315件中 71 - 80件表示
  • 諏訪子

    諏訪子から見たカバカバ

    その頃の王子動物園では地方巡業の収入を頼りにしていて、諏訪子と摩耶子にも芸が仕込まれた。巡業の依頼があったときは芸達者な摩耶子のみを貨物列車に乗せ、兵庫県内や近畿地方の他、中国や四国、北陸地方など各地を回って、王子動物園の園舎建設資金を集めていた。摩耶子はラッパ吹きの芸などを得意としたが、諏訪子は芸を覚えず、当時の神戸市の幹部から「役立たず」とまで言われていた。しかし過度な巡業が負担となって1956年8月27日、摩耶子は17歳で死亡した。「牛型結核」に感染したのが死因だった。その後動物園は諏訪子に芸を教え込むのを止めている。摩耶子の死後、カバ飼育舎の工事が遅れたためにカバの「出目男(初代)」とゾウの飼育舎で2ヶ月にわたって同居した経験がある。諏訪子 フレッシュアイペディアより)

  • ナハル・メアロット

    ナハル・メアロットから見たカバカバ

    タブーン洞窟 (Tabun cave) は「炉の洞窟」の意味で、ナハル・メアロットの洞窟群では一番西に位置している。タブーンには約50万年前から約4万年前までの人類進化の痕跡が残されているが、その環境は時代ごとに大きく変わったと考えられており、海水面の上昇や下降に応じ、海岸線も近接したり遠ざかったりと変化し、食文化にも影響を及ぼした。それらの時期を通じて、洞窟内には砂、シルト、粘土などの層が堆積し、およそ23mにおよぶ。最下層の堆積物には大量の海砂が含まれている。このことと、発見された花粉の痕跡は、その時代が相対的に温暖な時期であったことを示している。融解した氷河は海水面を上昇させ、地中海の海岸線も現在とは異なっていた。海岸平野は現在よりも狭く、サバナの植生に覆われていた。当時の洞窟の住民たちはフリントや石灰岩のハンドアックスで、海岸平野に生息していたガゼル、カバ、サイ、ウシなどを仕留めたり、植物の根を掘り出したりしていた。道具はゆっくりとではあるが改良されていったので、ハンドアックスもより小型化し、刃も一層鋭利になっていった。また、スクレーパーがフリントの核石から削り取られた剥片で作製されており、骨から肉を削り取るときや、動物の皮を剥ぐ時に使われたものと考えられている。タブーン洞窟の上層は主に粘土とシルトで構成されており、氷河が再び形成され、より寒冷で湿潤な気候になったことを示している。この気候変動は、鬱蒼とした森林や沼地に覆われたより広い海岸部をもたらした。上層部から出土する遺物は、ムスチエ文化(約20万年前 - 45000年前)に属している。薄い薄片から作られたフリントの小道具群がこの層では支配的で、多くがを使用して生み出されている。これらの層は上から順にG層まで分類されており、約22万年前から約15万年前と見積もられているE層は、ネアンデルタール人の居住層として最古と見なされている。ナハル・メアロット フレッシュアイペディアより)

  • 島嶼化

    島嶼化から見たカバカバ

    例えば、ウランゲル島で発見されたマンモスは、他の地域のマンモスの推定体重が平均6トンなのに対して、2トンしかなかったと考えられ、しかも5000年という短期間で矮小化が起こったと推測される。ヒトについても、インドネシアのフローレス島で発見されたチンパンジー並みの体格しか持たない原人(ホモ・フローレシエンシス、しばしばフローレス原人と呼ばれる)が島嶼化の影響によると考えられる。逆に、小型の動物では体格の巨大化が見られる。例えばアカリスは、北米大陸のもので100g程度だが、オーストラリアで220g、マダガスカル島で230g、さらに小さな島では250gを超える物も見つかっている。フローレス島のネズミ(フローレスジャイアントネズミ Papagomys armandvillei)は一般的なドブネズミの2倍の大きさである。ただし同じ島でも巨大化した動物と巨大化していない小型動物が共存していることがあり、大型動物と違って小型動物は常に島嶼化の影響を受けるわけではない。他にも象、カバ、ボア、シカ、ヘビ、カメレオン等で観察されている。島嶼化 フレッシュアイペディアより)

  • ジャノ

    ジャノから見たカバカバ

    実在説支持者の間では、正体はバシロサウルス(ゼウグロドンとも。始新世にいた古クジラ。絶滅種であり、現存する可能性はない)とする説が現時点では最も有力。また、ビデオ映像が公開された当初には「犬を泳がせて接写した映像ではないか」という推論があったが、犬が泳ぐ際の様子とはかなり差異があるため支持者は少ない。他には馬、カバ、アシカなどの説がある。ジャノ フレッシュアイペディアより)

  • ハイール湖

    ハイール湖から見たカバカバ

    調査チームの描写に基づけば、怪物は6500万年前に滅んだと考えられている古代の爬虫類であるプレシオサウルスに非常によく似ている。一方、一部の研究者は、水中よりも陸上で餌を取るカバ以上に水中生活に適応した草食性哺乳類にあてはまると考えている。北方に孤立した湖の環境により、特異な進化を遂げることができたという。ハイール湖 フレッシュアイペディアより)

  • 午蹄中目

    午蹄中目から見たカバカバ

    他の大型哺乳類が少ない南アメリカ大陸で適応拡散を遂げ、様々な形態の種が表れている。その形態はあたかも平行進化の見本市のごとき様相を呈しており、ゾウのように鼻の伸びたピロテリウム、カバに似たトクソドン、ウマと同じく蹄が一本になったトアテリウム、ラクダに似たマクラウケニアなど、別系統であるはずの旧世界の哺乳類たちによく似た形態に進化しているものも多い。午蹄中目 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙家族カールビンソン

    宇宙家族カールビンソンから見たカバカバ

    カバかムーミンのような顔の押し売り。とにかく商売が下手で、やることなすこと大失敗。インチキ宗教やインチキ募金も悲惨な結果に終わった。宇宙家族カールビンソン フレッシュアイペディアより)

  • キジラライ山脈

    キジラライ山脈から見たカバカバ

    キジラライ山脈には、マツ、カバ、ハンの混合林が成育しているキジラライ山脈 フレッシュアイペディアより)

  • デスモスチルス

    デスモスチルスから見たカバカバ

    体長約1.80m、体重は約200kgと推定される。ずんぐりとした体躯と頑丈な四肢を持っており、頭部はやや細長く、上部に鼻孔、眼、耳が並ぶ。その姿はカバに似るが、同様に半水棲であったと考えられる。ただし、四肢はやや外に張り出している上、前腕の尺骨と橈骨が癒合して前肢端の向きを変える事が出来ないなど、陸上での動きは鈍重であったと思われる。デスモスチルス フレッシュアイペディアより)

  • ホテイアオイ

    ホテイアオイから見たカバカバ

    ブタ、カバなどの草食哺乳類の餌となる。ホテイアオイ フレッシュアイペディアより)

315件中 71 - 80件表示

「カバ」のニューストピックワード