1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
83件中 81 - 83件表示
  • カバ

    カバから見た淡水

    カバ(河馬、学名:Hippopotamus amphibius、英語名:Hippopotamus)は、アフロユーラシアの淡水域に棲息し、水陸両棲の形質を持つ、大型の草食性哺乳類の一分類群(1種)。鯨偶蹄目のカバ科に分類される動物であり、現在はアフリカにのみ生息する。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見たアフリカ

    カバ(河馬、学名:Hippopotamus amphibius、英語名:Hippopotamus)は、アフロユーラシアの淡水域に棲息し、水陸両棲の形質を持つ、大型の草食性哺乳類の一分類群(1種)。鯨偶蹄目のカバ科に分類される動物であり、現在はアフリカにのみ生息する。カバ フレッシュアイペディアより)

  • カバ

    カバから見た紫外線

    水中生活を主とする彼らの皮膚は乾燥や紫外線に弱く、それらから保護するために、俗に「血の汗」や「ピンクの汗」などと呼ばれる赤みを帯びた粘液を体表から分泌する。カバは汗腺を持たないため、この粘液は汗ではない。この粘液は紫外線を遮断し、直射日光から皮膚を保護する役割を持っている。主成分も分離されており、ヒポスドール酸 (hipposudoric acid)、ノルヒポスドール酸 (norhipposudoric acid) と命名されている。カバ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
83件中 81 - 83件表示

「カバ」のニューストピックワード