315件中 161 - 170件表示
  • ジョルジュ・キュヴィエ

    ジョルジュ・キュヴィエから見たカバカバ

    キュヴィエの魚の調査は1801年に始まり、最終的に5,000種の魚について記述されたHistoire naturelle des poissons を出版する結果となり、それはキュヴィエとアシル・ヴァランシエンヌ(Achille Valenciennes)の共同研究で、(キュヴィエが関わった限り)1828年から1831年へ出版は延期した。この調査の領域では彼は回想録の長い一覧を発表した。それは一部は絶滅動物の骨に関係し、一部は現生動物の骨格の観察結果―特に構造及び化石との類似点を詳細を述べている。その2番目のカテゴリーにはインドサイの、バク、ケープハイラックス、カバ、ナマケモノ、マナティーなどと関係する多数の論文が含まれるだろう。前のカテゴリーではより多数の回想録が含まれ、モンマルトルの始新世の地層の絶滅哺乳類、化石種のカバ、絶滅種のオポッサム(Didelphys gypsorum)、メガロニクスやメガテリウム等の地上生大型ナマケモノ、ホラアナハイエナ、プテロダクティルス、絶滅種のサイ、ホラアナグマ、マストドン等の絶滅種のゾウ、化石種のマナティーとアザラシ、ワニ目、カメ目、魚類、鳥類の化石の形式についての論文が含まれる。ジョルジュ・キュヴィエ フレッシュアイペディアより)

  • アペピ1世

    アペピ1世から見たカバカバ

    アペピの治世の半ば頃まで、テーベの王国との関係は概ね良好であった。だが平穏な時代が続いたことで第17王朝は徐々に力をつけ、アペピの治世の後半には第15王朝の支配を脅かすようになったと考えられる。第19王朝時代に記録された説話『アポフィスとセケンエンラーの争い』によれば、アペピ(アポフィス)は、テーベのアメン神殿の聖なる池で飼われていたカバの鳴き声がうるさく、安眠ができないので殺すように要求した。このような理不尽な命令に対して、テーベを治めるセケンエンラーはアペピの使者を親しく迎え入れ、二心なきこと誓った。この話におけるアペピには、不穏な動きを見せるテーベに対して、アヴァリスの権威を改めて承認させる意図があったと考えられる。この逸話が史実とは言い難いが、実際、セケンエンラーの時代に第17王朝は第15王朝に対して反旗を翻し、異民族支配の打破を大義名分として戦争を開始した。アペピ1世 フレッシュアイペディアより)

  • サイ

    サイから見たカバカバ

    始新世中期から漸新世前期にかけて北米、ヨーロッパ、アジアに広く分散、生息していた。一部の種は漸新世後期まで残っていたものの、絶滅した。角を持たない。アミノドン科は「水生サイ(aquatic rhinos)」として知られている。この科の種はカバのような生態や外観をもち、川や湖に生息し、水草も食べるなど、カバと同じような水生適応を多く持つ。祖先がバク類であることは判明しているが、他の2科に比べその祖先が不明確。日本の炭田でも化石が発見されており、ワタナベサイ(Amynodon watanabei)などの例がある。サイ フレッシュアイペディアより)

  • 真・異種格闘大戦

    真・異種格闘大戦から見たカバカバ

    ポッポ(アフリカ出身・偶蹄目カバ科カバ)462cm 4.1トン真・異種格闘大戦 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック×ダクスター 旧世界の遺産

    ジャック×ダクスター 旧世界の遺産から見たカバカバ

    自称オレっちの沼の管理者で、飲んだくれ。ヒップホッグ(Hiphog)(カバ1とブタ2のハーフ)のファージーというペットがいる。ジャック×ダクスター 旧世界の遺産 フレッシュアイペディアより)

  • イブン・バットゥータ

    イブン・バットゥータから見たカバカバ

    ここからイブン・バットゥータはナイル川と彼が思い込んでいた川、すなわちニジェール川に沿って南西へと旅をつづけ、マリ帝国の首都にたどり着く。彼は1341年より在位しているに謁見する。イブン・バットゥータは女奴隷、召使、さらにはスルタンの娘たちまでもが肌の一部を露出させた格好をしていることがムスリムらしくないと、不満をもらしている。2月には首都を離れ、現地のムスリム商人とともにラクダでトンブクトゥを訪れた。トンブクトゥは翌15世紀、16世紀にはこの地域でもっとも重要な都市となるが、イブン・バットゥータが訪れたこのときはまだ小さな街だった。この旅でイブン・バットゥータは生まれて初めてカバを目にする。カバは地元のかこから怖れられていて、丈夫な綱が取り付けられた槍で狩られる、と記録している。トンブクトゥに少し滞在した後、彼はピローグという丸木舟でニジェール川を下り、ガオを訪れた。当時ガオは重要な交易の要衝であった。イブン・バットゥータ フレッシュアイペディアより)

  • ローデシアン・リッジバック

    ローデシアン・リッジバックから見たカバカバ

    もともとは人を襲うカバやゾウといった猛獣を狩ることに専門的に用いられていた。パックを組んで獲物の臭いを追跡し、発見するとどこまでも粘り強く何時間も追い掛け回し、カバやゾウの威嚇や反撃にも怯まず勇敢に立ち向かう。相手を弱らせたところで噛み留めをして動きを封じた。このまま自らの力で獲物を仕留めることも出来るが、たいていは主人の銃や槍によってとどめが刺された。ローデシアン・リッジバック フレッシュアイペディアより)

  • チャラ湖

    チャラ湖から見たカバカバ

    チャラ湖(英語:Lake Chala)は、タンザニアとケニアの国境におけるキリマンジャロにある火山湖である。長さは3キロ。幅は2.4キロ。面積は4.2平方キロ。最大深度は90メートル。チャラ湖の川にカバが群れで生息している。チャラ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 那須サファリパーク

    那須サファリパークから見たカバカバ

    ホワイトライオン・トラと言った肉食動物、カバ・シマウマと言った草食動物など約700頭の動物が飼育・展示されているサファリパーク。那須サファリパーク フレッシュアイペディアより)

  • 西山登志雄

    西山登志雄から見たカバカバ

    1929年8月3日、東京都生まれ。終戦間もない1946年、上野動物園に入園。カバの飼育係として働き、カバの口を大きく開けさせる特技などで上野動物園の来場者(主に子供)から"カバのおじさん"と呼ばれた。また、昭和40年代に東京12チャンネルで放送された『動物の国』の三代目動物おじさんとしても知られる。飼育係は約20年務めた。週刊少年ジャンプに連載された漫画「ぼくの動物園日記」(作・飯森広一)や、フジテレビの単発スペシャルアニメ「カバ園長の動物園日記」のモデルにもなった。西山登志雄 フレッシュアイペディアより)

315件中 161 - 170件表示

「カバ」のニューストピックワード