの悪戦苦闘がまたしても始まった。マダガスカル2 フレッシュアイペディアより)

  • エロメリクス

    エロメリクスから見たカバカバ

    エロメリクスは体長1.5メートルで、馬にやや似た細長い頭部を持っている。植物を食べるための小さな牙とスプーン状の切歯を持っており、植物を引き抜き食い切るのに適していた。後ろ足に5つ、前足に4つの指があり、足は長くて泥地を歩くのに適していた。その習性は現代のカバに似ていると考えられている。エロメリクス フレッシュアイペディアより)

  • デカ (カバ)

    デカ (カバ)から見たカバカバ

    thumb|250px|right|全国をキャンペーンした幼い頃(1952-1955に撮影)のデカ(当時の名はカバ子)デカ(1952年頃 - 2010年8月5日)は、石川県能美市(以前の石川県能美郡辰口町)の いしかわ動物園で飼育されていたメスのカバである。1953年にドイツから輸入され、菓子メーカー「カバヤ食品」のキャンペーンで日本各地を巡回して人気を博した。このカバは、日本で飼育されたカバの長寿記録(58歳)の持ち主としても知られる。デカ (カバ) フレッシュアイペディアより)

315件中 141 - 150件表示

「カバ」のニューストピックワード