315件中 81 - 90件表示
  • ゴルゴプスカバ

    ゴルゴプスカバから見たカバカバ

    ゴルゴプスカバあるいはヒッポポタムス・ゴルゴプス Hippopotamus gorgops は、新生代更新世のアフリカ大陸東部に生息したカバの絶滅種の一つ。現生のカバ H. amphibius と同属である。種名は「ゴルゴーンの眼」の意。ゴルゴプスカバ フレッシュアイペディアより)

  • パレオパラドキシア

    パレオパラドキシアから見たカバカバ

    体長は1.5-2.0mほどで、現在のカバあるいはセイウチに似た姿であったと思われる。海浜でカバのように水辺を歩いたり、水中に潜ったりする生活をしていたと考えられている。基本的に草食動物で、深く潜ることはできなかったと推測される。束柱目の特徴である円柱を束ねた様な形態の臼歯を持つが、後のデスモスチルスに比べるとエナメル質が薄い。また、その配置も異なっている。また、牙状に突出する切歯も円筒状になっている。パレオパラドキシア フレッシュアイペディアより)

  • マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園

    マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園から見たカバカバ

    南部に広がるサバンナには、多くの大型哺乳類が生息している。アフリカゾウ、クロサイ、イボイノシシ、カバ、コリンガゼル、ダイカー、アフリカスイギュウ、ライオン、チーター、アヌビスヒヒ、サバンナモンキーなど50種以上が生息している。マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ワ (ガーナ)

    ワ (ガーナ)から見た河馬カバ

    モスクやワ・ナ宮殿、博物館、河馬保護区が有名である。ワ (ガーナ) フレッシュアイペディアより)

  • ソフトボール天国

    ソフトボール天国から見たカバカバ

    かばとっと(カバソフトボール天国 フレッシュアイペディアより)

  • 雷獣目

    雷獣目から見たカバカバ

    代表的な種であるアストラポテリウムでは、体長2.5mから3m、体高1.4mに達する。草食であり、姿や生態はカバに類似していたと考えられている。上顎に湾曲した牙状の犬歯があり、長く伸びている。また、鼻部の骨格形状がゾウに類似していることから、30cm程度の伸びた鼻が復元されることも多い。雷獣目 フレッシュアイペディアより)

  • 草食動物

    草食動物から見たカバカバ

    嫌気発酵により放出された低級脂肪酸を利用するだけでなく、繁殖した共生微生物の菌体も消化吸収する。また、共生微生物による解毒もある程度は期待できるため摂食できる範囲が広がる。欠点は共生微生物が先に食物を利用するため、いわゆる栄養価の高い食料を摂食した場合に無駄が多くなることである。そのため、果実や肉類などの易消化性の食物を大量に食べると消化器内で異常発酵を起こし、最悪死亡する。このタイプのものは草や葉などいわゆる栄養価の低い植物を主に食べるために進化した。狭義の草食動物はこのタイプに属する物が多い。山羊や羊のように紙や稲藁のような極めて劣悪な飼料を効率よく利用できるものも存在する。粗剛な飼料を微生物が利用しやすいように咀嚼粉砕する能力が高い。代謝の過程でできた老廃物(尿素)を分解用共生生物を養う器官に分泌し、再利用する機能を持つことがある。例えばウシは尿素を反芻中の唾液や反芻胃に分泌し、共生生物はこれを元にタンパク質を合成し、タンパク質を含めた共生生物を消化吸収する。該当する生き物は牛、山羊等の偶蹄類のほとんどや、コロブス(猿の一種)、ナマケモノなど、食道ないし胃前部の変形した餌の貯蔵部とすり潰し能力に優れた口器を持つ。一部の偶蹄類では、反芻胃(餌の貯蔵部)と口の間を食物を往復させ咀嚼し直しながら(反芻)共生微生物の繁殖を促す。ナマケモノ、コロブス、カバなどでは反芻は認められていない。草食動物 フレッシュアイペディアより)

  • △□○コビッチ

    △□○コビッチから見たカバカバ

    歌詞は、独特な世界観と言葉遊びの楽しさを表現したもの。歌詞中には、おもちゃ屋さんのアマガエル「マルコビッチ」、お菓子屋さんのギンギツネ「サンカクーニャ」、本屋さんのカバ「シカクイノフ」が登場する。映像は、ストップモーション・アニメーション(クレイアニメーション)。V.T.R.が制作担当。2008年3月には、ポニーキャニオンからCDが発売された。CDには歌い手のパックンマックンオリジナルの英語バージョンの歌詞のものも収録されている。△□○コビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 白変種

    白変種から見たカバカバ

    従来、白変種は突然変異によって誕生した希少種と考えられてきた。そのため、アフリカのライオンやアジアのトラ、あるいはアメリカのバッファローを始めとして、希少種・神聖な動物として崇められてきた。しかし白い動物の個体そのものは、哺乳類(トラ・ライオンのほか、オオカミ・キツネ・タヌキ・ホッキョクグマ以外のクマ・水牛・カバ等、多種で確認されている)・爬虫類(ワニ・ヘビ・トカゲ等で確認されている)・鳥類(クジャク・ワシ・フクロウ・カモメ等、非常に多種で白化した個体が存在する)等、全ての脊椎動物に広く存在が確認されており、そのため現在では、白変種に関わる遺伝情報は、生物にとって正常かつ基本的なものと考えられるようになった。また、ホッキョクグマ・ホッキョクギツネ・ハクチョウ等、生息環境の影響から白変種が集団の中心となっているものもある。白変種 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年トビリシ大洪水

    2015年トビリシ大洪水から見たカバカバ

    トビリシ市内最大・最古の動物園、からはオオカミ、トラ、ライオン、ジャガー、ジャッカル、クマ、カバなど多数の動物が逃亡して市内各所で出没した。当局には、街頭で立どまっているカバや市街地を泳ぎ、徘徊するワニ、人家の窓にまでよじ上ったクマ、洪水によるがれきに埋没した動物の死骸など多数の目撃情報が寄せられた。同動物園では鳥類や魚類等を含めた約600匹の動物が飼育されていたが、6月14日の時点でこのうち半数あまりが行方不明になったと発表された。逃げた動物たちは警察とジョージア軍が追跡し、一部は捕獲され、一部は射殺された。トビリシ動物園の発表によれば、6月15日の段階で、逃げ出した動物たちのうち捕獲されていないのはオオカミ20匹、ライオン8頭、トラ数頭、ジャガー、およびジャッカルであった。ジョージアの首相は、このとき動物がすべて捕獲されるまでは外出を避けるよう市民に勧告している。もこの件について動物たちの発見に全力を挙げていると説明したうえ「状況は完璧に制御できている」と強調して市民の不安の払しょくに努めた。しかし、6月17日、動物園から逃亡していたホワイトタイガーがトビリシ市内の43歳の男性を襲い、男性が病院に搬送される前に死亡するという事件が発生した。これに先立って脱走動物による危険はなくなったと宣言していたガリバシヴィリ首相は、動物園からの情報に誤りがあったとして市民に謝罪した。なお、ロシア連邦内に所在するニュースサイトは、トビリシから約60キロメートル離れたアゼルバイジャンとの国境に近い川の下流で、アフリカペンギン1羽が漁網にかかっているのが発見され、捕獲されたと伝えている。2015年トビリシ大洪水 フレッシュアイペディアより)

315件中 81 - 90件表示

「カバ」のニューストピックワード