48件中 31 - 40件表示
  • カバ

    カバから見た走る

    昼間は水中で生活し、夜間は陸上に上がり採食を行う。陸上での行動範囲は水場から3キロメートルだが、水場と採食場の途中に泥浴びを行える場所があればさらに拡大し、水場から最大で10キロメートル離れた場所で採食を行うこともある。比重が水よりわずかに大きく体が水に沈むため水底を歩くことができ、また呼吸の際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。水中では泳がずに、後肢を後方へ伸ばし前肢だけで水底を移動する。素早く水中を移動するときは後肢を用いることもある。潜水時間は1分で、最長で5分。陸上では時速30km以上で走る能力を持つが、持久力に乏しく、長距離走は苦手。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た特定動物

    日本ではかば科(カバ科)単位で特定動物に指定されている。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た博物誌

    属名 Hippopotamus は、「カバ」を意味する (ヒッポポタムス)をそのまま用いたもので、大プリニウス『博物誌』等にも言及のある古い言葉である。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た頭蓋骨

    Hippo skull dark.jpg|カバの頭蓋骨カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たエジプト

    アルジェリア、エジプト、モーリタニアでは絶滅。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たカバ科

    カバ(Hippopotamus amphibius)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)カバ科カバ属に分類される偶蹄類。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たアンパンマン

    アンパンマン』 :やなせたかし原作のテレビアニメ。小学校の児童としてカバオくんが登場する。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た移動動物園

    かつて、移動動物園をしたカバヤ食品の「デカ」はいしかわ動物園で飼育された。東山動物園のカバの番(つがい)「重吉」(2代目)と「福子」(初代)は、19頭の仔をもうけ最多産記録である。技術の向上から、1997年に大阪市天王寺動物園では日本で初めてガラス越しに水中を歩くカバを観察できるカバ舎を製作した。この展示スタイルは富士サファリパークの「ワンダー・オブ・ピッポ」なども追随している。また、神戸市立王子動物園はスロープの傾斜を緩くしたバリアフリーを配慮したカバ舎を2003年に造っている。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た時速

    昼間は水中で生活し、夜間は陸上に上がり採食を行う。陸上での行動範囲は水場から3キロメートルだが、水場と採食場の途中に泥浴びを行える場所があればさらに拡大し、水場から最大で10キロメートル離れた場所で採食を行うこともある。比重が水よりわずかに大きく体が水に沈むため水底を歩くことができ、また呼吸の際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。水中では泳がずに、後肢を後方へ伸ばし前肢だけで水底を移動する。素早く水中を移動するときは後肢を用いることもある。潜水時間は1分で、最長で5分。陸上では時速30km以上で走る能力を持つが、持久力に乏しく、長距離走は苦手。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た皮脂腺

    皮膚表面を保護する皮脂腺・体温調節のための汗腺を持たないが、「血の汗」などと呼ばれるピンク色の粘液を分泌する腺がある。この粘液はアルカリ性で乾燥すると皮膚表面を保護し、赤い色素により紫外線が通過しにくくなる。主成分も分離されており、ヒポスドール酸 (hipposudoric acid)、ノルヒポスドール酸 (norhipposudoric acid) と命名されている。カバ フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「カバ」のニューストピックワード