48件中 21 - 30件表示
  • カバ

    カバから見たバリアフリー

    かつて、移動動物園をしたカバヤ食品の「デカ」はいしかわ動物園で飼育された。東山動物園のカバの番(つがい)「重吉」(2代目)と「福子」(初代)は、19頭の仔をもうけ最多産記録である。技術の向上から、1997年に大阪市天王寺動物園では日本で初めてガラス越しに水中を歩くカバを観察できるカバ舎を製作した。この展示スタイルは富士サファリパークの「ワンダー・オブ・ピッポ」なども追随している。また、神戸市立王子動物園はスロープの傾斜を緩くしたバリアフリーを配慮したカバ舎を2003年に造っている。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たタツノコプロ

    『カバトット』 :タツノコプロ製作の短編連続テレビアニメ。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約

    ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙の代替品として、カバの牙が印鑑や工芸品の高級素材として使われることがある。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たアルジェリア

    アルジェリア、エジプト、モーリタニアでは絶滅。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たジョージ湖 (ウガンダ)

    ウガンダのエドワード湖・ジョージ湖では個体密度(クイーンエリザベス国立公園で1平方キロメートルあたり31頭に達することもあった)が高く、採食活動により湖岸の森林が消失し土壌が侵食された。そのためアフリカ大陸では初めて野生動物の人為的管理計画として1962 - 1966年に生態的調査を行いつつ間引きが実施された。これにより沿岸の植生が回復し他の動物の生息数も増加したが、間引きが停止すると状況は戻ってしまった。ウガンダのクーデターによりこの試みは棚上げとなり密輸が横行するようになったが、本種の生態的知見はこうした計画による調査から得られたものも多い。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たゴルゴプスカバ

    ゴルゴプスカバ :カバ属の絶滅種。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た鯨偶蹄目

    カバ(Hippopotamus amphibius)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)カバ科カバ属に分類される偶蹄類。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た偶蹄目

    カバ(Hippopotamus amphibius)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)カバ科カバ属に分類される偶蹄類。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たひらけ!ポンキッキ

    『おーい、かばくん』 :中川ひろたか。『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た汗腺

    皮膚表面を保護する皮脂腺・体温調節のための汗腺を持たないが、「血の汗」などと呼ばれるピンク色の粘液を分泌する腺がある。この粘液はアルカリ性で乾燥すると皮膚表面を保護し、赤い色素により紫外線が通過しにくくなる。主成分も分離されており、ヒポスドール酸 (hipposudoric acid)、ノルヒポスドール酸 (norhipposudoric acid) と命名されている。カバ フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「カバ」のニューストピックワード