835件中 121 - 130件表示
  • 関口淳

    関口淳から見た喫茶店喫茶店

    高校時代は「1年生のときに麻雀で役満を20回も上った」「バレーボールのサーブ権を取るじゃんけんで、30数回のうち1回しか負けなかった」との逸話を持つ。予備校時代に両親の別居と離婚を経験し、のち大学進学を断念。母が経営する喫茶店兼パブのバーテンダーとして働き始めたが、開店2週間で母が病気になり倒れたため、閉店を余儀なくされる。次いで、祖父の経営する従業員2名の不動産会社の社長になった。関口淳 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊真木よう子

    週刊真木よう子から見た喫茶店喫茶店

    時給500円の喫茶店で働くウェイトレスのヨーコ。しかしそれは世を忍ぶ仮の姿。本当のヨーコは恋泥棒。店を訪れる男性客のハートを次々と射止める、それが仕事。今日もまた、ヨーコの手練手管で男が落ちていく。週刊真木よう子 フレッシュアイペディアより)

  • 新本均

    新本均から見た喫茶店喫茶店

    父親がトラック運送から、1952年にタクシーの認可を取って同事業に参入した。「比治山タクシー」の商号で経営するタクシー会社。一時は16台のタクシーを保有するまでになり順調であったが、父親は人が良く、騙されやすくて、利用されやすい人であったため、悪質な従業員に因って、経営不振になり、16台の営業車両を売却せざるを得なかった。その後、譲渡益が少しあったので広島駅前に喫茶店を開いた。のちに「ひとし」が大学を卒業したので、社長として引き継いだ。その間、店員の娘らと仲良くしていたが、その後、店で働いていた娘から相談を受け、市内で店舗 物件を紹介したのがきっかけで、宅建免許を取り、80年に不動産業を始めた。事業用地を主体とする売買の仲介業が主力であったが、のちのバブル全盛期には不動産を買い取って、転売する事業に注力した。バブル期には物件を買えば売れる。買った人も売れば儲かる。また次の買主も、儲かる。いくらでも限りがなかった。新本均 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部有

    渡部有から見た喫茶店喫茶店

    帰郷すると鶴岡市内にある門脇祐希(『しめぎさんのコーヒー話し』〈2008年〉などの著作あり)の経営する喫茶店に、母親と一緒に行くことがある。渡部有 フレッシュアイペディアより)

  • チタカ・インターナショナル・フーズ

    チタカ・インターナショナル・フーズから見た喫茶店喫茶店

    「なめらかプリン」やゼリー、ケーキ(オリジナルのプリンケーキ等)などの洋菓子を販売している。なお、パスタメニュー主体の食事メニューを供し、洋菓子店とファミリーレストラン、喫茶店を兼ね備えたタイプのチェーン店を展開していたレストラン部門(45店舗)については、2015年6月にヴィア・ホールディングス傘下の扇屋コーポレーションに事業譲渡している。チタカ・インターナショナル・フーズ フレッシュアイペディアより)

  • 漫画喫茶

    漫画喫茶から見た喫茶店喫茶店

    漫画喫茶、まんが喫茶、マンガ喫茶(まんがきっさ)とは、漫画を多数揃えた喫茶店。また、そこから発展した漫画の閲覧などの娯楽サービスを有料で提供する施設を言う。略称は漫喫(まんきつ)やマンキなど。インターネットカフェと同義で使われることが多いがこちらは漫画が置いてあることが前提である。漫画喫茶 フレッシュアイペディアより)

  • タブリエ・マーケティング

    タブリエ・マーケティングから見た喫茶店喫茶店

    キュアメイドカフェ(Cure maid café)はタブリエ・マーケティングが運営する喫茶店。上記ジーストア・アキバの6階に所在し、現在のメイド喫茶の元祖である。タブリエ・マーケティング フレッシュアイペディアより)

  • 殺人鬼の誘惑

    殺人鬼の誘惑から見た喫茶店喫茶店

    日本新聞の社会部に所属する記者・城野大助(千葉真一)がスクープ・特ダネを狙い、殺人事件の裏に潜む真相を解き明かす様を描いたサスペンス・ミステリ作品。不倫が本作のモチーフである。原作は『恐怖の魔女』を脚色した山村英司、脚本は山村と池田一朗が共同で執筆した。大助とコンビを組む福原(石井淳)、社会部・警察・酒房「こけし」・毎朝新聞の記者ら、周囲にいる面々も前作に引き続き出演している。喫茶店「ミケランジェロ」は桜台駅 (東京都) の改札口前、大助と福原が尾行するシーンは西武501系電車と西武新宿駅、クライマックスは大涌谷など、西武線沿線と箱根山でロケーション撮影が行われた。キャッチコピーは「真犯人は他にいる!トリックを打ち破る熱血の記者魂!」。殺人鬼の誘惑 フレッシュアイペディアより)

  • 東京のプリンスたち

    東京のプリンスたちから見た喫茶店喫茶店

    高校生の秋山洋介、田中正夫、伊藤常雄、山崎登、渡辺公次、工員の佐藤は、エルヴィス・プレスリーが大好きで音楽喫茶に出入りする十代の若者である。秋山洋介は授業中、居眠りをし元帥(数学教師)に職員室に呼ばれた。前の授業をさぼったことも居眠りも自分が悪かったので、洋介は黙って時間を過ぎるのを待っていたが、元帥は以前洋介が愚連隊にからまれ喧嘩したことをねちっこく蒸し返すので、洋介は腹が立ってきた。それは警察も親も、洋介が悪くなかったと判ってくれて済んだことだった。洋介は怒りで膝がふるえ、どうせ足をゆすっていると思われるのなら、思いっきりゆすってやれと洋介は足を激しくゆすった。すると頭の中にエルヴィスの「ベビー・アイ・ドント・ケア」が流れてきて、さらに教師を睨みながらリズムを刻んだ。頭を殴られた洋介は、拳で元帥を殴り返しながら、学校を止めようと覚悟した。洋介はその後、運送屋で働く。東京のプリンスたち フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木忠志

    鈴木忠志から見た喫茶店喫茶店

    静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身。東京都立北園高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。早稲田大学在学中に、学生劇団「自由舞台」に参加。劇作家の別役実らと知り合い、本格的に演劇活動を開始した。卒業後、劇団「早稲田小劇場」を結成、早稲田大学近くの喫茶店「モンシェリ」2階に劇団と同名の劇場をかまえ、活動を続けた(2015年、早稲田大学は鈴木忠志に名称使用の了解を得て、跡地に「早稲田小劇場どらま館」を再建した)。女優の白石加代子は、「早稲田小劇場」の看板女優として活躍した。鈴木忠志 フレッシュアイペディアより)

835件中 121 - 130件表示

「カフェ」のニューストピックワード