266件中 41 - 50件表示
  • 池の平ホテル

    池の平ホテルから見たカバカバ

    すぐ隣には遊園地の白樺湖ファミリーランドが併設されているが、冬季は雪が降る為に休業している。ファミリーランドでは毎年様々なイベントが開催される。ヒーローショー他、今までではレゴ王国やハイジフェアなどが開催された。ファミリーランド横のツインパーク21エリアには複合美術館「世界の影絵・切り絵・ガラス・オルゴール美術館」があり、日本を代表する影絵作家藤城清治による作品や、ガラス・オルゴールの展示・販売が行われている。お土産物では白樺湖限定のお菓子や『地ビール白樺蓼科』などが人気。他に白樺湖ファミリーランドに『ポタ』とゆうカバと白樺を合体した可愛いマスコットキャラクターが登場して、『ポタキッズクラブ』とゆう子供向けの会員制のクラブサービスを始める。池の平ホテル フレッシュアイペディアより)

  • エジプト第17王朝

    エジプト第17王朝から見たカバカバ

    しかし、初期の第17王朝の支配者達は第15王朝の権威に対して正面から挑戦することは避けており、諸侯の1つとしてこれの覇権を承認していた。これを証明するのが『アポフィスとセケンエンラーの争い』と呼ばれる後代のテキストである。これによれば第15王朝のアポフィス(アペピ)王が第17王朝に使者を送り、テーベの神殿で飼われているカバの鳴き声が煩くて王の眠りを妨げるので殺すようにという要求を出してきた。およそ単なる言いがかりとしか考えられないこの要求に対し、第17王朝のセケンエンラー王は親しく使者を迎え入れ、二心無きことを誓ったのである。エジプト第17王朝 フレッシュアイペディアより)

  • シンコ川盆地

    シンコ川盆地から見たカバカバ

    熱帯雨林とサバンナが広がっており、ゾウ、アフリカスイギュウ、カバなどの大型野生生物が生息する。盆地の一角、シンコ川中流西岸一帯には、4500km2の上シンコ狩猟区(Les Safaris du Haute Chinko)が設定されている。シンコ川盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 島嶼化

    島嶼化から見たカバカバ

    例えば、ウランゲル島で発見されたマンモスは、他の地域のマンモスの推定体重が平均6トンなのに対して、2トンしかなかったと考えられ、しかも5000年という短期間で矮小化が起こったと推測される。ヒトについても、インドネシアのフローレス島で発見されたチンパンジー並みの体格しか持たない原人(ホモ・フローレシエンシス、しばしばフローレス原人と呼ばれる)が島嶼化の影響によると考えられる。逆に、小型の動物では体格の巨大化が見られる。例えばアカリスは、北米大陸のもので100g程度だが、オーストラリアで220g、マダガスカル島で230g、さらに小さな島では250gを超える物も見つかっている。フローレス島のネズミ(フローレスジャイアントネズミ Papagomys armandvillei)は一般的なドブネズミの2倍の大きさである。ただし同じ島でも巨大化した動物と巨大化していない小型動物が共存していることがあり、大型動物と違って小型動物は常に島嶼化の影響を受けるわけではない。他にも象、カバ、ボア、シカ、ヘビ、カメレオン等で観察されている。島嶼化 フレッシュアイペディアより)

  • ほしうた

    ほしうたから見たカバカバ

    好きな食べ物はバナナで常に持ち歩いているほどである。反対に嫌いなのはわさびであり、自分が旅館を継いだときには土地の特産品にもなっているわさび製品を旅館の土産物売り場から無くしたいと思っている。天体観測が趣味であり、自分用の望遠鏡も持っている。カナヅチで泳ぐことは出来ないが海や水遊びは好き。浴衣を着て行う温泉卓球は大の得意で負けたことがない。「がふっと(行く、働く)」「ズバッと(食べる)」など奇妙な擬音語を使って話すのが癖。苦手な動物はカバほしうた フレッシュアイペディアより)

  • ウエストミッドランド・サファリパーク

    ウエストミッドランド・サファリパークから見たカバカバ

    コースは約4マイル(約6.5km)で、国際自然保護連合によって絶滅の危機にあるとされている動物も含めた、世界中から集められた30種600点以上の動物が飼育されている。中でもホワイトライオンは15頭が群れを形成するイギリス最大のプライド(ライオンの群れ)であるほか、カバやホワイトタイガーでもヨーロッパ最大級の群れに出会うことができる。またサファリ以外にもディスカバリーゾーンとよばれる爬虫類や昆虫を集めたゾーンや遊園地のようにアトラクションが設置されているゾーンがあるなどパーク全体は総合レジャー施設となっている。ウエストミッドランド・サファリパーク フレッシュアイペディアより)

  • アカゲラ国立公園

    アカゲラ国立公園から見たカバカバ

    園内には草食動物としてアンテロープ、ゾウ、キリン、バファロー、シマウマ、カバなどが、肉食動物ではライオン、ヒョウ、ワニなどが生息している。また、鳥類の生息地としても知られており、年間で500種類以上の鳥類を観察することが可能である。アカゲラ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ローラシア獣上目

    ローラシア獣上目から見たカバカバ

    鯨偶蹄目 - 従来のクジラ目(クジラ、イルカ)とウシ目(ブタ、ウシ、カバ、ラクダ、シカ など)ローラシア獣上目 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ピエール・グラチオレ

    ルイ・ピエール・グラチオレから見たカバカバ

    Recherches sur l’anatomie de l’hippopotame. (カバの解剖についての書籍) 1867.ルイ・ピエール・グラチオレ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・エイベル・ブリメイジ・スプラット

    トーマス・エイベル・ブリメイジ・スプラットから見たカバカバ

    1850年代後半から1860年代にかけてマルタ島で洞窟群を調査し、島嶼化により矮小化した象やカバの化石骨を大量に発見した。これらは更なる研究のために権威ある研究者たちの元に送られた。象の遺物はヒュー・ファルコナーが研究を行い、ファルコナーはマルタ島のドワーフエレファントに対してElephas melitensisという学名を与えることを考えていた。1865年に不幸にもファルコナーは病死してしまい、1868年に同僚であったチャールズ・マーチソンによってElephas melitensisを含めた遺稿が発表された。また、スプラットからファルコナーへ送られた資料から、ジョージ・バスクは大きさの異なる2種のグループを見出した。より小さなものを新種として、1867年に同僚にちなんでElephas falconeriとして発表した。スプラットはいくつかのギリシャの島々や小アジアの沿岸部で地質調査や、ナイル川デルタにおける詳細な観察を行った。トーマス・エイベル・ブリメイジ・スプラット フレッシュアイペディアより)

266件中 41 - 50件表示

「カバ」のニューストピックワード