315件中 41 - 50件表示
  • エルモロ人

    エルモロ人から見たカバカバ

    伝統的には、カバやワニの狩猟を行なっていたが、かつての狩猟の対象が野生動物として保護されるようになり、もっぱら漁労に依存するようになっている。かつてはカバを狩ることは勇者の証であり、カバの骨を装身具とする者もいた。また、現在では、カバやワニの骨の化石を観光客に売る者もいる。エルモロ人 フレッシュアイペディアより)

  • エリー (象)

    エリー (象)から見たカバカバ

    園長や飼育係たちは、ニシキヘビ、カバ、ゾウは猛獣ではないと訴え、これらの動物たちは一度は難を逃れたかと思われた。1945年1月7日にカバが栄養失調と寒さが原因となって死亡し、ニシキヘビも暖房の燃料不足によって凍死してしまった。3月には動物園の敷地の一部が陸軍の第6師団に接収されることが決まり、同月の末日に熊本市動植物園は閉鎖された。エリー (象) フレッシュアイペディアより)

  • カストルとポルックス (象)

    カストルとポルックス (象)から見たカバカバ

    アンテロープ、ラクダ、ヤクやシマウマなどの大型動物が最初に殺された。数種類の動物は生き延びることができた。サルたちは人間に近縁過ぎるので食べることに抵抗を持つ人も少なくなかったため、ライオンやトラは危険とされたため食用になることを免れた。植物園に飼育されていたカバは、園が食肉業者たちに対して80,000フラン以上の代金を要求したため命拾いした。そして外国産の動物による料理のメニューが供給され始めた。例えば、Cuissot de Loup, Sauce Chevreuil (オオカミの臀部のシカソース)、Terrine d'Antilope aux truffes(アンテロープのテリーヌ、トリュフ添え)、Civet de Kangourou(カンガルーのシチュー)、Chameau rôti à l'anglaise(ラクダのロースト英国風)などである。カストルとポルックス (象) フレッシュアイペディアより)

  • タラルルス

    タラルルスから見たカバカバ

    タラルルス(Talarurus)は重い装甲と尻尾のこぶを持ったカバほどのサイズのアンキロサウルス科の恐竜の属である。1952年にエフゲニー・マレーエフ(en)によって命名された。タラルルス フレッシュアイペディアより)

  • カバ属

    カバ属から見たカバカバ

    カバ属(カバぞく)は、哺乳類鯨偶蹄目カバ科の属である。現生種はカバのみで、他にいくつかの化石種がある。カバ属 フレッシュアイペディアより)

  • 炭獣

    炭獣から見たカバカバ

    炭獣は5000万年前ごろから生息し、約1000万年前に絶滅したとされる。首部や脚部が極端に短いイノシシに似た哺乳類で、カバの遠縁にあたるという説もある。最初の発見はヨーロッパで、炭田地帯で化石が発見された為、炭獣と呼称されるようになった。炭獣 フレッシュアイペディアより)

  • ヌミドテリウム科

    ヌミドテリウム科から見たカバカバ

    しかし、当時の北アフリカにあって彼らは、現生のカバと類似するニッチ(生態的地位)を獲得していたと見られている。ヌミドテリウム科 フレッシュアイペディアより)

  • ゴビアテリウム

    ゴビアテリウムから見たカバカバ

    体長3m - 4m、頭骨長約70cm。サイほどの大きさの大型草食動物。恐角目に属するが、ウインタテリウムの様な多数の角は持たない。かわりに鼻の周囲の骨が瘤状に盛り上がっていた。ここにサイの様な角質の角があったとされる。また、上顎の切歯及び犬歯は失われている。おそらくはカバの様に水辺を生活の場とし、水生生物などを餌としていたとされる。以上の様にウインタテリウムとは様々な点で異なっているが、その差異は亜科のレベルに過ぎないとされる。ゴビアテリウム フレッシュアイペディアより)

  • プラケリアス

    プラケリアスから見たカバカバ

    化石が川や湖であった場所から多く発見されていることから、氾濫原に生息し、現生のカバなどと同様の半水生の生物であったとされる。あるいはポストスクスなど陸生の捕食者から身を守るためであった可能性もある。おそらく食物は若い葉や芽など。また、牙の摩耗状態から、これを使って根や根茎などを掘り出して食べていたとされる。他のディキノドン類同様多数の化石が固まって発見されている事から、おそらくは群れで生活していたと推定されている。プラケリアス フレッシュアイペディアより)

  • インドハイアス

    インドハイアスから見たカバカバ

    比較的初期の偶蹄類であり、発見当初はクジラとカバの共通祖先(始原的鯨凹歯類〈en〉)に極めて近縁の進化系統と見なされ、学会の注目を浴びたが、現在では学説によってイノシシ亜目(猪豚亜目)に分類される、目レベルで別のメソニクス目に近縁とされるなど、鯨凹歯類の進化とは別系統とする見方が優勢となっている。インドハイアス フレッシュアイペディアより)

315件中 41 - 50件表示

「カバ」のニューストピックワード