835件中 101 - 110件表示
  • 旧サッスーンハウス

    旧サッスーンハウスから見た喫茶店喫茶店

    1949年以前一階のバンドに面した部分は二つの銀行に貸し出されていた。この場所は後の1980年代にシティバンク上海支店になった。一階の残った部分はショッピング街に変わった。二つの主な建物は中央で交差し、交差部分は八角形のホールになっている。1階から3階はオフィスとして貸し出された。サッスーンの会社と子会社は4階に居を構えていた。5階から7階にかけてはサッスーン家の会社であったキャセイ・ホテルが入店しており、エキゾチックで国際的な内装で飾り付けられていた。8階はバー、ビリヤード室、中華料理店が入店していた。9階にはナイトクラブと小さな喫茶店が入店していた。10階にはサッスーンのプライベートな部屋になっていた。さらにピラミッド型の屋根の部分は大食堂になっていた。キャセイ・ホテルは上海で最も名門のホテルであった。上海を訪れる大使の多くがこのホテルに滞在した。旧サッスーンハウス フレッシュアイペディアより)

  • 未来ノスタルジア

    未来ノスタルジアから見た喫茶店喫茶店

    本作の主人公。私立桜星(おうせい)学園2年。お節介でお人好しな性格で、幼なじみ仲間の中では冬弥と共に男手として力仕事や雑用を担当する。自宅で猫のクロと共に一人暮らしだったが、物語開始直後の新学期から義妹の野乃・日奈乃と同居している。シスコンの気があり、妹達の入学式では父兄として参列しビデオに撮るなど張り切った。家事は苦手で、一人暮らしの時はかなたの家の喫茶店「はなればなれ亭」で毎日のように外食していた。未来ノスタルジア フレッシュアイペディアより)

  • 長山遊園地

    長山遊園地から見た喫茶店喫茶店

    遊園地の中心には改築により不要となった豊川駅初代駅舎が移設されて休憩所や食堂・喫茶店・娯楽施設として活用され、園内にはトラックのあるグラウンド、すべり台・ブランコ等の遊具がある広場、鳥・キツネ・タヌキ・イノシシ等を飼う小屋、花壇などが造られた。グラウンドでは運動会や花火大会なども開催された。長山遊園地 フレッシュアイペディアより)

  • 山波抗争

    山波抗争から見た喫茶店喫茶店

    誤射事件が発生した6月29日の未明には、大阪市西成区にある波谷組と親しい金融業者の事務所に銃弾1発が撃ち込まれたほか、大阪市北区長柄東の波谷組系平沢組(組長は平沢勇吉)幹部宅の玄関ドアに銃弾5発が、また同日朝にも銃撃を受けていた波谷組系天野組枡田組の事務所にも再び銃弾が撃ち込まれるなど、銃撃事件が相次いだ。また同日未明には、大阪市住之江区浜口で、波谷組組員が出入りする喫茶店に山口組系組員が入り、天井に向けて銃弾1発を発射する事件も発生した。山波抗争 フレッシュアイペディアより)

  • カラコロ工房

    カラコロ工房から見た喫茶店喫茶店

    旧日本銀行松江支店の建物をリニューアルし、日本銀行時代の趣を多く残した形で利用されている工芸館である。施設内には製造・販売一体型の工房や、レストラン、喫茶店などの店舗が多数入居している。カラコロ工房 フレッシュアイペディアより)

  • たまたま 〜となりの彼女は声優のたまご。たまたま生まれた恋のたまごが…

    たまたま 〜となりの彼女は声優のたまご。たまたま生まれた恋のたまごが…から見た喫茶店喫茶店

    悠の叔父(母親の弟)で莉子の父親。悠のバイト先である喫茶店のマスターであり、アパートの大家でもある。大柄な体格で人使いが荒いが、気さくな性格。料理の腕はよく、レパートリーも豊富。たまたま 〜となりの彼女は声優のたまご。たまたま生まれた恋のたまごが… フレッシュアイペディアより)

  • 義母の吐息 〜背徳心に漂う母の色香〜

    義母の吐息 〜背徳心に漂う母の色香〜から見た喫茶店喫茶店

    海人の家の近所に住む寡婦で、喫茶店「星のかけら」のオーナーである。夫の遺産で喫茶店を経営しているため、彼女の気分次第で営業が行われるなど、あまり真面目に経営していない。それでも彼女目当ての男性客は多い。義母の吐息 〜背徳心に漂う母の色香〜 フレッシュアイペディアより)

  • てけてけマイハート

    てけてけマイハートから見た喫茶店喫茶店

    しげるの父。高校教師。5巻の人物紹介でフルネームが判明している。コーヒーを豆から挽いてネルドリップで入れるのが趣味で、かつては喫茶店(歌声喫茶)をやるのが夢だった。てけてけマイハート フレッシュアイペディアより)

  • ホット・チョコレート

    ホット・チョコレートから見た喫茶店喫茶店

    ホット・チョコレートがイギリスへ紹介された後、夕食後の楽しみとして牛乳が加えられるようになった。最初の「チョコレート・ハウス」は、1657年にロンドンでオープンした。ホット・チョコレートは高価だったために、エリート層に向けた飲料だったと考えられている。18世紀までには「チョコレート・ハウス」という店が喫茶店と同様に大衆的になった。ホット・チョコレート フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶ひらひら

    喫茶ひらひらから見た喫茶店喫茶店

    女性解放運動活動家らが運営するミニコミを販売する喫茶店として出発。女性解放運動の退潮と共に、北海道の市民運動関係者の情報センターとして機能することとなった。ミニコミのひらひらニュースを発行していたほか、反原発運動や新東京国際空港反対派の機関紙、新左翼党派の機関紙誌類を販売する一方、文芸同人誌など政治運動と無縁の自主出版物も置かれていた。出版社との直接取引で書籍を、自費出版のレコードや合成洗剤なしの歯磨きも売っていた。会議スペースがあり、北大生の同好会サークルの会合にも利用され、日韓連帯民衆会議やその他の市民運動の会議及び連絡先として利用されていた。開店から10年後時点の経営は赤字であったという。喫茶ひらひら フレッシュアイペディアより)

835件中 101 - 110件表示

「カフェ」のニューストピックワード