83件中 31 - 40件表示
  • カバ

    カバから見た泳ぐ

    アフリカ大陸の赤道付近に生息している。1日のほとんどを水中で過ごしており、交尾や出産も水中で行う。4- 5分程度の潜水が可能であり、その際は鼻孔や耳を閉じることができる。比重が水よりわずかに大きく体が水に沈むため水底を歩くことができ、また呼吸の際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。ただし、泳ぐ事は出来ない。陸上では時速40km以上で走る能力を持つが、持久力に乏しく、長距離走は苦手。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たタクソン

    カバ(河馬、学名:Hippopotamus amphibius、英語名:Hippopotamus)は、アフロユーラシアの淡水域に棲息し、水陸両棲の形質を持つ、大型の草食性哺乳類の一分類群(1種)。鯨偶蹄目のカバ科に分類される動物であり、現在はアフリカにのみ生息する。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た博物誌

    属名 Hippopotamus は、「カバ」を意味する (ヒッポポタムス)をそのまま用いたもので、大プリニウス『博物誌』等にも言及のある古い言葉である。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た頭蓋骨

    ファイル:Hippo skull dark.jpg|カバの頭蓋骨カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たレミング

    ただし、他の草食動物でも、キリンがハトを食べた事例、トナカイがレミングを捕食した事例、牛がヒヨコを食べた事例があり、また、草食動物が肉を食べる習慣があることも広く知られている。カバの食性の中心はあくまで草であり、ほとんど肉に依存していないため、分類上は草食動物である。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た哺乳類

    カバ(河馬、学名:Hippopotamus amphibius、英語名:Hippopotamus)は、アフロユーラシアの淡水域に棲息し、水陸両棲の形質を持つ、大型の草食性哺乳類の一分類群(1種)。鯨偶蹄目のカバ科に分類される動物であり、現在はアフリカにのみ生息する。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た子殺し

    そのユーモラスな外見から、カバは“穏和で動きの鈍い草食動物”といった印象を持たれることが多い。しかし、野生のカバは獰猛な面も持っており、自分の縄張りに侵入したものは、同じカバのみならず、ワニや人であっても攻撃することがある。オス同士の縄張り争いにおいては命を落としたり瀕死の重傷を負う個体も少なくない。また、新たに縄張りを乗っ取ったオスは、ライオンと同じように先代のボスの子供を殺す「子殺し」を行うことが確認されている。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た

    頭部は非常に大きく、顔の側面上方に眼・鼻孔・外耳が一直線に並んで突き出しているのが特徴であり、水中からこれらだけを出して周囲の様子をうかがっている様子がしばしば見られる。鼻孔は自由に開閉することができ、水中での水の流入を防ぐことができる。の筋肉が非常に発達しており、関節の構造と相まって、口を150度まで開くことができる。この巨大な口には、長く先のとがった門歯と犬歯が生えている。中でも下顎の犬歯は長さ40- 50cmほどにも達し、自らの口腔を貫く場合さえある。闘争時にはこの犬歯が強力な武器となる。尾は、尾骨の骨盤に接する部分が長いため、外部から見える部分は短い。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た

    通常、10- 20頭程度の群れで生活している。縄張りを示すため、をする際に尾でそれを撒き散らす。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た犬歯

    頭部は非常に大きく、顔の側面上方に眼・鼻孔・外耳が一直線に並んで突き出しているのが特徴であり、水中からこれらだけを出して周囲の様子をうかがっている様子がしばしば見られる。鼻孔は自由に開閉することができ、水中での水の流入を防ぐことができる。顎の筋肉が非常に発達しており、関節の構造と相まって、口を150度まで開くことができる。この巨大な口には、長く先のとがった門歯と犬歯が生えている。中でも下顎の犬歯は長さ40- 50cmほどにも達し、自らの口腔を貫く場合さえある。闘争時にはこの犬歯が強力な武器となる。尾は、尾骨の骨盤に接する部分が長いため、外部から見える部分は短い。カバ フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「カバ」のニューストピックワード