83件中 61 - 70件表示
  • カバ

    カバから見たアフロユーラシア

    カバ(河馬、学名:Hippopotamus amphibius、英語名:Hippopotamus)は、アフロユーラシアの淡水域に棲息し、水陸両棲の形質を持つ、大型の草食性哺乳類の一分類群(1種)。鯨偶蹄目のカバ科に分類される動物であり、現在はアフリカにのみ生息する。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たひらけ!ポンキッキ

    『ヒポポタマス』 :のこいのこ。『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たヒヨコ

    ただし、他の草食動物でも、キリンがハトを食べた事例、トナカイがレミングを捕食した事例、牛がヒヨコを食べた事例があり、また、草食動物が肉を食べる習慣があることも広く知られている。カバの食性の中心はあくまで草であり、ほとんど肉に依存していないため、分類上は草食動物である。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た繁殖

    妊娠期間は210- 240日程度で、一回に1子を産む。オスは5歳、メスは4歳程度で繁殖可能となる。平均寿命は約30年。繁殖力が高い反面、同じ一族の子孫による近親交配も多い。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た草本

    ただし、他の草食動物でも、キリンがハトを食べた事例、トナカイがレミングを捕食した事例、牛がヒヨコを食べた事例があり、また、草食動物が肉を食べる習慣があることも広く知られている。カバの食性の中心はあくまでであり、ほとんど肉に依存していないため、分類上は草食動物である。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たヒポスドール酸

    水中生活を主とする彼らの皮膚は乾燥や紫外線に弱く、それらから保護するために、俗に「血の汗」や「ピンクの汗」などと呼ばれる赤みを帯びた粘液を体表から分泌する。カバは汗腺を持たないため、この粘液は汗ではない。この粘液は紫外線を遮断し、直射日光から皮膚を保護する役割を持っている。主成分も分離されており、ヒポスドール酸 (hipposudoric acid)、ノルヒポスドール酸 (norhipposudoric acid) と命名されている。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た関節

    頭部は非常に大きく、顔の側面上方に眼・鼻孔・外耳が一直線に並んで突き出しているのが特徴であり、水中からこれらだけを出して周囲の様子をうかがっている様子がしばしば見られる。鼻孔は自由に開閉することができ、水中での水の流入を防ぐことができる。顎の筋肉が非常に発達しており、関節の構造と相まって、口を150度まで開くことができる。この巨大な口には、長く先のとがった門歯と犬歯が生えている。中でも下顎の犬歯は長さ40- 50cmほどにも達し、自らの口腔を貫く場合さえある。闘争時にはこの犬歯が強力な武器となる。尾は、尾骨の骨盤に接する部分が長いため、外部から見える部分は短い。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たゾウ

    体長(頭胴長)約3.5- 4 m、体重約1.2- 2.6 t。陸上動物としてはゾウに次ぐ重さとされる。丸みを帯び、脚の短いずんぐりとした体つきがブタと相似をなすことから、同じイノシシ亜目 (Suiformes) に属するとされていた。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た殺菌

    また、最近の研究で、粘液自体に殺菌作用があることが明らかとなった。このため、よく縄張り争いをするオスの体が傷だらけになっていても、汚れた淡水中で感染症に罹ることなく生活できる。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たアフリカ大陸

    アフリカ大陸の赤道付近に生息している。1日のほとんどを水中で過ごしており、交尾や出産も水中で行う。4- 5分程度の潜水が可能であり、その際は鼻孔や耳を閉じることができる。比重が水よりわずかに大きく体が水に沈むため水底を歩くことができ、また呼吸の際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。ただし、泳ぐ事は出来ない。陸上では時速40km以上で走る能力を持つが、持久力に乏しく、長距離走は苦手。カバ フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「カバ」のニューストピックワード