266件中 81 - 90件表示
  • マンゴチ

    マンゴチから見たカバカバ

    他のアフリカの地域と同様にAIDSによって悩まされている地域であり、貧困な家庭、気候変動、社会的基盤の深刻な不足など、問題は山積みである。その一方で、非常に美しい観光地としても知られ、豊富な天然資源、チャンボなどの多種多様な魚、美しい太陽や砂浜などがある。ロッジも数多く存在するが、その中で最も高級なのがクラブ・マカコラ (Club Mac) である。マラウイ湖ではカバなどの野生動物に脅かされることなく泳ぐことが可能で、アフリカン・シクリッドのような美しい熱帯魚を観察できる。また、湖は数多くの野鳥の生息地ともなっており、マラウイの国鳥であるウミワシ(African Fish Eagle)やハクトウワシなどを見ることが可能である。その他、米の名産地として知られている。マンゴチ フレッシュアイペディアより)

  • ソーセージノキ

    ソーセージノキから見たカバカバ

    果実は木質の漿果で、長さ30-100cm、幅18cm、重量5-10kg。果肉はどろどろの繊維質で多くの種子を含む。果実はヒヒ・ヤブイノシシ・アフリカゾウ・キリン・カバ・サル・ヤマアラシなど様々な哺乳類の餌となり、種子は糞と共にばらまかれる。種はインコに、葉はゾウやクーズーに食べられる。移入先のオーストラリアでは、オウムの餌ともなる。ソーセージノキ フレッシュアイペディアより)

  • ヒポスドール酸

    ヒポスドール酸から見たカバカバ

    ヒポスドール酸(ヒポスドールさん、Hipposudoric acid)はカバの体表から分泌される粘液に含まれる赤い色素である。 この粘液は「血の汗」や「ピンクの汗」と呼ばれることが多く、ヒポスドリック(hipposudoric)という言葉自体「カバの汗」という意味だが、分泌される粘液は汗でも血でもない。ヒポスドール酸 フレッシュアイペディアより)

  • ヌミドテリウム科

    ヌミドテリウム科から見たカバカバ

    しかし、当時の北アフリカにあって彼らは、現生のカバと類似するニッチ(生態的地位)を獲得していたと見られている。ヌミドテリウム科 フレッシュアイペディアより)

  • 汎歯目

    汎歯目から見たカバカバ

    汎歯目は、極めて形態の変化に富んだグループである。軽い作りの身体を持ち樹上性であったと思われるArchaeolambdaから、長い尾を備え地上性ナマケモノに似たバリラムダ(Barylambda)、そしてサイまたはカバ似の体型で北アメリカに生息していたもの(前述)まで、枚挙に暇がない。ある種の鼻はおそらく短かった。四肢は一般に短く頑丈で、5本全ての趾が保持されていた。足先は小さい蹄になっていた(ティタノイデスでは、小さい鉤爪となっていた)。汎歯目の歯式は完全で、歯間に隙間は無かった。特徴的なのは大臼歯で、W字型の鋭い縁を有していた。発掘された化石の歯は少ししか磨耗しておらず、彼らが軟らかい植物を食べていたことが推察されている。汎歯目 フレッシュアイペディアより)

  • トクソドン

    トクソドンから見たカバカバ

    体長約2.6 - 2.8m程、体高は1.2 - 1.5m。南蹄目では最大級となる。頭蓋には高い鼻骨を持っていたが、角はなかった。胴体はがっしりとしており、肩周囲の筋肉が特に発達していた。首も短く、骨盤は幅広い。これは重量級の哺乳類に多く見られる特徴である。四肢も太く短いが、特に前肢は短かった。蹠行性(ベタ足)であり、動きは鈍重であったであろう。四肢の先端には蹄を持つ三つの趾があったが、トクソドンが奇蹄目に属しているというわけではなく、収斂の結果である。尾も短く、全体の印象としては角の無いサイあるいはカバに似る。歯は上顎切歯がノミ状で大きく、下顎のものは前上方へと突き出していた。上顎歯列は内側に湾曲していた。これが学名の由来である。このため臼歯の歯冠は高く無根で終生伸び続けた。この歯で草と木の葉を両方食べたと思われる。トクソドン フレッシュアイペディアより)

  • カストルとポルックス (象)

    カストルとポルックス (象)から見たカバカバ

    アンテロープ、ラクダ、ヤクやシマウマなどの大型動物が最初に殺された。数種類の動物は生き延びることができた。サルたちは人間に近縁過ぎるので食べることに抵抗を持つ人も少なくなかったため、ライオンやトラは危険とされたため食用になることを免れた。植物園に飼育されていたカバは、園が食肉業者たちに対して80,000フラン以上の代金を要求したため命拾いした。そして外国産の動物による料理のメニューが供給され始めた。例えば、Cuissot de Loup, Sauce Chevreuil (オオカミの臀部のシカソース)、Terrine d'Antilope aux truffes(アンテロープのテリーヌ、トリュフ添え)、Civet de Kangourou(カンガルーのシチュー)、Chameau rôti à l'anglaise(ラクダのロースト英国風)などである。カストルとポルックス (象) フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・キュヴィエ

    ジョルジュ・キュヴィエから見たカバカバ

    キュヴィエの魚の調査は1801年に始まり、最終的に5,000種の魚について記述されたHistoire naturelle des poissons を出版する結果となり、それはキュヴィエとアシーユ・ヴァレンシアンヌ(Achille Valenciennes)の共同研究で、(キュヴィエが関わった限り)1828年から1831年へ出版は延期した。この調査の領域では彼は回想録の長い一覧を発表した。それは一部は絶滅動物の骨に関係し、一部は現生動物の骨格の観察結果―特に構造及び化石との類似点を詳細を述べている。その2番目のカテゴリーにはインドサイの、バク、ケープハイラックス、カバ、ナマケモノ、マナティーなどと関係する多数の論文が含まれるだろう。前のカテゴリーではより多数の回想録が含まれ、モンマルトルの始新世の地層の絶滅哺乳類、化石種のカバ、絶滅種のオポッサム(Didelphys gypsorum)、メガロニクスやメガテリウム等の地上生大型ナマケモノ、ホラアナハイエナ、プテロダクティルス、絶滅種のサイ、ホラアナグマ、マストドン等の絶滅種のゾウ、化石種のマナティーとアザラシ、ワニ目、カメ目、魚類、鳥類の化石の形式についての論文が含まれる。ジョルジュ・キュヴィエ フレッシュアイペディアより)

  • メネス

    メネスから見たカバカバ

    マネトによると、メネスの治世は62年間で、カバに殺害された。メネス フレッシュアイペディアより)

  • シンコ川

    シンコ川から見たカバカバ

    シンコ川一帯は熱帯雨林とサバンナからなる。大規模な開発の手が及んでいないために、ゾウ、アフリカスイギュウ、カバなどの大型野生生物が生息している。しかし、1990年代以降の組織的密猟の横行によって、野生生物は大きな打撃を受けている。シンコ川 フレッシュアイペディアより)

266件中 81 - 90件表示

「カバ」のニューストピックワード