前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
92件中 1 - 10件表示
  • 喫茶店

    喫茶店から見たスターバックス

    1990年代 - 日本へスターバックスなどシアトル系チェーン店が進出。コーヒー一杯を300円から500円で提供する。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たドトールコーヒー

    1980年代 - セルフ式コーヒーチェーン店のドトールコーヒーが誕生(2006年現在、日本国内で一番店舗数の多い喫茶店でもある)。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たカフェ

    日本では、若者および女性向けに内装や食器、雰囲気などを重視した店舗を中心に「カフェ」と呼ばれることも多くなってきた。また、見晴らしの良いテラスにて「カフェテラス」を行っているところもある。ヨーロッパ風の店をヨーロピアン・カフェ、イタリア風の店をイタリアン・カフェと呼ぶ事もある。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た自動販売機

    ただし、食品衛生法が規定する喫茶店営業は基本的には店内で飲料以外の調理や製造をしない営業と解釈されており、駅や百貨店などにあるジューススタンドやケーキ販売店に付随した喫茶コーナーがこれに当たる(しかし、酒類を提供する場合は調理を行わなくても飲食店営業の許可が必要である)。従って、食事類を提供する喫茶店を営業する場合は飲食店営業の許可が必要である。また、カップ式の自動販売機や、近年スーパーマーケットなどに設置されている水の自動販売機も、上水道に接続されていることなどから、喫茶店営業の許可が必要となる。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た食品衛生法施行令

    食品衛生法施行令第35条は、喫茶店営業を、「喫茶店、サロンその他設備を設けて酒類以外の飲み物又は茶菓を客に飲食させる営業をいう。」と明示している。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たコーヒー

    喫茶店(きっさてん)は、「喫茶を提供する店」という意味で、主に店内でコーヒーや紅茶など、酒類を除く飲み物を飲ませたり、茶菓を提供する飲食店。茶房(さぼう)。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た神戸市

    1878年 - 神戸元町の「放香堂」が店頭でコーヒーを提供(元町3丁目に茶商として現存)。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た歌声喫茶

    1950年代後半 - 日本でジャズ喫茶(JAZZ喫茶)、歌声喫茶、名曲喫茶などが流行。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たモーニングサービス

    食品衛生法施行令が定める喫茶店営業では茶菓を提供できる。しかし、実際には、日本で喫茶店と言われる店には、ケーキ、ホットケーキ、パフェなどの菓子だけでなく、サンドイッチ、スパゲティなどの軽食、モーニングセット・ランチセットなどの独自のメニューがある場合も多く、都市部では、サラリーマン、学生等が朝食に利用する事が多い。また、昼食時(ランチ)限定で提供される店が多いカレーライスや定食類を求めて入る場合も多い。この様な店の場合、飲食店営業の許可を取った上で、主に飲み物や茶菓を提供している。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た源実朝

    日本語の「喫茶」とは、もともと鎌倉時代(源実朝の時代)に中国から伝わった茶を飲用し効用を嗜む習慣や作法をさす言葉である。しかし、現在では、茶に限らず、コーヒーなど、他の湯で成分を抽出する飲み物や、さらには各種果汁や清涼飲料水なども含めて、これらを飲むことや、飲みながら菓子を食べたり、談笑することも「お茶する」などといい、「喫茶」の概念に含めることが多い。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
92件中 1 - 10件表示

「カフェ」のニューストピックワード